2011年08月11日

ご連絡

本日11日より17日まで教室のほうをお休みに
させていただきますのでご了承下さい。
お急ぎの方はメールにてお願いします。
meigakukan@t.vodafone.ne.jp


とは言っても、今日も教室に来て、事務処理
と面談をおこなっていました。
夏休みが明ければすぐに期末テストも
あります。
そして中3は受験体制に突入です。
幸いにもこの夏、中3生が夏期講習や演習タイムを
通じて劇的に変わりました。
もともと頑張り屋の集団でしたが、本当に
よく頑張っています。
それは保護者の方々もきっと認めているはずです。
たかだか数時間、夏期講習に行って満足・・・
そんな生徒たちとはわけが違います。
1日夏期講習6時間+通常授業2時間・・・こんなの
当たり前。さらに空き時間を自習に使ったり、朝塾に
来て頑張ったり・・・。
もちろん今回の中3は夏期講習は1講座3時間+2時間の
演習タイムを設けていますし、夏休みのノルマも
ノートまとめや模試のやり直しなどハンパない量なので
在塾時間が多くなるのも当たり前なのですけどね。
それでもやりたいことも我慢して(実際は時間をうまく活用
できるようになったということでしょうが・・・)勉強に
専念しています。夏期講習は欲張らずに中1・中2の復習に
特化していますが、通常授業では期末に向けた勉強を
進めていますので、勉強は塾だけ・・・で十分なくらいです。
限界を自分で決めてはいけません。
まだまだやれる・・・その気持ちが大事です。

生徒が頑張るから私も頑張れる・・・。

昨日、中2の生徒に説教しましたが、
うちの塾はただ決められた曜日・時間に塾に来て、授業受けて
帰る・・・それだけやってればOKなどということは
ありません。
いろんなことをやらせます。もちろんテストや入試につながるから
こそやらせているのですが・・・。それが
いやだ、できない・・・というのであれば、うちの塾に在籍
する意味はありません。
夏休みになって塾を休む生徒も出ていますが、やはり
塾はどんな時でも疲れていても、ほかの用事が入ろうとも
優先させてほしいと思っています。
成績の上がる子は、やはり簡単に塾は休みません。
その差は大きいです。
部活、習い事、家の用事・・・こういったものにはには
かなわない塾ですが、できることなら、部活や習い事を
休む、あるいは習い事や家の用事を変更してでも
塾を優先させる・・・そんな風になってほしいです。
(実際にそうしている生徒もいます)
たかが塾・・・ですが、私にとっては命をかけて、魂を
かけて頑張っている塾です。
睡眠時間を削り、生徒にわかりやすい授業展開を
考え、やる気を起こさせるようなイベントや働きかけ
をして・・・もっともっと思いを伝え、「名学館富沢校で
よかった」「ここじゃなきゃダメだ」と言われるように
精進しなければと思っています。

この休み中、いろいろアイデア(特に新規獲得のための)
作戦も考えていきます。
posted by じゅくちょー at 19:05| Comment(0) | 未分類

2011年08月10日

やっぱ、中3やるねえ・・・

7日の日に欠席だった中3が8月のみや模試を今日
終了し、自己採点ながら全員の結果が出揃いました。
日曜日に感じたとおり、かなりいい結果につなげて
きています。
前回が県平均を上回ったものの、300点にも届かず、
課題を残した結果でした。
でも今回は全員がかなり頑張りを示し
自己採点ながら平均で350点を越えています。
県の平均点次第ですが、うまくいけば、全員偏差値50
越えになりそうです。
特に理科の平均が80点を越えており、国語や英語の
平均も7割を越えています。
私の中では10月くらいに平均350点越えを目標にしていた
ので、この段階でここまで結果を出してくるとは
正直、想定外でした。
夏期講習の影響がどれだけ出ているかはわかりませんが、
少なくとも個々の夏の頑張りは相当なものですから、
少なからず結果に表れているのでしょう。

