2017年08月31日

MCP企画・・・とーま会

今年度、当塾のスーパーアドバイザー色川冬馬君
と進めてきた名学館チャレンジングプログラム(MCP)。
その第一弾として現在進めているのが、冬馬と
中学生の対話を進める「とーま会」。
今回は忙しい冬馬にかなりの時間をとってもらうため、
あえて有料にさせていただいたため、参加人数は
限定されてしまいましたが、中1で4人、中3で8人
が参加。1時間半×4回の計6時間ですが、かなり
濃い内容になっています。
中3は今日が最終回でしたが、だいぶ盛り上がって
いましたね。冬馬の体験談を交えながら、生徒たちに
「挑戦する」意味を考えさせ、変わるきっかけを与
えています。
IMG_2405.JPG

参加した生徒の心には冬馬の言葉がいろいろ
刺さったと思います。
親や私や学校の先生とも違う響きがあるはずです。
うちの塾に通うメリットは経験豊富な卒塾生との
交流ができることです。
「縁」は大切です。

うちの塾は以前にも書きましたが、勉強がすべての
塾ではありません。
いかに社会を生き抜く力を身につけるか、周囲への
感謝や気遣いを持てるか・・・そういったことも
考えて生徒に接しています。
生徒に強制することもありますし、今回のように
自由参加にする場合もあります。
これまでもさまざまな方法を試してきました。
これがベストというのがあるわけではありませんが、
学校やほかの塾では経験できないことをもっと
もっと経験させ、考えさせ、意識を変えさせたいと
思ってます。
9月23日には「塾寄席」として生の落語を
鑑賞してもらいます。
お越しいただく立川寸志さんとは前職の同僚。
彼と話している中で、落語を聞かせるだけでなく
ワークショップとして生徒と一緒に何か
やろうかと考えています。

IMG_2158.JPG


posted by じゅくちょー at 23:59| 日記

2017年08月30日

秋の企画

現在、秋の企画を立案中。
10月5日の名学館富沢校の日を中心に
9月の期末テスト後10月のみどり台中の
テスト前までにいろいろと実践していこ
うと思っています。
昨年中3に対して行った本物の裁判傍聴。
今年も中3を連れていこうと計画して
います。
お世話になっている仙台地裁の担当の方に
お話しましたら、今年も是非と言って
くださいました。
ありがたいことです・・・。
また今年はおととしまで行っていた
東北大法学部の模擬裁判も希望者対象
で連れて行こうかなと思っています。
今年のテーマはいじめの民事裁判と
いうことでいろいろ考えるきっかけに
なるかなと・・・。
更に以前告知しました通り9月23日
には本物の落語を聞かせる「塾寄席」も
実施。
そのほか卒塾生からの話をいろいろ
聞かせる場や1期生のバンド「それいけ
うさハム副鼻腔炎」さんにも来ても
らう予定です。
もちろんその分勉強はガンガンさせます。
そんなわけで、いろいろ準備に手間取って
いますが、ご案内の方は今週末か来週頭には
お送りできるかと思います。
名学館富沢校の日に生徒と保護者の方に
差し上げるプレゼントもほぼ決まりました。
こういうセンスはないので、喜んでいた
だけるか不安ですけどね・・・。

今月はいろいろあり、中2で入塾が1名、
中2と中3で退塾が1名ずつありました。
もちろん去る者は追わず、またうちの塾の
基準に合わない生徒には残念ながら
退塾を勧告します。

うちの塾は塾長の(好き勝手な)方針が
すべてです。
posted by じゅくちょー at 23:58| 日記

2017年08月29日

やらない生徒を救う塾ではない

生徒や保護者の方には面談の際にも
お話していますが、うちの塾はけして
優しい塾ではありません。
どんなに意欲があっても、どんなに
言葉を飾っても、行動がすべて。
やれと言ったことはどんなことがあっ
てもやらなければいけませんし、覚えろ
といったことはどんなことがあっても
覚えようとしなければなりません。
もちろん言われた締め切りは厳守。
部活や習い事は言い訳にはできませんし、
それを認めるほど甘くはありません。

