2011年01月15日

中3へのお守り

今日は午前中が中3の直前補習・・・今日は社会の
記述、といっても実際に記述問題を解かせるのは
既に何回かやっているので、今日は記述を書く上での
ポイントやキーワードなどを中心に3時間説明しました。
少しでも印象に残って、記述の際に役に立ってくれたら
いいなと思っています。
今日は1名来れませんでしたが、中3生に毎年恒例の
お守りを渡しました。
一つは開校初年度から受験生に渡している
徳島県の「学駅」の入場券・・・「入学」という縁起物です。
そしてもう一つが四葉のクローバーのしおりです。
これもここ最近、受験生に渡しているものです。
「お守りが増えるなあ」と言っている生徒がいましたが、
それだけ周りの人もいっぱい応援してくれている証拠。
ぜひ安心材料にしてほしいなと思います。



午後からは希望者対象の英数直前講座・・・今日は
数学を4時間やりました。
今日の問題の中には比を活用する問題が多数出てきました
が、面積との関係において、まだ使いこなせていない
感じです。
ぜひ復習してほしいですね。

今日は面談が2件。
1件は先日来、やる気のなさを感じる中2生との三者面談。
私自身は退塾勧告を出していましたが、
本人の意向を確認したところ、本人も「やめたい」と・・・。
なら、仕方ない・・・(やる気がない生徒を引き止めることは
しないので)となったのですが、やはり時期的なことを
考えてもお母様は不安だったらしく、火曜日まで最終結論
を待つことにしました。
これまでも本人が「厳しい」「無理」「やめたい」そういってきた
場合は無理やり引き止めてうまく言ったことはありません。
ほかの塾では必死に引き止め工作をするみたいですが、
うちにはそのようなものはありません。
うちの塾と相性があわなかったということでしょうから。
そこで、その生徒だけ例外的に扱ったり、厳しさを
緩めたりしたら、だめになってしまうのは目に見えていますからね。
夜も中2生の保護者の方・・・といっても実は私の
高校時代の同級生との面談でした。
現在他塾に通っているということで、すぐにではないですが、
本人が塾への不満を持っているらしく、気持ちを切り替え
環境を変えたいみたいです。
毎年この時期は春や夏から塾に通い始めた生徒、保護者が
その塾に不満を持つ・・・ということでの転塾組が多いです。
改めて塾選びの難しさを感じますね。
塾選びのソムリエみたいな人でもいればいいのですけど。
彼も言ってましたが、「周りがいい塾だと言っても、自分の
子にあうかどうかはわからない」と。ほんとその通りだと思って
います。だからこそ塾選びは慎重になってほしいです。

明日は午前中が中3の直前補習で理科の記述3時間。
午後は英数直前講座4時間、夜はテーマ別講座で
社会の時事問題2時間半・・・という構成です。
すべてがんばる生徒もいます。私も生徒の負けないように
気合いれていきます。
センター試験受験のみんな(塾生&卒塾生)
明日も頑張れよ。
posted by じゅくちょー at 23:36| Comment(0) | 未分類
簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
RDF Site Summary
RSS 2.0