2012年03月31日

新年度のセールスポイント

いよいよ明日から4月です。
4月1日はうちの塾の開塾記念日です。
平成15年の4月1日に開校したうちの塾も
いよいよ明日でまる9年。10年目に突入します。

この間、多くの生徒、保護者と出会いました。
もちろん残念ながら途中で退塾となってしまった
生徒もいます。
長きに渡って通い続けてくださった生徒もいます。
兄弟で通塾させていただいた方も多数いらっしゃいます。
私にとって、この塾での出会いは本当にステキな
「縁」だと思っています。
すでに1期生〜9期生まで多くの卒塾生も出し、
みんな高校、大学、社会人として頑張っています。
毎年言うことですが、人生の中でほんのわずかな
期間ですが、ここで学び、塾長に出会ったことを
大人になっても忘れないでいてくれたら嬉しいですし、
生きていく中で何か一つでも役に立ったなら
嬉しい限りです。

新年度もうちの塾の最大の売りは「朝塾」と「テスト
やり直しの強制」・・・これだけはほかの塾にない
特色としてやっていきます。
新中3は朝塾活用しそうな生徒が多いですし、
中2以下でも朝を有効に活用してくれそうな生徒が
います。
先日、富中での川島隆太先生の講演で
「朝早起きして・・・」という話が出てたようです。
まさに朝の活用は健康にも脳にもよいものです。
塾は夜であることは仕方ないですが、できるだけ
朝を有意義に活用してもらいたいと思ってます。

また来年入試に向けて前期選抜向けの小論文対策
講座も5月よりスタートします。
作文と違いある程度の訓練が必要な小論文。
少人数だからできることとして、進めてまいります。
(まあ、ほかの塾もやるでしょうから、特色には
ならないでしょうけど)