我々の仕事は易しく教えることではなく、
生徒が自らの意思で勉強に取り組み、
目標を持って頑張るようサポートすること
です。
ですから、点数が上がったことや志望校に
合格することはもちろんですが、明らかに
意識、行動が変わった姿を見る方が私と
しては嬉しいのです。
塾はふつう、一時期、テストのため、入試の
ために通うところでしょうが、私の方針は
私は生徒の幸せな人生をずっと応援したい
というものです。
よく高校入試は通過点と言いますが、
私にとってもまさにそう。
高校合格で終わりではありませんし、
不合格になったからといって、敗者になった
わけでもありません。
もちろん本人や保護者の方にとっては
人生の一大事ですから不合格になれば
恨まれるのもやむをえません。
ただ、高校も大学もそこでどう過ごすか
が大事なのはわかっていますし、冬馬の
ように高校受験は失敗してもその後、
立派な人生を送っている生徒を何人も
見てきていますから、それで気持ちが
ぶれることはありません。

そんなわけで、苦労せずに成績を
上げたいとか、地道な努力を嫌がるとか
親に言われて仕方なく・・・などという
生徒はうちの塾には向きません。
最近、小学生や中1、中2に言ってますが
途中式を書かないこと、答だけを
書くことがスマートだと思っている生徒。
これは私が大嫌いな生徒です。
そしと中途半端な理解でわかったふりを
する生徒、口だけの生徒も嫌いです。
私はやらないのであれば、塾をやめなさい
と言ってます。それはお互いのために
ならないからです。

卒塾生のがんばっている姿を見ると
やはり厳しい対応はのちのちのためにも
間違ってないのだろうなと思ってます。
posted by じゅくちょー at 23:57| 日記

2017年08月28日

愛と感謝

昨夜も冬馬がアポなしで来塾して、
いろいろ二人で語ってました。
そんな中「この本読んでみて。
塾長がいつも生徒たちに言ってる
ような話だから・・・」と。

IMG_2400.JPG

数時間で読破しましたが、なかなか
おもしろかったし、共感できる
箇所がいっぱいありました。
就活の話なのですが、あれ?意外に
共通するところあるなあと。
名の知れた大企業がベストのように
思われがちだけど、大企業がやりがいが
あり、本気で社員を育てようとしている
かは疑問。
もっと学生が企業を調べ、話を聞かないと
ダメ・・・。
塾でも同じことが言える気がしています。
確かに大手に通っていれば安心・・・
というのはありますが、その子の成長に
役だっているかといえば、そうとも言え
ません。
そして企業で言えば社長・・・塾で言え
ば塾長が大事。どこで働き、どこで
学ぶかではなく、「誰と」のほうが大事
であるとも言えます。

本に書いてあった中で印象的だったのが
感謝の効能
感謝は健康を増進する
感謝は幸福を生み出す
感謝は金運の招き猫
感謝は勝利の導き神
感謝は人脈を広げる

ああ、まさに私の考えてたこと。
特に2番目の感謝が幸福を生み出す
・・・これは大事です。
感謝した方もされた方もハッピーになる
のは間違いない。であればどんどん
感謝の思いを言葉や態度に表せばいい
のです。どんなに小さなことでも
感謝されれば相手は嬉しいはず。
私は「ハッピーワード」と勝手に
言ってますが「ありがとう」とか
「おめでとう」とか「よくやったね」
とか・・・そういう言葉は場の雰囲気
も明るくし、みんなを幸せな気持ちに
させます。
怒ってばかりの私ですが、一方で
できるだけ感謝の言葉やお祝いの
言葉は数多く言うようにしています。

そして「愛」。
13期生の時から苦手教科があるのは
「愛」が足りないから。
その教科を愛し、志望校を愛すれば
必ず向こうが振り向いてくれると。
就活で言えば企業への愛
受験で言えば志望校への愛
これが大事です。
最近は恋愛経験の少ない若者が増えて
いると聞きますが、片思いでも
相手のことを考え、気遣う経験
の多い人は間違いなく人間力が
高いです。
そういう意味でも私は塾生のみならず
卒塾生のことも徹底的に愛しています。
そして保護者の皆様のことも愛して
います。
そのおかげで、こんな50過ぎた
おじさんにもみんな普通に接してくれ
ますし、信頼もしていただけるのだと
思ってます。
苦手教科への愛
勉強への愛
志望校への愛
仲間への愛
家族への愛
そして塾長への愛・・・。
もってほしいなあ・・・。

今日、高校時代の友人とランチして
いろんな話をしてきました。
私は人と会う時はなるべく同じ業界
の人ではなく(同じ業界の人は
話してても新鮮な話が出てこない
ので・・・)、異業種の人と会うよ
うにしています。
塾という枠組みを越えて、新しい企画
を生み出したい・・・。
そんな思いです。
posted by じゅくちょー at 22:58| 日記

