2014年12月11日

まだまだ・・・

先月の終わりから中3の教科書内容は一通り
終わったので、私立の過去問にどんどん
取り組ませています。
あわせて24時間耐久勉強会の勉強も
進めてますから、出来ているところは以前より
も増えてますが、まだまだ合格ラインには
届かない答案が多いです。
本当にその高校に合格するつもりがあるのか、
「なんとかなるだろう」「受かればラッキー」
くらいの気持ちでいるのではないでしょうか。
たとえ私立でも、受ける以上は絶対受かると
いう気持ちでやらねければ、絶対失敗します。
特に特進コースを受ける生徒はもっと本気度
を上げて欲しいものです。
そんなわけで、今日も合格ラインに全然
届いていない生徒には厳しく言いました。
全然知識が定着していないままだったので。

24時間勉強会の課題の一つに歴史年号100問
暗記というのがあります。
学校の先生からも「そんなの覚えても意味がない」
と言われた生徒がいるようですが、確かに
年号を直接問う問題はありませんから、歴史の
流れをつかめば、正確な年号を覚えていなくても
解ける・・・ということでしょう。
勉強というのはすべて「正論」で言ってしまったら
元も子もないわけで、それが通じるのは、こちらから
何も言わなくても、自分でできる生徒たち・・・。
しかし、うちの塾の中心である中堅層の子達は
まず「歴史の流れをつかむ」ということができません。
私も中学の歴史、高校の日本史と、どうやったら
好きになれるか、点数を上げられるか・・・と
考えたときに邪道だと言われても、まずは片っ端から
年号を覚えようとしました。
この年号を覚えるという作業で、大きな出来事や
並び替えの問題はほとんどはずさなくなりましたし、
極端な時代錯誤もなくなりました。
結局、中堅層の子に足りないのは必死に覚えようとする
気持ち、がむしゃらな・・・というか泥臭い
勉強をしてきてないんですよね。
何かを覚えるためだったら、暗記カードを作ったり、
部屋に貼ったり・・・できることはなんでもするはず。
今回、年号100問の課題を出して、初めて
「暗記カード初めて買いました」という生徒がいました。
そして、最初「こんなに無理」と言ってたものが
自分で語呂合わせを考えたり、工夫したり・・・
結局、こちらが口で言っても、本人が体で・・・
自分の手で覚えていくしかない・・・そして苦労して
覚えたことは意外に忘れないということにも気づく
はずです。
年号暗記はムダ・・・という正論に対し、私は
結果的に意味があるし、ムダではないと言いたいです。

塾の滞在時間が長い生徒が増えてきたため、塾で食事を
取る生徒が多いのですが、ほかの生徒の妨げにならない
ようにと、ベランダに出て、食事を取る生徒が多いです。
「カップ麺とかじゃなければ中でもいいよ」とは
言ってるのですが・・・。
そんなわけで、見るに見かねて、秘密兵器を出しました。
実は6年前の6期生も必要以上にベランダが好きな
生徒が多く、これを買ってしまったんですね・・・。
それ以降、封印していたのですが、とうとう6年ぶりに
復活です。
ちなみに寒さ対策として電気ヒーターも購入。
週末の昼時はベランダ族が増えそうだなあ・・・。

DSC_0253.JPG




posted by じゅくちょー at 22:59| Comment(0) | 日記
簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
RDF Site Summary
RSS 2.0