新年度も生徒のために身体を張って、まさに粉骨砕身
力の限り頑張ります。
個人塾だからこそ、できることに挑戦していきます。

こんな私でも応援してくれる卒塾生、保護者の方々が
いらっしゃいます。ありがたいことです。
頑張ります・・・。

先日、保護者の方から体験記メールをいただきました。
後日ホームページ上にアップする予定ですが、
ひとまずこの場でご紹介させていただきます。



中1の秋に子供から授業がわからなくなってきたと相談され

受験対策というよりは、日々の学習の補助的な軽い気持ちで

名学館の門をたたきました。

少人数の指導で、生徒一人一人に目が行き届き、実力にあった

ご指導をいただけたのも魅力的でした。

また塾での子供たちの様子を日々のブログで紹介してくださり

安心してお任せすることができました。



部活との両立で辛そうにしていた時もありましたが、次第に

慣れ、それが当たり前になってきて、受験期を迎えるころには

自分なりの時間の使い方ができるようになってきたようです。

また、同じように部活や習い事をしながらもがんばっている

仲間の姿もとても力になったのではないかと思います。



受験の際には各学校の特色から他では聞きにくいお金の話まで

学校選びの参考になる話や資料をいつもご用意してくださり

また志望校で悩んだ際も、成績だけではなく、子供の性格や勉強

スタイルなどから総合的に冷静にアドバイスをしていただき、

本当にありがたかったです。



目の前の嫌なことから逃げ出さず仲間とともに頑張り、名学館

で過ごした日々は、子供にとっても大きな財産となりました。

本当にありがとうございました。








posted by じゅくちょー at 23:30| Comment(0) | 日記

嬉しかったこと

今日もいろいろあった1日でした。
最近気分のアップダウンが激しい・・・というより
ダウンのほうが多いですが、なんとか踏ん張って
いるというのが正解ですね。

今日嬉しいことがいくつかありました。
午前中、新高1の春期講習と振替になっていた
B日程の通常授業をおこないました。
なんかいつもどおりだったのですが、
授業が終わり、この授業で最後になる生徒が
帰り際に「いろいろ教えていただきありがとうござい
ました」と丁寧に挨拶してくれました。
新高1メンバーとは3日に楽天観戦ツアーで
会うし・・・と軽い気持ちでいましたが、
けじめとして最後にしっかり挨拶されたこと・・・
本当に感激しました。
すごくすごくがんばり屋のいいやつでした。
以前にも最後の授業の時(まだそのあと会うのは
分かっていたのに)「ありがとうございました」と
丁寧に挨拶をくれた生徒がいました。
本当に礼儀正しく、挨拶や感謝の気持ちを表せるやつ
ら・・・私自身尊敬しています。
私は塾を通して勉強以外のこともたくさん学んでくれたら
いいなと思ってます。
努力することの大切さ、悔しさや負けん気、
そして周りの人を思いやる優しい気遣い、
応援してくれる人への感謝の気持ち、挨拶、
スケジュール管理・・・数えればきりがありません。
名学館に通ったことがムダでなかった
塾長と時間を過ごしたことで何かを学んだ
そう思ってくれたら・・・と思っています。

二つ目は今日の夕方、新中3の生徒と三者面談を
したのですが、志望校、将来のことなど話した際
「理数系に進みたい」と言ってきたので
「へええ、将来と関係あるの?」
と聞いたら「数学の先生になりたいんです。
なんか数学得意ではなかったけど、数学ができたとき
の楽しさを感じて、それを伝えられたら・・・」
と。もうその言葉聞いた瞬間、うるうるきてしまい
ました。
そっかあ・・・いいなああ。そうだよなあ、お前も
数学で苦労してたもんな・・・って。
なんか数学が得意なやつが「数学の先生に・・・」
というのであればさほど感動はしませんが、
勉強を通して、そんなことも考えるようになった
ことが嬉しかったです。

今日は新高1の保護者の方からあたかあい体験記を
いただいたり、卒塾生で神奈川に旅立つ子とその
友達が来てくれたり、今月で残念ながら退塾となった
高校生とお父様が挨拶に来てくれ、感謝の言葉を
いただいたり・・・
でも・・・人と人とのつながりって大切だなあ
と思うことばかりです。
人が好きだからこの仕事をやり続けてるのでしょうね。
来週から新年度の授業開始です。
みんなの新しい気持ちを応援したいです。


posted by じゅくちょー at 01:08| Comment(0) | 日記

2012年03月30日

いろいろと

春期講習もバタバタのなか、何とか順調に進んでいます。
中2、中3で定期テストパックの予習に取り組んでいる子
たちはだいぶ良い感じの仕上がりです。もちろんまだまだ
ミスはありますが、それでも食いつき度、集中度は
たいしたものです。今回、新中2も授業を見ていますが、
(私を恐れているのか)私語もなく、3時間本当に集中しています。
もちろん新中3もよく頑張っています。

新高1も課題が多い中、だいぶ進ませることができました。
今日の新高1を見てもそう思いましたが、受験期を
厳しい環境で頑張ってきた子達は勉強への食いつきが
すごいですし、実際、3時間で1単元をあっさり終えることが
できます。
きっと新高1の中にはまだ遊びまくってるという子も
いるでしょうから、その差は大きいです。
わたしの中では今回の9期生がそれぞれの高校で上位の
成績を取ってくれると本気で信じています。

昨日、久々に問い合わせがありました。
ホームページやブログをご覧になってお問合せ
いただく方にはなぜこのような方針で
やっているかも説明しやすいです。
合う合わないはあるので、難しいところですが、
合う子にはものすごく合うんだろうな・・・と我ながら
思ってしまいます。
実は卒塾生に口コミ掲示板への投稿をお願いしています。
私の中では公立に合格した子もそうでなかった子も
同じ気持ちで応援しています。
とにかく一緒に受験期を戦ってきた生徒が大好きなんですね。
私が塾のことや私自身のことを語るよりも、愛する
卒塾生にどんどん語ってもらいたいと思っています。
「合格体験談」とは違う、一緒に受験期を過ごした体験談(?)
みたいになればいいなと思ってます。
中1、中2の頃は気付かなかったけど、中3になって、
受験を終えて、高校生になって・・・とあとから気付くことも
多いはずです。なぜなら私自身、受験そしてその先のこと
まで考えて生徒に接しているからです。