2017年08月27日

中1、中2模試

夏休みの集大成で今日は中1、中2の模試を
おこないました。

IMG_2399.JPG

答案をざっと目を通しましたが、まだまだ
力が定着してないなああというのが実感です。
まずは自分の力をしっかり認識し、どう
進めていくかを考えるきっかけにしてもらいたい
と思います。
授業への取り組み、勉強への取り組みなども
改めて話し、特に中2に対しては半年後に中3に
なることを意識させ、真剣に取り組んで欲しい
し、ちょっとでも楽しようという気持ちが生まれ
ているのであれば、塾をやめてほしいと話し
ました。
こういった私からのメッセージがどんな風に
生徒たちに届いているのかわかりませんが、
言い続けていくしかないのだろうなという気が
しています。
明日から中2は夏休みに出していた課題テストに
取り組んでもらいます。
どういう結果になるか楽しみでもあります。

そろそろ教室は期末テストに向けての雰囲気が
高まります。
中学生も高校生もガンバレ。

posted by じゅくちょー at 23:59| 日記

2017年08月26日

プライベートでお休みいただきました

今日は午後からプライベートでお休みを
いただきました。
できるだけ生徒に迷惑の掛からない形で
お休みをいただくことがございますが、
その節は何卒ご了承ください。
で、今日は何だったかというと
キスマイのライブでも楽天観戦でも
なく、サンプラザでの「Rebecca」
のライブ・・・。
生徒はもちろん、保護者の方の中にも
知らないという方がいても不思議じゃ
ないですよね。
私が大学生の頃、Hound dog、プリプリ、
バービーボーイズとともに夢中になってた
バンド・・・。
28年ぶりのツアーで仙台にも来てくれ
ました。3年前に横浜アリーナにも見に
行ったのですが、仙台で見るのは本当に
大学の時以来・・・。いやあ、よかった
なああ。今聞いても歌詞もメロディーも
古さを感じない。
「だけど明日はきっといいことあると
信じてたいよMaybe Tomorrow〜♪」
今まで何度も励まされたなあ。
これでしばらくがんばれます。

IMG_2398.JPG

20994295_1413991512042025_9065010259330857936_n.jpg

今日の午前中は宮城野高校のNちゃん
に来てもらって、中3生に宮城野
高校の魅力を語ってもらいました。

IMG_2396.JPG

Nちゃんは本当に宮城野が合ってた
なああ。
Nちゃんも言ってましたが、宮城野は
校則がないせいか、保護者の方からは
煙たがられることも多いですが、本当に
生徒たちは生き生きしてて主体性が
あるように感じます。
いわゆる「ザ・高校生」ではないけど、
一番社会性を身に着けられる学校なので
ないかなと思ってます。
中3生たちはどう感じてくれたかな。
今日は南高校などが文化祭でしたし、
宮一のオープンスクールなどもあり、
自習生は少なかったですね。
私の留守中は頼りになる11期生の
Sちゃんに留守番を頼んでました。
こうやって気軽に卒塾生が力になって
くれるのは本当にありがたいことです。


posted by じゅくちょー at 23:59| 日記

2017年08月25日

中3・8月みや模試結果

本日、中3の8月新みやぎ模試の結果が
返ってきました。
例年8月は塾の平均が下がるものですが
なんとか持ちこたえてくれました。
今回、作文や記述問題など採点の厳しい
ところもありましたが、まだまだ
点数取れるなと感じました。
県平均264.0点に対し、+87.8点の
351.8点が塾内平均。
偏差値に直すと60です。
まずは平均偏差値で60を越えることが
でき、ホッとしています。
(  )内は県平均との差
理科75.8点(+20.8点)
社会74.7点(+21.7点)
数学72.0点(+22.0点)
英語64.9点(+15.9点)
国語64.4点(+7.7点)
国語をもう少し伸ばさないといけない
感じですね。