ちなみに今日時点で7月23日からの塾内での学習時間
(夏期講習、通常授業、演習タイム、朝塾、自習すべて含む)
を見ると、トップの子が驚異の191.5時間、2位の子が
131時間、既に100時間を越えている子は10人おり、
当初の目論見以上の頑張りが出ています。
夏休み中に塾で100時間以上勉強する・・・夏休み前に
中3生や保護者の方にお話したことで、その時は
想像もつかない、未知な数字・・・むしろ無理な数字と
感じていたことでしょうが、1日12時間近く塾で学習したり、
6時間、7時間が当たり前になってきたり・・・
今回の夏期講習は大いに成果のある講習だったの
ではないかと思っています。
今回は私自身も教える内容にはかなりこだわり、
手作りのプリントも大分用意しましたし、例年秋以降の
補習で使っている資料も渡しながら、かなり
ハイペースでやらせてきました。
震災の影響からか、中2以下の受講はほとんどなく、
ほぼ中3のための講習になってしまいましたが、
それがかえってよかったのかもしれませんね。

9月模試で結果を出す・・・というのを一つの目標に
していましたから、今回の結果がよくても安心すること
なく、9月模試でもより高い結果を出せるようにして
いきたいと思います。

今日の通常授業の理科・イオンの話は私自身も
だいぶ熱が入りました。
昨日、今日の指導でだいぶイオンへの抵抗感は
なくなってくれたのではないかと思っています。

明日から17日までお休みいただきます。
当面、メールでのご連絡でお願いします。

posted by じゅくちょー at 23:59| Comment(0) | 未分類

好感触

夏期講習もいよいよ大詰め。
明日からお盆休みになりますので、休み前
今日がラストになります。
今年は夏休みが終わるのが例年より早い
ため、夏期講習も原則19日で終了。
ですからお盆明けは18日・19日の2日間
のみになります。

昨日の中3通常授業は理系で、先週やった
二次関数の変域、変化の割合の確認プリント
をまずはやりました。
やり方があやふやな生徒がいましたが、おおむね
よく覚えてきています。
解き方忘れた生徒も、地道に数をあてはめて
いる中で「あ、こうだった」と気付いたりして、
すぐに人を頼らない・・・自分の力で・・・という思いが
強くなってきているのを感じます。
生徒がよく言う言葉で、私が「自分のノート見ていいよ」
とか「解答見て、解説読んだら?」というと
「それだと自分に負けたことになるので・・・」というのが
あります。その精神力の強さは受験生らしく、
なかなかかっこいいです。

そのあと理科のイオンに入りました。
例年、苦労する単元なので、今回は理論的に攻めるのを
やめ、イメージの世界から入っていきました。
詳しくは書けませんが、私が中学時代に、こんな風に
イオンを覚えた・・・という考え方をまとめ、ストーリー
仕立てで、解説していきました。
授業は受け狙いでいっても、意外に生徒は受けないもの
で、普通に説明していた中で、妙に反応がよかったり
します。
今回もそこまで受けるとは思っていませんでしたが、意外な
ほど、反応はよく、「理解できた」と言ってくれたので
結局は、参考書などに書かれた教え方よりも自分の
覚え方を織り交ぜながら教えていくことも大事なんだな
と改めて感じました。
とにかく苦手になってほしくない単元なので、8月中になんとか
イオンを完成させたいと思っています。

まだまだ暑い日々ですが、気合入れていきましょう。
posted by じゅくちょー at 08:53| Comment(0) | 未分類

2011年08月07日

ノートの使い方

今日、夜の中1の定期テスト特訓コースの際、
生徒のノートを見せてもらいましたが、改めて
意味のないノートだなああと感じます。

答えしか書いていなくて、途中式も書いていない。
「途中式書かないの?」と聞くと「別な紙にやっている」
と・・・。で、間違えた問題、分からなかった問題も
正しい答えだけ書いて終わり。
ノートは「答えを書くだけのもの」になってしまって
いる生徒が異常に多いです。
ノートをもっと無駄に使ってほしいのに、「もったいない」
と言って、詰め詰めで書いたり・・・。
せめて、分からなかった問題は解説を読みながら、
もう一度解いてみるように言っても、なかなか守れません。
「汚くなるのがいや」と・・・。
いつの頃からか途中式を書かないほうがかっこいい・・・
図を書くのはめんどくさい・・・そういう生徒が増えてきました。
中1に対して、もう少しノートの使い方を伝え、
「もったない」と言っている生徒にはノートを無駄なくらい
使わせてほしい旨、保護者にもお願いしてみようと思って
います。

