2020年01月20日

オーストラリアの山火事

ニュースでご存知の通り、オーストラリアで

大規模な山火事が発生しました。

多くの動物たちが死んでいるという非常に

痛ましいニュースです。

実は土曜日の日、中3で面接のある生徒たちと

面接練習をしたのですが、その時「最近の

ニュースで一番気になるのは」との問いに

半分以上の生徒がこのオーストラリアの火災の

ニュースを持ち出しました。

日本人の我々に直接影響のある政治、経済の

問題よりも海外のこのニュースを取り上げた

ことに驚くとともに、素直な優しい生徒たち

だなあという思いを強く持ちました。

実際、一般入試の集団面接ではよっぽどの

ことがない限り合否に影響はありませんので

こういう素直な思いを話した方がよいなと

思ってます。

何がきっかけで彼女たちの心に入ったか

わかりませんが、常に自分のことだけでなく

自分の周囲のことにも目を向けることが

大事だと言ってます。

土曜日の青空応援団の団長さんも

勉強したくてもできない人がいる、今こうして

勉強できることを当たり前と思わずに

ありがたいことだと思ってほしいという話を

されてました。

言い方は人それぞれですが、中3生に

対し卒塾生が話していることも私が話して

いることも、みんな通じるものがあります。

自分中心の考えではなく、周囲に目を向ける

こと、感謝や思いやりの心をもつことが

大切です。


生徒達にも徐々にではありますが、我々の

思いは通じてきたのかなと思います。

勉強と関係ないかもしれませんが、これから

生きていくうえで大切なことだと思います。

感想はこちら↓
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=17d88ec41413e292
posted by じゅくちょー at 05:00| 日記

2020年01月19日

中3補習は漢字特訓

今日の中3補習は6時間ひたすら漢字特訓を

おこないました。

IMG_7691.JPG

たかが漢字、されど漢字。

漢字は入試に必ず出るわけで、絶対落とし

てはいけません。

昨日来てた宮一のWちゃんも「基本」の大切

さを強調してくれていました。

というわけで、今日やったのは小学校で

学習する漢字をひたすら頑張ってもらいました。

ほとんど満点でもおかしくないはずですが

案の定、全体的に7〜8割のでき。

結局差の付くところはこういうところ。

みんなができる問題を絶対に落とさないこと

が大事です。

さらに言えば、「あーダメだった」と笑って

いるようではまだまだ。小学校の漢字すら

できないことに危機感をもってほしいと

思ってます。

夜は中2に対して中1の範囲のテストをおこな

いました。

IMG_7702.JPG

昨年中1のiワークを全部やりきるという

課題を出していましたので、その確認のテスト

というわけです。

結果は驚くほどできていない・・・

というよりいかにいい加減な勉強をしているかが

わかります。

問題多かった関係で全部終わりませんでしたが

漢字も文法も社会も中3になるまでに相当

やらなければいけないと感じました。

理数系がそこそこできている子がいますが、

入試は5教科です。春期講習含め、早い段階

で演習量を多めにやらせます。

来週の日曜日には中1の課題テスト・・・

こっちも心配になってきました・・・。

昨日、今日センター試験を受けた高3、14期生の

みなさん、おつかれさまでした。

自己採点と予備校などから出る判定をもとに

悔いのない出願をしてほしいと思います。

あと少し、ガンバレ!!

感想はこちら↓
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=17d88ec41413e292
posted by じゅくちょー at 22:57| 日記

ありがたい

昨日、中1の生徒、保護者の方と面談しました。

中1で卒塾生のご兄弟分として空けていた1名

がご辞退されたので、1名空きができました。

先日1名空きが出来た時にタッチの差でお断り

した方がいらっしゃったので、その方に優先

的にご連絡差し上げました。

幸いにもまだほかの塾に入られていなかったので

それならばぜひ・・・となった次第です。

お母様が非常に熱心な方で「塾長のブログは

ストーカーのように見ています」とおっしゃって

ましたが、この「ストーカー」発言、実はこれま

でにも何人かのお母様から聞いています。(笑)

