2014年05月03日

卒塾生

私にとって、塾生、卒塾生は大切な大切な
存在です。
時にそっけない態度をとることも、ばかに
することもありますが、絶対になくては
ならない存在です。

私が塾を始めた6月くらいに中2生として
入ってきた冬馬君もその一人。
かれこれ付き合い始めて11年になります。
これまでも生徒や保護者の前でいろんな
話をしてもらったりもしました。

そしてこの夏、彼は新たな挑戦をしようと
しています。
http://ameblo.jp/to--maa/entry-11839706704.html

がんばるということ
人とのかかわり
やさしさと厳しさ


私のほうが彼から気づかされることが多いです。
でも、彼もいつも私のこと、塾のこと
後輩塾生のことを気にかけてくれます。

高校受験も大学受験も就職も、みんな
自分の力で切り開くものです。
だから「塾のおかげ」なんて言葉を
求めてはいません。
でも「縁」をもてたことを喜んで
大切にしてもらえると本当に
嬉しいです。

11期生も高校生活に慣れたかな。
今度手紙でも書いてみようっと。
4期生〜8期生も
大学生活、社会人生活、専門学校生活
新たな生活をスタートさせた卒塾生
は頑張ってるかな・・・。
みんなみんなガンバレ。
名学館でよかった、塾長と出会ってよかった
・・・って何年経っても思ってくれたら
嬉しいです。
posted by じゅくちょー at 01:44| Comment(0) | 日記
簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
RDF Site Summary
RSS 2.0