2016年06月09日

アクティブラーニング

指導要領の改訂で「アクティブラーニング」
という言葉が頻繁に使われるようになってきました。
じゃあ、実際我々の塾でどんなことができるのか
・・・どうしても形から入ろうとしたり、どっか
進んでいる塾を参考にしたりと考えていました。

でも、今日ウルスラ学院さんの説明会に行った際
校長先生のお話で、まずは生徒たちにどんな思いを
もって接していき、どうなってほしい・・・
そんなことを考えることの方が大事なんだなと
痛感しました。きっとその結果生まれた行動が
アクティブラーニングにつながるのだろうと思って
います。
実際、うちの塾では定期テストや模試の終わった後に
やり直しを強制し、79点以下の教科については
私との口頭試問もあります。
朝塾や土日など、自分から動けばかなり活用する
ことのできる「場」も提供しています。
いかに生徒たちを能動的に動かすかですからね。
結局は今までやってきたことから大きく変える
ことなく、何のためにやっているのかを子どもたちに
しっかり伝えていけばいいのだなと思っています。

今日も高校生が自習に来ていました。
いよいよ高1の子が朝塾参戦。
朝の活用は高校生こそ大事だと思っていますからね。

そういや、今日のウルスラの説明会に行った際
もらった学校案内に卒塾生が載っていました。
書いてある内容見て、笑ってしまいました。
私の伝えてた言葉がしっかり入っていました。
私の思いはしっかり伝わっているようです。(笑)

DSC_0038.JPG

週末の中総体。天気はなんとか持ちそうかな。
効率よく回ろうと思いますが、どうしても
見れない競技が出てきた際にはお許しください。


posted by じゅくちょー at 23:41| Comment(0) | 日記
簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
RDF Site Summary
RSS 2.0