今日、中3の8月新みやぎ模試をおこないました。
1名振替になるので、細かい話はできませんが、
思っていた以上に結果に出てきました。
私は9月の模試が勝負と思っていますので、今回の結果で
どうこう判断するつもりはありませんが、結果につながって
来た生徒のことはきちんと評価したいと思っています。
最終的に結果が出るのが楽しみです。
posted by じゅくちょー at 23:03| Comment(0) | 未分類

2011年08月06日

来る人去る人

この夏休み中に中1で1名、中2で1名、中3で1名の
入塾があり、一方で2名の退塾も出ています。
(だから、なかなか生徒が増えないのですが・・・)
うちの塾の場合、退塾に関しては、特に引き止め
工作せず、あっさり了解します。
退塾にいたるということは、保護者や生徒が
「このまま通い続けても効果がない」あるいは
「子どもが行きたくなくなっている」などが理由でしょう。
だから、あえて理由も聞きません。
仮に「こうしてくれれば・・・」という要望が出たとしても
それを受け入れるのは難しいでしょうし・・・。

一方、入塾の際にも、マイナスな点もお話しながら、
「厳しいですけど本当に大丈夫ですね?」と念を
押します。
「それでも」という方のみ受け付けています。
それでも半年も経たないうちにやめる生徒も多い
のですけどね。
何度も言っている通り、別に厳しいことをやっているわけ
ではなく、当たり前のことをやらせ、やってこなければ
当然ペナルティを課す・・・。そのことが厳しい塾と
映っているようです。
保護者の方ともじっくりお話すると、うちの塾の考え方を
ご理解いただけるようです。

今日は午前中、中3の夏期講習があり、午後からは
南コースの生徒を対象に昨年模試の解説会、
夜は中2の定期テスト特訓コースでした。
みんなよく頑張っています。
今年は中1、中2の夏期講習受講がほとんどありません
でしたが、中1で唯一受講している生徒は部活も忙しい
中、本当に熱心に取り組んでいます。
1名しか応募がなかったので、必然的に完全マンツーマン
になっているので、かなりじっくり取り組めているようです。

中1の多くはまだ学校の宿題も残しているようですが、
そろそろ宿題を終わらせ、期末対策を進めなければ
間に合わないはずです。
その点、中2は宿題の進行も順調なようです。
今日の中2の特訓コースでは理科の電流を徹底的に
やりました。初めてでしたがオームの法則までよくできて
いました。電流は3年間の中でも難単元の一つです。
変な抵抗感をもたせず「結構簡単じゃん」と思わせたいですね。

今日も中3は自習頑張っていました。
明日は新みやぎ模試・・・だいぶ意識が高いです。
好結果に期待しています。
posted by じゅくちょー at 23:53| Comment(0) | 未分類

2011年08月04日

疲れも見えますが・・・

この夏の頑張りでそろそろ各生徒に
「疲れ」の色が見え始めてきています。
もちろん、遊び疲れではなく、勉強疲れとして。
それでもこのあとの受験生活を考えれば、
今は頑張り時ですし、多少無理もできる時
です。
中3の保護者の方も「よく頑張っているな」と
思ってらっしゃることだと思います。
昨年までの家でゴロゴロや遊んでばかり・・・
がなくなり、「今日も塾に行ってきます」になって
いるのでしょうから・・・。
昨日の夕方の授業もだいぶ眠そうにしている生徒が
いましたが、それでも頑張ろうという姿は
見ていて好感がもてますし、多少の息抜き会話も
許せる状況です。

塾滞在時間が長くなってくると、塾のことに詳しく
なる生徒が出てきます。
他学年の生徒の名前やプロフィール、
誰が誰先生に怒られていたとか体験の生徒が
来ると「あ、昨日塾長が電話で話していた〇〇中の
人ですね」とか・・・。
昨日も、マットレンタルの交換に来た際、
私が席をはずしていたら、生徒が交換を手伝って
くれたりしていたようです。