少しずつ投稿も増えてきました。
引き続き保護者の方や卒塾生のみなさんの投稿をお待ちしています。
(塾生は高校生以上に限ります)

<これから塾をお探しの方へ>
名学館富沢校・・・塾の口コミ
(投稿される方は初回のみ無料登録が必要です)
PC用http://www.ekiten.jp/shop_1467805/携帯用http://m.ekiten.jp/shop_1467805/?guid=on

名学館富沢校・・・塾長の口コミ
(パスワードは4519です)
PC用http://bbs4.sekkaku.net/bbs/meigakukan.html
携帯用http://bbs4.sekkaku.net/bbs/i.pl?meigakukan




posted by じゅくちょー at 00:07| Comment(0) | 日記

2012年03月28日

宝物

私にとって塾を始めて以来の宝物は塾生そして
卒塾生そしてその保護者の方、そして元・現
講師の方々です。
私はがさつな人間であり、感情的にもなるし、
好き嫌いもはっきりしているし、とても経営者
には向いていません。・・・きっと。
それでもこの9年塾を続けてこれたのはやはり
周りで私を支えてくれる人たちがいたからです。
どうも最近涙もろくなってしまいます。
さっきも8期生にもらったメッセージアルバムを
読み返してました。あれから1年・・・みんな
有意義な高校生活送ってるかなあ・・・そんな
ことを考えながら一人一人のメッセージを読んで
当時のことを思い出していました。

毎年毎年生徒達のことが好きになり、高校入試を
終えて卒塾してもずっと思いは変わらない・・・
むしろ卒塾してからがつながりが深くなっていく
感じです。
本当に名学館塾生、卒塾生は質がいいです。
みんな一生懸命で、頑張り屋で、塾や私のことを
慕ってくれて、だからこそ、自分のプライベート
なしで頑張れるし、疲れも病気も吹き飛ばす勢い
なんだと思います。
塾生を大事にするのはどこの塾でも当たり前ですが
ここまで卒塾生を応援し、愛してやまない塾は
そうないと思ってます。
私にとっての宝物・・・これからもずっと大事に
していきたいです。

春期講習も順調に進んでいます。
受講者は少ないです。でもみんな前向きに頑張って
くれています。
定期テストパック受講者には英語の先取りが始まって
います。新中3は英語の受動態と乗法公式を終了させました。
飲み込みがとてもいいです。

みんな頑張ろう。
posted by じゅくちょー at 23:49| Comment(0) | 日記

2012年03月27日

楽しかった・・・

今日春期講習が終わったあと、4期生と6期生の
姉弟と飲みに行ってきました。
(6期生は未成年なのでコーラね)
卒塾生とこうやって飲むのは初めてのこと
(今、講師をお願いしている3期生とは講師として
飲みには行ってますが)
久々に本当に楽しい飲みでした。
なんだかんだで私一人がしゃべりまくっていましたが
卒塾生は本当に一緒にいて心が温まります。
ふだんなかなか口に出せないつらい思いや
プライベートな話など、本当に気のおけないやつら
だからこそ腹を割って話せました。
彼女たちとの受験期のことが本当に昨日のことのように
思い出されます。
4期生とは初めて一緒に楽天の試合見に行ったこと、
正月休みは3日までと言ってるのに、「自習したいから
塾開けて」と懇願されて、正月休みに塾を開けたこと、
土日補習を強化し、休みがほとんどなくなったのもこの代
からでしたね。
弟の6期生は朝塾を日常化したことや初めて徹夜勉強会
をしたことなどこっちも思い出が多いです。