富中の中3のテスト範囲も出ました。
3日の日はテスト対策の先陣を切って
茂庭台中と柳生中のテスト対策です。
中3はこの時期はあまりノルマを課さず、
確実に定着させていきます。

posted by じゅくちょー at 23:59| 日記

2017年08月24日

思い立ったら即行動

私が自営業をやっていて、良かったなあと
思えることはまず時間を自由に使えること。
このおかげで、平日の日中、すいてる時間に
映画を見にいったり、本を読んだりができます。
そして自分が思い立ったことはめんどくさい
決裁書を書くこともなく、上司の顔色を
伺うこともなく、即行動に移せることです。
サラリーマン時代に比べ、いろいろ大変な
こともありますが、これは一番大きいです。
サービス業である以上、お客様の立場に
立って、お客様の求めているものを提供する
のが基本でしょうが、私のように才能も
お金もない人間にとっては、自分のできう
ることしか提供できません。中途半端に
要望を聞いて、中途半端な対応になるくら
いんら、私のやりたいようにやって、
それに共感してくれる人に喜んでもら
えるサービスを提供しようと考えるように
なりました。
ですから、うちの塾は万人受けしませんし、
辞める生徒、そもそも入ってこない生徒
もたくさんいます。でも一方で名学館色に
染まった生徒は強い縁ができていくような
気がしています。

先月結婚式に招待された4期生のKちゃんが
日中来訪。直接のお礼とお土産をもって
来てくれました。本当にいい結婚式
でしたので、話も弾みました。
・・・にしてもKちゃんとは14年半の付き合い。
一生続くんだろうなああ。

昨日の午前中も13期生の高2のRちゃんが
「まだ夏休みなので、おしゃべりに行きます」
と来てくれ、昼食をはさんで3時間延々
語っていきました。
Rちゃんも5年の付き合い。名学館色に染まって
いる子のトップクラスです。(笑)
彼女のおかげでジャニーズの話にもついて
行けるようになりました。(笑)

今日の午後は14期生の高1のKちゃんが自習に
来て、まだ誰もいなかったんで、いろんな
話をしてしまいました。

夕方には10期生のY君が帰省のついでに
中3生への差し入れを持ってきてくれました。
入塾時の私の想像と違って、すごくマメ。
もしかして、彼も名学館色にそまった1人かな。

おかげさまで楽天の9、10月分のチケットは
すべてはけました。お申込みいただいた皆様
ありがとうございました。
あと1試合雨で中止になった試合の振替が
決まってないのがありますが、それはまた
決まり次第お知らせします。
この年間シート購入→塾生、卒塾生、保護者の
皆様へプレゼント企画も良かったのか
イマイチだったのかはよくわかりません。
自己満足かもしれませんが、ほかの塾では
やってないことをでき、多くの方に喜んで
もらえたことを考えると、無駄じゃなかった
かなと思ってます。

思い付き企画といえば、ベラ女(ベランダで
勉強する女子生徒)のために「人工芝」を購入
しました。
14期生の子が残していったレジャーシートが
ぼろぼろになったので・・・。
生徒が帰った夜に敷いてみましたが、なかなか
いい感じ。
自分で何やってるんだろという気がしましたが
そもそもベランダで勉強している生徒も普通じゃ
ないし(笑)、もう名学館は何でもあり・・・
というのが定着してますからね。
あきれるを通り越して、「すごい」と言われる
までになってますから・・・。(笑)
きっと喜んでくれるでしょう。

IMG_2392.JPG

IMG_2393.JPG

今日で1名退塾。
残念ですが、去る者は追わず、静かに
縁を切ります。
うちの塾は卒塾生が高校生になってから
再入塾する以外は再入塾は求めていません。
いったん離れた気持ちはなかなか
元に戻ることができない・・・そう思って
いますので。
そういうわけで、期末テスト明けから
中2を1名募集します。





posted by じゅくちょー at 23:39| 日記

2017年08月22日

漢検実施&とーま会も大詰め

まだ夏休みが続いている生徒もいますが、
市内の中3はみんな学校が始まりました。
朝塾もいつも通り生徒が集まり、
夜はカバンや制服を置いて、教室が
第二の家になる生活が再開しています。

IMG_2391.JPG

IMG_2390.JPG


今日は今年度1回目の漢検を実施。

IMG_2388.JPG

生徒の保護者の方を含め、13名が
チャレンジしました。少しでも上の
級をとろうという気持ちの子が多く、
非常に良い傾向だと思います。
漢字が苦手な生徒ほど積極的に
チャレンジしてくれたら嬉しいです。

とーま会も今日で3回目が終了。
IMG_2382.JPG

3回目ではディスカッションの時間も
設け、生徒に自ら考え、発現させる
経験をさせていました。なかなか
自分の意見を言えない子が多い中、
こういう経験も大切ですね。
いよいよ来週が最終回になります。
今回は12名の参加でしたが、part2
や高校生バージョンも予定していき
たいと思ってます。

