2018年02月22日

後期倍率発表

今日、公立高校後期選抜の倍率が
発表になりました。
向山の普通科が低かったことを
除けば全体的にそこそこの倍率。
二華も一時期の低倍率から他の学校
なみの倍率になってきました。

今回うちの生徒が受ける中では
仙台三高の理数科が昨年から
大きくアップして2.54倍とかなり
高い倍率。宮城野普通科や仙台南
なども1.6倍を超えています。
・・・とここでバタバタしがちですが
どんなに低倍率でも高倍率でも
受かるときは受かるし、落ちるときは
落ちるものです。
そして倍率が高いからといって、
みんなが自分より実力のあるやつら
とは限りません。
去年の二華の時にも話しましたが、
倍率が低いことを狙って力のない
やつも出願しているものだと。
ですから、数字に振り回されることなく、
自分のやってきたことを信じて
ほしいと思います。
必ず結果は出ます。

いずれにせよ、今回の倍率発表で
気が引き締まったことは確かです。
今まで「朝起きられない」などとほ
ざいていたやつらも、誘惑に負けて
いた連中も本気を出すと信じています。

今、前期合格メンバーは後期メンバー
の応援企画を進めています。
少ない人数ながらよく頑張っていま
す。このあとテストが終わった高校生
の力も借りて、なんとか間に合わせ
たいと思います・・・。
という私もDVD作りやメッセージ作成
など、まだまだやることがいっぱい。
来週が正念場です。
posted by じゅくちょー at 23:30| 日記

2018年02月21日

努力している子が成績アップしてくれると嬉しい

中2の方は期末テストの結果が出そろいましたが、
中1は約半分・・・。
ただ、中1の方はまずまずの結果が出ていて
ホッとしています。
中1も何とか平均400点は行きそうです。
テストが却って来るたびに思いますが、
努力してた子と明らかに手を抜いていた
子というのはテスト対策の時点でわかり
ます。それだけにテストの結果は割と
納得することが多いのですが、
時に努力していたのに点数が取れない
子もいます。
そういう子に対してはもう少し
何とかしてあげられなかったかなと
反省することもしばしば。
でも、努力が実って結果を出してきた
時には本当に嬉しいです。
今回初の400点越えをした子がいますが、
その子は傍で見ていてもまじめに
コツコツ頑張っている子。そういう子が
結果を出してきたので、本当にうれし
かったです。

今日の中3の南コースは平成20年度の
公立高校の数学の問題・・・思いのほか
みんな、さらっと解いていて、満点の子も
いました。
あと2週間ちょっと・・・なんとか仕上がって
きた印象です。
まだまだ粘ってほしいですね。
明日は倍率が発表されるはず。
予備倍率は全く見てませんでしたが、
今回はどうなるか、塾生が受ける高校だけ
は倍率低いことを望みます。
posted by じゅくちょー at 23:21| 日記

2018年02月20日

日々動きがあります

中1(新中2)で一人退塾がありましたが、
今日すぐにお問い合わせの電話が入り、
週末に面談をすることになりました。

できるだけ退塾のないように最初の面談
において、私の考え方を包み隠さず
お話していますし、うちの塾でできない
こと(振替や個人的要望など)についても
話をしています。
しかしながら、実際に入塾してやってみない
とわからないというのも事実。
今回、退塾に至った子も、最初はなんとか
ついていこうと必死だったけど、厳しか
ったと・・・。
私や親御さんは励ますことはできても
代わりにやってあげることはできません。
量ではないとも言われますが、中学生のうちは
ある程度量をこなしていくことも大事。
最初は泣きそうで「やめたい」を連発していた
子が、中3になるとすっかり「勉強体力」が
ついて大量の課題もなんなくこなすように
なっている・・・ということはよくあります。
どこで判断するかは非常に難しいところです。
ただ、一方で苦しいだけで何も楽しくない
と感じるのであれば、環境を変えてみるという
のも一つの手だと思っています。
退塾の連絡をいただいた際、一切引き止める
ことをしないのもそのためです。