私の気持ちをすごくわかってくれて、「塾長と合ってた
んだよ」と言ってくれて、本当に本当に大好きで大切な
やつらです。
弟君のほうは高校受験の際、残念ながら公立高校不合格
だったので、私自身ずっと済まないという思いがあったの
ですが、「高1のときからずっと塾長に大学合格の
報告をしたくて頑張っていたんですよ」というのを聞き、
涙が出るほど嬉しかったです。そして「塾長に感謝して
いるんですよ」って・・・。なんだろうなあ・・・本当に
私が考えている以上に大人だし、こういうやつらと出会えた
ことに感謝の気持ちでいっぱいです。
最後は「塾長ガンバレ」と励まされてしまいました。
そのときにも話しましたが、私は卒塾生とは一生付き合う
つもりでいますし、ずっと応援し続けるつもりです。
今日も「呼ばれなくても結婚式に行くから」と言い、
笑われてしまいました。
塾との付き合いではなく、塾長との付き合いを大切にしてくれる
彼ら・・・やはり恵まれた出会いです。
本当に元気をもらいました。
私自身、前向きに進んでいかないとダメですね。

posted by じゅくちょー at 00:32| Comment(0) | 日記

2012年03月26日

新中3三者面談スタート

今日からようやく春期講習を開始させました。
なかなか予定が組み終わらず、組めたところ
からのスタートです。
今日は新高1の授業でした。
前回英語の5文型を一通り説明しました。
今日、確認問題をやっていきましたが、
多少の間違いはあるものの、今日の2名とも
よくできていたと思います。
やはりこの代は英語のルールや文法を徹底
しただけのことはあると思います。
文法用語にもきちんと反応してくれます。
後半は句・節の説明をしました。
名詞句(節)、形容詞句(節)、副詞句(節)
それぞれの働きや見分け方など・・・。
これらは今後高校の英語を習っていく中で
普通に使われる言葉ですし、長い文を読む上
でも大事な考え方です。
受験勉強が高校に合格するためのものではなく、
高校の勉強に生きてくるもの・・・
そんな風に感じてくれたらよいなあと思います。

午後に同じく新高1生が課題の質問に来ました。
そろそろ遊びから高校への準備に意識が高まって
きています。
春期講習も日中は席が空いていますので、
卒塾した生徒も自習歓迎です。
(単に私が寂しがってるだけかも・・・)

夜には9期生の保護者の方がわざわざご挨拶に
来てくださりました。
卒塾の時になると、いつも「本当にこの生徒の
力になれたのだろうか」「本当にうちでよかった
のだろうか」と考えてしまいます。
それは合格・不合格・・・という結果だけで
判断できるものでもなく、その子がここで過ごした
年月・・・保護者が出していただいた授業料・・・
いろんなことを考えて、満足いただけたのか・・・。
塾というものは一過性の満足度ではなく、
最後、卒塾するときに保護者、そして生徒自身が
どんな風に感じてくれたかも大切だと思います。
もしかしたら、卒塾時ではなく、高校に入って
名学館に通ってたことで何かプラスになったと
感じてくれるかもしれませんし、もしかしたら
もっと大人になって社会に出てから感じることも
あるかもしれません。
いずれにせよ、今後生きていく長い人生に
おいてここで過ごした数年間が単なる思い出だけ
でなく、「人生の糧(というと大げさかもしれませんが)」
になってくれたら嬉しいです。
そしてもっと贅沢を言うなら、今でなくても
共に学んだ仲間、講師そして一番に私と出会えて
よかった・・・と思ってもらいたい・・・
そんなちっぽけなわがままを思ってしまいます。
私は「縁」を大切にし、卒塾生のこともずっと応援して
います。
卒塾しても頻繁に連絡くれる生徒もいます。
しばらく疎遠になってしまう生徒もいます。
でも応援する気持ちに変わりはありません。
節目節目、あるいは壁にぶち当たった時、うれしい時
つらい時、気にかけてくれたら嬉しいです。
みんな頑張ってる・・・その思いをもってなんとか
踏ん張っていきたいと思ってます。


今日から新中3の三者面談をスタートさせました。
いつまでも感傷に浸ってばかりもいられません。
気持ちを切り替えて、新たな気持ちで新年度を
スタートさせます。


posted by じゅくちょー at 00:02| Comment(0) | 日記

2012年03月25日

卒塾生に愛される・・・

今日は午前中、新中2の保護者向け高校入試
説明会、午後は新中1の保護者向け高校入試
説明会をおこないました。
今回は新しい入試制度についてと教科書改訂
について、そしてうちの塾としてどうやって
いくか、また保護者の皆様にどのように
ご協力いただきたいか・・・そんな話を
させていただきました。