お蔭様で楽天チケットの申し込みが続き、
残るは8月31日の西武戦と9月9日の
オリックス戦のみになりました。
ご希望の塾生、卒塾生、保護者の方が
いらっしゃいましたらぜひお申込み下さい。
posted by じゅくちょー at 23:50| 日記

卒塾生との縁

このブログでも何度も書いていますが、
私は塾経営の中で一つ心に決めているの
が「卒塾生を大切にする」ということです。
現在通って下さっている生徒さんを大事
にするのは当然です。
でも、授業料を払っていただいている期間
だけ面倒見て、塾を卒業したら「バイバイ」
ではあまりに悲しすぎまず。
そもそも私の場合、生徒の点数アップや
志望校合格だけを目的にはしていません。
その子が成長し、高校、大学、社会人と
なっていく中で幸せな人生を送ってほしい
その思いが強いです。
確かに生徒数でも合格実績でも、
教育に関する知識でもほかの塾に負けて
いるところが多いです。
まして生徒に媚びを売るようなことは
していないので、「面白い塾」「楽しい塾」
でもありません。
ただ、そんじょそこらの塾長たちには
経験や発想、コミュニケーション力など
では絶対に負ける気がしません。
うちのような小さい塾では普通のことを
やってるでけではあっという間につぶれて
しまいます。
ですから、ほかの塾ではできないことを
どんどんやっていってます。
朝塾、楽天観戦、塾Tシャツの製作、
裁判の傍聴に行ったり、旅行に行ったり。
今年は落語鑑賞も予定しています。
そういった中で私の考えを理解し、高校受験
までついてきてくれた卒塾生には感謝の
気持ちしかありません。
ですから卒塾しても様々な形で応援
したいと思ってます。
卒塾生は既に200人を越え、その半分以上が
大人になっています。
彼らもまた、名学館を愛し続け、後輩たちを
支援したいという気持ちを持ってくれています。
私が理想としている塾生、卒塾生、保護者、
講師を交えた一つのコミュニティ作り・・・。
だんだん形になってきています。
先日、卒塾生同士の結婚式に呼ばれましたが、
幸せそうな二人の姿を見て、本当に幸せな
気持ちになりました。
今、2期生の冬馬が精力的に頑張って活動
しています。
講師として頑張ってくれている卒塾生もいます。
後輩のために忙しい時間を割いて、自分の高校の
話をしに来てくれる子もいます。
私が頼むと嫌な顔一つせずにお手伝いをしに
来てくれる子がいます。
そんな卒塾生たちは私にとって誇りであり、
宝です・・・。
私自身卒塾生と食事したり、飲みに行ったり
する中でたくさんのパワーをもらってます。
生徒たちもきっと同じはずです。

大人になる、社会に出る、仕事をするという
のは自分の好きなことをやることではありません。
相手(お客さん)に喜んでもらう、そしてそれにより
相手も自分もハッピーになる・・そういう考えが
必要です。
今はまだ、誰かに「してもらっている」時期であり
自分の好きなことをやっている時期です。
でも大人になったら自分のためにではなく
相手のために、相手を喜ばせるために行動しなければ
なりません。そういったことも卒塾生との
交流を通じて、学んでいってほしいと思います。

こないだ話に来てくれた高校生からのメールに
こんなことが書いてありました。
「何でもお手伝いします。もっと頼りになる卒塾生
になれるように頑張ります」
「これからも何かあったら呼んでください。
力になれることがあれば中3生をほんとに応援
したいです」
こういう思いをもつ子たちであればどんな道に
進もうと、きっとうまくやっていけると思います。

夜の11時すぎに既に働いている子が仕事のことで
相談にきました・・・。
厳しいことも言っちゃいましたが、こうして
頼ってくれるのも嬉しいことです。

10年前、ある生徒から「友達に名学館に
通っていると言ったら、バカにされた」
という言葉を聞いて以来、私はずっと
「塾生や卒塾生や保護者の方がうちの塾を
自慢できるようにしよう」・・・ずっと
その思いでやってきました。
あの言葉はきっと一生忘れないでしょう。
うちの塾に入っていない子、途中でやめてしまった
子たちがものすごくうらやむようなコミュニティ
を今後も作っていきたいと思います。

楽天チケット
以下の試合のペアチケットがあまってます。
ご希望の方はお早めにご連絡ください。
8月25日(金)日本ハム戦
8月29日(火)西武戦
8月31日(木)西武戦
9月8日(金)オリックス戦
9月9日(土)オリックス戦
9月18日(月・祝)ロッテ戦
posted by じゅくちょー at 10:21| 日記