この夏休みの勉強を通して、「勉強は塾で」という気持ちが
強まってくれたら嬉しいです。
講習と強制的な演習タイムで100時間、もうそれ以上は
やりたくない・・・という思いになるのかと思いきや
本当にちょっと時間が空けばもくもくと自習している生徒
ばかりです。

この夏の目標は受験に向けた基礎作り。
ただ広く浅く、問題演習をして、やった気になる・・・
そんな風にならないよう、多少絞込みをしてでも、
ノートをまとめさせ、相当量の演習をさせ、秋以降の
実戦問題の演習にも対応できるようにしていってます。
本格勝負は秋以降。
気持ちは全員受験モードになっています。

今朝の朝塾も4名参加。

今日も3時間講習が3コマと夜は通常授業があります。
私もまだまだ頑張らねば・・・。
posted by じゅくちょー at 07:53| Comment(0) | 未分類

2011年08月03日

できることをやり続ける

今日も中3は前向きに頑張っていました。
以前、塾が楽しい・・・ではダメだという話を
しました。先生がおもしろいとか、恋愛相談に
のってくれるとか・・・。
正直、そんなのはどうでもよくて、保護者の方から
安くないお金をいただいているのですから、勉強に
専念するのが当たり前・・・。
ただ、勉強を頑張らせていると途中で挫折する子
が出てくる一方、開花し、「え?こんなに頑張れるの?」
というくらい、すごい力を発揮してくる子もいます。
そして、ある一線を越えると、勉強すること、
わかってくること、問題が解けてくること自体が楽しく
感じられるようになります。
いつの間にか勉強が苦痛でなくなり、必要なもの
として自ら欲する・・・そんな感じになってきます。
受験が近づいた時の中3がまさにそんな感じですが、
今年の中3は既に夏期講習の段階で、そんな風に
見えます。
「疲れた〜」と言いながらも、ちょっとでも時間が空くと
ノートまとめや演習をやっています。
今まであまり塾で自習してなかった生徒も、いつの間にか
「常に塾にいる」という状態になりつつあります。
今日もある生徒が、夏期講習のあと、通常授業まで
時間があったので「帰るの?」と聞いたら「めんどくさいので
(笑)このまま残って勉強してます・・・」という返事が
返ってきました。
どうせ家に帰っても勉強しない・・・というのはわかっている
ようです。
なんか、みんな変わりました。
勉強を笑顔で頑張っている・・・きっと名学館で頑張ることが
運命だったように感じます。
今年の夏は家はゆっくりするところ・・・くらいの気持ちで
いいのだろうと思ってます。
現在7月23日〜31日までの塾での勉強時間(夏期講習や
通常授業、自習時間含む)を集計しています。
トップは9日間で80時間、2位が57時間、3位が54時間
・・・などなど。早ければお盆前に夏休みの塾での勉強時間
100時間突破の生徒が複数出てきそうです。

明日は久々に中2で体験授業があります。

先日、中3でお問い合わせいただいた方と面談しました。
中3だけどもなかなかやる気が出ていない生徒・・・。
私は私なりに感じていることをストレートに話しました。
初対面にもかかわらず、きついこともかなり言いました。
入塾してもらうための営業トークなど一切しません。
成績なんて頭の良し悪しではなく、やったかやらないか。
本人が変わらなければどこの塾に行ったって同じ。
今までやってこなかったんであれば、やりゃあいいじゃん。
そんな感じの話をしました。
もちろん、入塾になれば、名学館富沢校のやり方に
したがってもらうだけの話、特別扱いなどしません。
今日、お母様からお電話いただきました。
結論からいえば入塾はしないということでしたが、
「我妻先生の言葉が少しだけですが、本人の心に
響いたようです」と、嬉しいお言葉をいただきました。
この先、どうなるかわかりません。でも何かちょっと
でも変わるきっかけになってくれたのなら嬉しいことです。
保護者の前でも平気で生徒を罵倒し、ふだんの
塾においても、ガンガンしかりつける・・・
そういう「素」のぶつかりあいがある塾って最近少ない
のかもしれませんね。
以前、「うちみたいなやり方では、今後誰も入って
来ないんじゃないか」とも思いましたが、きっと必要と
感じてくれてる人はいるのだろうと思ってます。
中3の生徒も塾での時間が長くなると「素」の部分が
見えてきます。
長い受験ロード・・・私も例年以上に頑張る気持ちに
させられます。