皆様いつもながら熱心に耳を傾けてくださり
感謝いたします。
新入試制度については保護者の方からも
どう志望校を決めていけばいいのか悩ましい
という発言もありました。
場合によっては前期選抜を回避し、後期選抜
一本でいくこともあるのかもしれませんね。

夕方、講師希望の方との面接をおこないました。
久々に非常に好感が持てる方が来たな・・・
という印象です。
来週、実際指導体験をしていただこうと思って
います。
その方にどうしてうちの塾に応募してきたのか
尋ねたところ、「ホームページ等を見て、
卒業生に愛されてる感じがして良さそうな雰囲
気だった」と言われました。

卒業生に愛されるかああ・・・改めて考えた
ことがなかったですが、それはあるかもしれない
なあと思いました。
私が卒塾生を応援し、愛してやまないように
生徒たちの中にも愛してくれる生徒が多いような
気がしますね。
今日も4期生(既に20歳)から飲みのお誘いが
来ました。かわいい卒塾生ですからね。
どんなに忙しくても断れないです。

仙台に残る6期生が来てくれたので、うちの
塾で講師をやってほしいとお願いしました。
私にとっては信頼できる卒塾生・・・。
私の考えを理解していますから、いちいち
説明する必要もなく、動いてくれそうですからね。

3月に入って毎日のように卒塾生からメールが
来たり、直接の来訪があったりします。
確かに卒塾生とのつながりは大切にしているのか
もしれません。
今は9期生が一番ですが、どの代、どの子達にも
思い出があります。
こちらが生徒たちを激励して応援しているのですが、
時々、逆にパワーをもらってるような気もします。
卒塾生の頑張り、そして成長・・・これからも
楽しみです。

今日、保護者の方とお話させていただいて、改めて
うちの塾にハードルの高さがあることを実感しました。
厳しいけれど・・・の「けれど」をどう伝えていくか
が課題です。

明日には春期講習の予定固めようと思います。


posted by じゅくちょー at 00:00| Comment(0) | 日記

2012年03月24日

いろいろありました

昨日ですが・・・いろいろありました。
昨日で3月度の通常授業は終了です。
新高1の授業も今日で終了・・・高校でも
継続する生徒もいますが、中学で終了の
生徒も多くいます。
今日も最後の授業の生徒がいました。
残念ながら合格へ導いてあげられなかった
生徒ですが、いつもどおりの笑顔で
いつもどおりの受け答え・・・何か
本当に来週から一緒に勉強できないという
のが信じられないくらい、普通に終了し、
普通に「がんばれよ」と送り出しました。
まあ、壮行会やメッセージノートで思いは
伝えましたからね。

今日、6期生最後の大学合格発表がありましたが、
残念ながら合格はなりませんでした。
でも彼女の努力はお母様からも時々メールで
伺っており、ほんと中学時代から変わらぬ
努力家でした。
それだけに悔しい思いもありますが、前期
入試の時同様、ちゃんと結果を伝えてくれました。
後期入試が終わった後、塾に寄ってくれて
「やりきりました」と満足げな表情で
語ってくれました。その言葉に嘘はなかったでしょ
うし、受験生活から開放された笑顔が
ステキでした。
関東の私大に進学することになりますが、
ぜひこれからも応援し続けたいと思っています。

9期生で埼玉に引っ越した生徒のお母様からも
メールをいただきました。
課題に追われながらも頑張ってるとのこと。
きっと名学館で学んで、課題の多さや
厳しさにも慣れてるでしょうから、きっと頑張って
くれると思っています。

