2006年07月23日

無事取材終了

昨日、予定通り、東北放送ラジオの「それいけミミゾー」
の取材が入り、無事生放送でオンエアされました。
朝から、緊張していて、授業のときも「塾長!緊張
してるでしょ〜」などと言われていました。

予定より30分くらい早めに授業を始めて、10時45分
ディレクターの方が教室に来るときには授業を終えて
スタンバイしていました。
われわれのような素人へのインタビューだから当然
事前に打ち合わせをして、ある程度シナリオを作って
セリフも作られるのかなあと思っていたのですが、
打ち合わせは結構簡単に済まされて、「じゃあ、こんな
感じで楽しく話しましょう」って、おいおい、大丈夫
かい・・・と不安になってしまいました。
予想外の質問が来て、うろたえたらどうしようという
不安がありましたが・・・。とにかく緊張を悟られない
ようにしなくちゃと思っていました。
11時15分に、スタジオから、レポーターの宝井
琴柳師匠を呼ぶ声が入り、インタビューが始まりました。
実質7分だったのですが、あっという間でしたね。
生徒も元気に、勉強のことや今やっている野球のこと
など話してくれて、すごくいい雰囲気でした。
私は・・・といえば、ちょっと堅かったなあという
反省はありましたが、わりとスムーズに落ち着いて
話せたかなとも思っています。
最後にその日の番組のテーマである「通知表」について
「ところで、名学館、我妻塾長の子供の頃の通知表は?」
という質問が来てしまい、さすがに「そう来たかあああ」
と思いましたが、「よくできたはそんなに多くなく
割と普通でしたが、コメントで落ち着きがないと
書かれてましたね〜」と答えました。なんかそのコメントは
スタジオでも受けてたようで、よかったです。
(事実、落ち着きのない少年時代でしたから・・・)

大手塾と違い、なかなか塾の様子を伝える機会が
ないですが、今回はほんと幸運だったと思います。

番組終了後も、ディレクターの方にもお礼のメールを
送り、これからも何かあればお互いに力になれれば
という話をしました。
何事も縁ですからね・・・。

夜は張り切って(笑)夏期講習の準備と3時間の国語力
強化コースをおこないました。
漢字はまだまだ練習が必要ですが、日本語、文章を読む力は
少しずつついてきてるような気がしています。
作文もわりと上手に・・・スムーズに書けるように
なってきましたね。

月曜から夏期講習です。もちろん私も精力的に
がんばります。

まだまだ生徒募集してまーーす!(ラジオでは宣伝
できなかったので)
posted by じゅくちょー at 15:13| Comment(0) | 未分類
簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
RDF Site Summary
RSS 2.0