こんな個人塾のつまらないブログにお付き合い

いただき、申し訳ない気持ちです。

お子様も非常に礼儀正しいいい子でした。

私はお問い合わせの面談の時に生徒の目を見ます。

どんなにお母様が熱心でも生徒が死んだような目を

していると、入塾してもいい結果にならないこと

が多いんですよね。

昨日の子は輝いてました。

既に結果も出している子ですが、危機感をもって

頑張ろうとしていますので、入塾したら、しっかり

サポートしていきたいと思います。

ふと気づけば、中1は女子が10人・・・

16期生が女子9人で女子社会と感じていたので

すが、それを超えたか・・・。男子頑張れですね。

感想はコチラ↓
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=17d88ec41413e292
posted by じゅくちょー at 11:00| 日記

さまざまな形で応援しよう

昨日の青空応援団に刺激を受けたわけでは

ありませんが、とにかく入試までガンガン

応援していこうと決めました。

ファン感謝デー以来、入口の前が寂しいなと

思ってたので、受験生応援のぼりを

作りました。

IMG_7689.JPG

名学館魂で頑張ろう。


感想はこちら↓
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=17d88ec41413e292
posted by じゅくちょー at 05:00| 日記

2020年01月18日

青空応援団

今日は朝中3の補習の前に、青空応援団

の皆さんに来ていただき、中3生に熱い

エールを送っていただきました。



IMG_7652.JPG

IMG_7654.JPG

IMG_7657.JPG

マジでかっこよすぎ・・・。

まさに「ザ・昭和」という感じですが

団長さんの話もすごくよかったです。

自分の体験を踏まえ、一言一言に

熱い思いが伝わってました。

生徒達も真剣なまなざしで見ていました。

IMG_7636.JPG

改めて人を応援することのすばらしさ、

人を応援することの優しさ、温かさ、強さ

を感じました。

彼らを見ていて、まだまだ私自身生徒達の

ことを本気で考え、本気で応援しようとし

ているのか・・・と考えたときに、まだ

まだ足りてないと感じました。

勉強面はもちろん精神面でももっともっと

生徒達のことを応援しようと思いました。

私は生徒たちにいろいろな「本物」を見せ

たいと思ってます。

ドライな時代、深い関係を求めない時代です

が、だからこそ、こういう泥臭いもの、

自分のためではなく、誰かの力になりたい

と本気で思う心は大切です。「なんでこの人たちは

ここまで本気で赤の他人を応援できるのだろう」

と疑問に思った生徒もいるかもしれません。

でも、きっといつか「自分も誰かの力になりたい」

「本気で誰かを応援したい」と思う時が来ると

思ってます。

その時、この青空応援団の皆さんのこと、塾での

ことを思い出してくれたら嬉しいですね。

写真撮影のために来てくれた高3のMちゃんも驚き、

感動していました。

青空応援団の皆様、本当にありがとうございました。

今日のエールはセンターを受けていた14期生にも

届いたと思います。

動画はこちら(音声注意)

https://photos.app.goo.gl/reoQCEqdmgN52edS9

今日はそのあと、中3の補習として時事問題を

取り上げました。

私立の入試には結構出ることが多いですし、

常識として知っているか知らないかは大事な

問題だと思ってます。

大人にとっては当たり前のことも中学生に

とっては初めて知ることも多いはずです。

少しでも知らなかったことが知識になって

くれたらうれしいです。



夜は私立で面接のある子たちの面接練習。

ノックの回数とか、お辞儀の角度とか、

そんなことより、相手の目を見て話す、

一問一答ではなく、相手と対話をする

姿勢で話す・・・など面接官の立場で

大事なことを話しました。

中学生ですから言葉が詰まることも

うまくまとまらないこともあります。

でもだからといって原稿を丸暗記するか

のような話しぶりでは印象はよく

ありません。

そういう子はいったん言葉が詰まると、なか

なか次の言葉が出なくなります。

多少間違えがあっても相手と対話しようという

気持ちがあれば、不思議に惹かれるものです。

ただ、今回の中3生、細かい点は個々に指摘

しましたが、まずは及第点かなと思いました。

今日は夕方宮一のWちゃんがデスノートと

差入れをもって来てくれました。

ありがたいです!!

