2014年05月06日

講師との話

先日読んだ本に書いてあったこと
「やれるかやれないかを問われたとき
『やれない』と言うと、なぜやれないの
か、どうしてもやる方法がゼロなのか
を説明するのにあらゆる手立てを考え
なければいけないけれど、『やれる』
といえば方法を一つみつければいい。
だから、いつでも『やれる』と答える」と。
いやああ、確かになああ・・・。
私も生徒が「できない」と言ってくると
「どんなことしても無理なのか」と
突っ込むことがあります。
そう、人間、簡単に「できない」
「やれない」「無理」などと答えては
いけないんですよね。
もっともっと、挑戦を続けなければ
いけないですよね。
実際、そうやって11年も塾を続けて
きたわけですから・・・。

先週から中1、中2を担当している
講師の先生と個別に話をしています。
まあ、詳しいことは書けませんが
講師に課題を与え、実践してもらいます。
成果が上がるかどうかわかりませんが
一緒にいい形、いい雰囲気、いい塾に
していきたいと思います。

出席管理システム・・・
やはり順調です。(笑)
posted by じゅくちょー at 00:15| Comment(0) | 日記
簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
RDF Site Summary
RSS 2.0