今日の新高1の授業の最中、夕方5時過ぎに
セブンイレブン富沢店の店長が差し入れをもってきて
くれました。
「高校受験おつかれさま・・・」と。先日
行ったとき、今度差し入れもって行きますと言われて
いたので、9期生メンバーに連絡して集まって
もらいました。
店長のあたたかい心遣い、本当に嬉しく思います。
何度も言いますが、セブンイレブン富沢店さんとは
長年の付き合い、本当に生徒達のこともかわいがって
もらって、声をかけてもらっています。
オーナーも店長も副店長もスタッフの皆様すべて
本当にいいかたばかりです。
生徒たちにとってもお店の常連になり、顔を覚え
られて声をかけられるって嬉しいことなのでしょうね。
これからもずっと大切にしたい関係です。

先日ディズニーシーに行った9期生女子メンバー
からお土産をもらいました。
かわいいマグカップです。
限られたお小遣いの中、みんなでお金を出し合って
買ってくれたことに何だか胸を打たれました。
あれこれ考えながら選んでくれたんだろうなと思うと
ほんと嬉しいです。
大切にします。

そうそうお昼過ぎに先日卒塾した7期生のお母様が
ご挨拶に来てくれました。
生徒からの手紙も持ってきてくれました。
卒塾の際に、こうして感謝の気持ちを向けられると
感謝されるだけのことが本当にできたのだろうか
と自分を振り返ったりします。
でもこういうあたたかい保護者・生徒に囲まれて
仕事ができてるんだなああと改めて実感します。

夜に9期生の保護者の方からメールが来て、
2年間の感謝の思いが綴られていました。
何もできていないのですが、身にあまるあたたかい
言葉をいただき、本当に何といっていいのか
わかりません。

そんなこんなで春期講習のスケジュール立てが
まだ完了していません。
なんとか明日中には完成させる予定です。
もうしばらくお待ち下さい。

もうすぐ4月・・・
あたたかな生徒、あたたかな保護者の方々とまた
新たなスタートです。

posted by じゅくちょー at 15:56| Comment(0) | 日記

2012年03月23日

つらいなあ・・・

この時期は出会いと別れの季節です。
塾においても新しい生徒が入ってくるし、
逆に旅立っていく生徒もいます。
一緒に高校入試を戦った中3生や高校生
に対しては温かく送り出しています。
もちろん本音を言えば寂しさでいっぱいです。
でも前にも書きましたが、うちの塾で
頑張ることだけがすべてではないですし、
高校生の生活はそれぞれですから、いろんな
形があってよいと思っています。

ですが何度も言っている通り、一緒に
高校受験を戦ったメンバーのことはずっと
ずっと大切に思っています。

先週、2名の高2生(7期生)が塾を
旅立ち、今日1名、8期生が卒塾することに
なりました。
ここ数日私自身も感情が高ぶっているので
いろんな思いが交錯して、うまく思いの
たけを語れないことが多いです。
今日もその高1(8期)生に「今日で最後です」
と言われて、送り出すあたたかい言葉が
うまく出なくて、何か・・・感情ばかり
が先行してしまいました。
(まわりくどい言い方ですが、泣いちゃった
ということです・・・笑)
がんばってほしい、ずっと応援する・・・
伝えた言葉に嘘はありません。
だって、一緒に頑張ってきた生徒たちは
一人一人みんな大好きですから・・・。

ここ最近、いろんな方からすごくすごく
温かい言葉をいただいています。
私自身、本当に気持ちだけで塾を経営して
いるようなものなので、力不足の
ことがあるのですが、それでも応援して
くださる生徒、保護者の方がいて、
一緒に泣いたり、笑ったり・・・本当に
ここに集まる生徒たちはいい人すぎます。

今日、たまたま1件ホームページを見ての
お問い合わせをいただきました。
小学生のお父様でしたが、「先生のブログを
見て、ここは正直で裏表がない所だなと思いました」
と言われました。なんか嬉しかったですね。
いいことばかり並べるのが宣伝の基本です。
でも私はあとから「なんだ話が違うじゃん」と
言われるのが嫌なので、都合の悪いことも
正直に公表するようにしています。
ですから、ブログに書いてあることが
すべてであり、真実です。
その方から「今日お電話でお話して、本当に
そう思いました」とまで言われました。