やはり先輩の言葉や先輩のデスノートは

力になるんじゃないのかなと思います。

感想はこちら↓
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=17d88ec41413e292



posted by じゅくちょー at 23:19| 日記

阪神淡路大震災

昨日書き忘れていましたが、昨日は阪神淡路

大震災から25年だったんですよね・・・。

当時30歳。出勤前に見たニュースの映像は

あまりにも衝撃的でした。

大地震=阪神淡路大震災のイメージだったの

で東日本大震災の時はビルが倒れなかった

時点で、そんなに大きい地震じゃないと

思ってたくらいです。

当時進研ゼミの編集部から出版部に異動に

なったばかりでしたが、進研ゼミの編集部に

集まった中学生からの投稿を集めた本を

作りました・・・。

418E7PTWCJL._SX327_BO1,204,203,200_.jpg

1通1通読んで悲しさと同時に強さも感じた

のを覚えています。

売れる売れないではなく、なかなか報道では

あらわれない中学生の声を世に届けたい

そんな思いだったのだと思います。

25年かああ・・・。

お亡くなりになられた皆さんのご冥福を改めて

お祈り申し上げます。

感想はこちら↓
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=17d88ec41413e292
posted by じゅくちょー at 05:00| 日記

2020年01月17日

明日はセンターそして高校合格第一号

いよいよ大学入試の山場、センター試験が明日

から始まります。

現在高3の塾生はいませんが、14期卒塾生のメン

バーが挑戦するわけですから、頑張ってほしい

です。

先週、合格祈願米を送っているので、活力に

なってくれたら嬉しいですね。

私にできることはその程度ですから・・・。

明日、青空応援団の皆さんに来ていただきます

が、そのエールはきっとセンターを受験して

いる高3生にも届くと思っています。


さて、今日は先日受験のあった仙台城南高校の

特進奨学生入試の合格発表日・・・。

3名の受験でしたが・・・



結果は



見事3人とも合格〜〜。

しかも全員奨学生U(城南はUが一番上)で

の合格。

めちゃ幸先良いです。

まあ、第一志望に合格したわけではあり

ませんからここで浮かれることなく、公立

に向けて気を引き締めて頑張ってもらい

たいと思います。

ただ、自分のやっていることには自信を

もってよいと思います。

感想はこちら↓
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=17d88ec41413e292

posted by じゅくちょー at 23:01| 日記

今日は映画

今日の午前中、今年初の映画に行って

きました。

忙しさにかまけて、映画も本も全然見

れてないなああ・・・。

というわけで今日から公開の「記憶屋」

を見てきました。

予告で見てて気になっていたのですけどね。

もちろん現実離れした話ではありますが

記憶、時間移動などは私の好きなテーマ

なので、のめりこんだし、最後は泣いてしまい

ました・・・。

人って、忘れたい記憶もあります。

でもそれも含めて今の自分があるわけなので

自分の経験、記憶とは向き合っていかない

といけないのかなと思いました。

今更ながら芳根京子、かわいいなああと

思いました。

来週は卒塾生からもらったムビチケで

「ラストレター」を見ようと思ってます。

感想はこちら↓
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=17d88ec41413e292
posted by じゅくちょー at 15:50| 日記

2020年01月16日

経験は人を成長させる

今日の昼間、11期生で台湾の大学に通っている

Hちゃんが来てくれて(ただいま冬休み?中)