明日も6時〜朝塾です。
眠いけど、頑張ります。
posted by じゅくちょー at 00:30| Comment(0) | 未分類

2011年08月02日

やっぱりすごい

毎日同じようなことばかり言ってますが、とにかく中3
すごいですわ・・・。
今日も朝塾に6時から生徒が集まり、講習参加者は
もちろん、演習タイムでがんばる生徒、講習でも
演習タイムでもなく、自習に来る生徒・・・。
中3全体の雰囲気もよくなってますし、集中力もあるし、
逆にこんな夏期講習、今まで経験したことない・・・
というくらいの勢いです。
中3、13名の団結力が高まってきています。
入塾以来、相当量の課題との戦い、私に厳しいこと
ガンガン言われたり・・・多くの生徒が一度は「やめたい」
と思ったはずです。
実際にこの代は理由はともあれ、退塾生徒が一番
多かったのですが、今頑張っているメンバーは
精神的にも強い、どんなことにも負けないメンバーだと
思っています。
だから、私も本気になって取り組めます。
今日、ある講師と話していましたが、
生徒や保護者の信頼を得るためには、生徒や保護者
が想像できることをやっていてはダメ、想像を絶する
くらいのことをやらないといけないと。

今回の夏期講習開催に当たっては、いろいろ悩ましいことも
たくさんありましたが、平均睡眠時間も4時間くらいの生活
にも、1日平均10〜11時間授業も苦痛と感じなくなってきました。
きっとそれは生徒も保護者の方もうちの塾を信頼して
くれてる、その思いが感じられるからだろうと思います。
夏休み中に中1、中2の内容はほぼ完璧にする・・・
パフォーマンスではなく、私も生徒も本気で取り組んでいます。


いつものことですが「名学館、ばっかじゃないの」
と周りから思われるくらい、ほかではやっていないことに
挑戦していきたいと思ってます。

既に夏休み中の勉強時間が80時間を越えた生徒も出てきました。
人数は少ないですが「太白区一強い塾」になってきたような
気がします。
posted by じゅくちょー at 01:20| Comment(0) | 未分類

2011年08月01日

言ってしまう・・・

昨日も夏期講習の合間を縫って、
1件面談がありました。
面談の際にはそこまでの成績についてもお聞き
しますが、定期テストで100点台や200点台の
生徒についてはいつも、気を遣いながらも
「これって、勉強やってない・・・ってことだよね」
ときっぱりと言い切ります。
生徒によっては「自分としてやっているつもり」など
と言う場合もありますが、たとえばワークを反復し
てれば、300点台を切ることはありません。
やっていないのであれば、やればいいだけのこと。
その気があれば、いくらでも時間は作り出すことができます。
昨日の生徒にもそんな感じで、初対面の
生徒にガンガン厳しい言葉を浴びせました。
自習中で教室にいた中3生たちは「ああ、また塾長
吼えてるわ」と思っていたでしょうし、言われた生徒も
「なんで、こんな見知らぬおっさんに、ここまで言われなきゃ
いけないんだ」と思うでしょう。
でも何度も言っている通り、うちの塾は課題も多いですし、
普通以上に厳しい塾です。勉強に対し、現実をしっかり
見てもらい、自ら学ぶ気持ちをもって、塾に通ってほしいと
思っています。
「しっかり見ますから安心してください」など中途半端な
甘い言葉は言いません。うちは「勉強したくない」
と思っている生徒を「勉強好きにさせる」などという
魔法のような力もありません。
頑張る気持ちがあるなら、ついてこいや・・・
その一点です。
結局、その生徒には「もし、やる気があるなら、1週間
で中1、中2の英単語全部覚えて来い。話はそれから
にしよう」と言いました。
・・・こんな塾、ないですよね。
今、中3は前向きで非常によい雰囲気になってきました。
新規は受け付けますが、やはりその空気にしっかり
ついてこれる生徒のみ受け付けたいと思っています。

posted by じゅくちょー at 06:24| Comment(0) | 未分類