塾生の保護者の方からあたたかいメールもいただいて
います。
今日で授業が最後になった中3生そしてその
お母様からもあたたかいお手紙をいただきました。
合格発表の日から泣かない日はないです・・・
本当に。
今年は本当に毎日何かしらで泣いています。

今、いろんな意味で苦しいです。
こんなに信頼してくださっている方のために
どれだけのことができているのだろうか・・・とか
思いや気持ちだけでは生徒は集まってこないという
厳しい現実・・・。
生徒を励ます側の気持ちが折れちゃだめなのですが、
今は目の前の1日1日を頑張っていくしかないな
という思いです。

9期生の体験談を少しずつホームページにアップして
います。また集まり次第載せて行こうと思っています。

また、私の高まる9期生への思いも綴りました。
ホームページのトップページからリンクしていますし、
塾の階段下に置いてあるチラシにも書かせていただきました。
ほんとわけわからない塾長ですね。
でもこれが私なんです・・・。


posted by じゅくちょー at 00:18| Comment(0) | 日記

2012年03月21日

うれしい報告

今日、6期生の卒塾生から、「後期入試で岩手大合格しました」
と連絡が来ました。
前期で涙をのんでいた子でしたし、後期の厳しさもわかって
いましたから、不安でいっぱいでしたが、本当に嬉しいです。

実は6期生も今年と同じように仙台一高で残念ながら2名不合格
者を出してしまいました。今から3年前のことです。
その時もその2人の頑張りをいつも見ていましたから、
悔しくて悔しくて、申し訳ない気持ちでした。
それでも2人ともきちんと塾に来て、「頑張る」と私に
誓ってくれました。
一人は工大の特進、一人はウルスラのtype1に進み、
部活もやらずに勉強、勉強の日々。2人とも運動系ですから
自分の好きな競技をやれないつらさはあったと思います。
それでも折れることなく、頑張り続けたのは本当に立派の
一言です。
工大に行った子は、先日明治大学の合格報告がありました。
相当努力して希望の大学を勝ち得ました。
中2までは「まじめにやれよなああ」と言ってたやつでしたから
中3で本気になったとはいえ、高校3年間頑張り続けられるか
という思いもありましたが、そんな私の悪い予感を払拭し、
本当によく頑張りました。
そして今日、ウルスラに進んだ子からの報告。
前期で不合格の知らせを聞いた時にはつらかったですが、
今日の報告は声が弾んでいましたね。
16時発表だったのに、17時半には塾に報告に来てくれました。
高校時代の様子もいろいろ話してくれました。
type1の厳しさは知ってましたから、本当にやりきれるか
こちらも不安でした。
でも多少苦しみながらも頑張りとおしたんですよね。
強制と厳しさ・・・まさに名学館スタイルなのですが、
彼も言ってましたが、「名学館で鍛えられてたし、慣れてたから
そんなにつらくはなかった」と。まあ多少無理してる
部分もあるでしょうが、「いきなりあの環境に置かれたら
大変ですよ。中学時代、名学館を経験しててよかったです」と。

今回、このときと同じように残念ながら、一高に合格ならず
ウルスラのtype1に進むことになった9期生の2名。
いまだに私自身が引きずっていますが、今日の彼の報告を
聞いて、この2人なら、3年後、結果を出してくれる・・・
そして「ウルスラで頑張ってよかった」そんな風に言って
くれると思いました。

名学館に通ってなければ合格を勝ち得たかもしれない、
でも名学館に通ってたから、厳しさにも耐えられる精神力が
鍛えられ、勉強に向き合う姿勢ができたかもしれない
そんな風に思ってくれたら・・・と願います。

いずれにせよ、卒塾生、特に高校入試で辛酸をなめた子
たちのことは(何もできないですが)ずっとずっと応援したいです。
名学館に通ったことがムダでなかった・・・そんな思いで
頑張ってほしいと思います。
そして、こうしていつまでも縁を続けていきたいです。
やっぱり、塾生、卒塾生大好きですから・・・。
posted by じゅくちょー at 19:05| Comment(0) | 日記