いっしょにランチして、そのあと教室で

2時間以上話し込んでいました。

なんだかんだいって毎年会ってますが、話が

尽きない・・・。

本当にワクワクするような話を聞かされます。

彼女はうちの塾、初の人来田中の生徒でした。

改めて聞くと、富沢に縁があったわけでも

なく、たまたま見つけたブログにお母さまが

興味をもって半ば強制的に入塾させられたと。

こういのってやっぱり運命のようなものなの

でしょうね・・・。

更に、中3の時におこなった保護者向けの高校

入試説明会で白百合のLEは1年間留学がカリ

キュラムに含まれていて・・・という話を

さらっと話したところにお母さまが反応した

ようで、公立が第一志望だけど、私立は白百合

のLEと決まったそうです。

結果残念ながら公立は不合格でしたが、彼女は

落ち込む様子もなく、「白百合行くんだ」

「留学するんだ」という思いが先立ったようです。

高2の時に1年間ニュージーランドに留学。

1年間日本に戻ることなく過ごす。本格的な

留学でした。

中途半端な数週間、数か月の留学ではなく1年も

過ごすことで、飛躍的に英語力がつき、行動力

も身に着いたようです。

帰ってきて、進路を考える段になって、今度は

うちの8期生のCちゃんが台湾の大学に通っている

という話に反応したので、Cちゃんとお母さまを

引き合わせ、台湾の大学の様子を聞いてもらい

ました。

結果、Hちゃんも台湾の大学に行くことに・・・。

ここまでの話で分かる通り、お母様の行動力

は本当にすごいです。

最終的にいろいろ迷っているのだとは思うの

ですが、自分の娘に必要なことは何か・・・

自分一人で生き抜く力はどうやって身に着く

のかを真剣に考えて、情報を集め、

行動に移しているのだと思います。

私が言うことではないですが、お金をかける

タイミングとお金をけちるタイミングは間違

えてはいけないなと思います。

若いうちにどれだけいろいろなことを経験

させるか・・・。

海外というのは絶対に必要な経験だと痛感

しました。

彼女の通う大学では台湾か日本で5か月間の

インターンシップが義務付けられていると。

彼女が選んだのは熱海の旅館。

こういうのも日本の大学に通っていたら

できないことですもんね。

冬馬の話もそうですし、先日の匡晴の話も

そうですが海外を経験している人って

小さなことに動じないですし、なんでも

やってみようとします。

留学や語学習得の予備校などお金はかかった

かもしれませんが、たぶん払った以上の経験

をし、成長してるんだろうなと思います。

本当に彼女の話を聞いていると、チャンスは

活かさなきゃだめだと感じます。

今では英語も中国語もペラペラ。

プレゼン力もあり、コミュニケーション力も

ある・・・もちろん日本人としての礼儀も

もっている・・・。すごいです!!

彼女に、台湾での大学の様子とか話を

動画に撮りたいなと言ったら「台湾の

大学をおススメする動画を作りますよ。

10分くらいのものであれば作れます」

と・・・。

本当にすごい!!

姉を見ている妹ちゃんも今高校生ですが

台湾の大学に行く気満々。そりゃそう

なりますよね〜。

スケールは小さいですが、うちも下の

娘を東京に出してよかったと思ってます。

美容師になるならわざわざ東京に行かせ

る必要もないし、お金もかかりましたが

彼女と話していると、間違いなくお金

以上の経験をしてると思います。

人それぞれ考え方がありますが、子どもの

道を考えるうえで親が制限をかけちゃ

いけないですし、道は一つではないという

ことを経験させてほしいなと思います。

今日もお隣のカレー屋でランチしたのですが

「熱海で稼いだので今日はおごらせてください」

とランチごちそうになりました。

メチャ嬉しかったです。

今日はそんな話の後だっただけに、

夜に中3と話してて、「ウルスラの面接ドキドキです」

とか「朝起きられないです」とか話のスケールが

ちっちゃすぎて悲しくなりました。(笑)

もっと思い切っていこうよ。

名学館魂!!

感想はこちら↓
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=17d88ec41413e292

posted by じゅくちょー at 23:31| 日記

毎日掃除・・・

昨日の中3の授業の時、どういう話の流れ

だったか忘れましたが、掃除の話になって

「でもさ、掃除休みの日はもう少し早く

塾に来られるだろ?」と言ったら

「毎日掃除ありますよ」という返事。

「え??」「マジ?」と何度も聞き返し、

富中だけのことかと思い、他の子に聞いたら

他の中学でもそうだと・・・。

私が中学生の頃は掃除当番と言えば

あの円グラフみたいなくるくる回すやつで

その週の掃除担当場所がわかるやつでした。

今でもそうなのかな?

そこには必ず「休み」というのがあり、

その週は早く帰れる・・・だったはず。

最近の中学校の掃除分担は「休み」がないと。

もうショックです。

働き方改革が叫ばれている中、働きすぎでしょ。(笑)

そもそも富中なんて1学年300人いて、1クラス6班

ってことは50班くらいあるわけですよね。

ほんとどこを掃除するの??と聞いたら

「教室のほうき担当」「教室の雑巾担当」

「教室の机移動担当」とか・・・いやいや、そんなの

一つの班でいいでしょ。(笑)

絶対休みの週があった方が掃除担当の時、頑張れる

と思うんですよね〜。

「休みのないことに何の疑問もないの?」と聞いたら

「そういうものだと思ってました」と。

いやあ、しかし、まだまだわからないことが多いなあ。


感想はこちら↓
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=17d88ec41413e292
posted by じゅくちょー at 05:00| 日記
簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
RDF Site Summary
RSS 2.0