今これだけ多くの塾があります。
ただ、それぞれの塾がどんな特徴があり
どんな方針でやっているのかは見えにくい
ものです。
私自身も途中退塾の生徒が出てしまうのは
悲しいことですので、できるだけこのブログ
やホームページを通して塾のありのままの
姿、私の考えを伝えていきたいと思って
います。
今回は塾生のご紹介のようなので、多少は
安心しています・・・。
posted by じゅくちょー at 23:59| 日記

2018年02月19日

期末テスト中2結果

中2の期末テストの結果が出そろいました。
今回は前回に比べ点数を落とす子が多く、
なかなか思うような結果が出ていません。
うちの塾の基準でもある400点越えが
14人中8人という寂しい結果です。
それでも何とか平均は402.4点と
400点を超えることはできました。
そんなわけで、400点以下の生徒の
私との面談や79点以下の教科の
口頭試問を受ける生徒が数多くいます。
この時期はどうしても中3に指導が
偏ってしまうので、申し訳ない気持ち
ですが、中2生の場合、既に7度も
定期テストを経験しているわけで
すから、誰に言われるでもなく、もっと
とことんやってほしかったですね。

3月6日の公立高校後期選抜が終われば
中2生も受験生と呼ばれます。
来月、新中3に対して高校入試準備
講座も始めます。
そのあたりも含めて週末の集会で
いろいろと話をしたいと思います。

中1(新中2)で1名退塾者が出た
ため、募集をかけたいと思います。
厳しい環境でもやる気をもってがん
ばる意思のある子ならどなたでも
歓迎します。
ご興味のある方はぜひお問い合わせください。
4月〜の入塾でもOKです。
posted by じゅくちょー at 23:44| 日記

2018年02月18日

中3最後のテスト

ここまで中3に対して模試や実戦問題を
繰り返してきましたが、今日がラスト。
公立高校後期選抜の時間通りに5教科の
テストをしました。
テストを終えて、気づいた点を話しまし
たが、先日話したことがまだ直って
いません。
入試は1点勝負であることを認識し、
空欄は作らない、書き抜きは1字1句
丁寧にチェックする、余計なことは
書かない・・・問題への気遣い、
問題作成者の意図を考える・・・
さすがにこれだけ言えば、頭には
残ってくれるかなと思ってます。
あと2週間。持っている知識を
しっかり定着させてほしいです。
来週の土日は理科と社会のポイント
を解説していきます。
強も高校生が6人自習に来ていました。
黙々とがんばる姿はやはり受験期に
必死に頑張ったからこそ身についたの
だと思っています。
今日も中2(新中3)で1件面談。
前向きに体験授業を受けてくれるよう
なので、なんとか中3がスタートする
前に定員の15人になりそうです。
新小5〜新中1のほうにもポツポツ
お問い合わせが入っています。
新小5はひとまず1グループでスタート
させたいと思っていますので、
一旦募集を停止します。
新小6、新中1もこの段階では
10名程度に抑えたいのでいったん
募集を停止する可能性もあります。
その際にはご了承ください。
終楽旅行の手配はほぼ完了。
中3への卒業お祝いの品も発注完了。
高3へのお祝いもほぼ完了。
あとは壮行会の予定を決めないと。
就職組へのお祝いを今週中に。
・・・やはり確定申告から逃げている
気がします。今週から少しずつ・・・。

posted by じゅくちょー at 23:59| 日記

2018年02月17日

中3チェック

今日は朝9時半〜夕方4時半で
中3後期メンバーに
理科記述テスト
社会記述テスト
基本漢字
基本英単語
のテストをしました。
理科と社会の記述は記述問題集
を全部暗記してくるように指示を
だし、漢字は夏から冬にかけて
やっていた漢字リーグから出すと。
これから入試に向けてはいかに
失点を減らすかです。
そのためには基本事項を体で
覚えさせることしかないと
思っています。
今日、追試になったメンバーには
大いに反省を促しました。
今日、中3全体に対しても
時間を無駄にしないこと、そして
自分中心にならないことを説教
しました。
どうしてもこの時期は実戦問題
を解くことで満足しがちです。
確かに演習量は大事です。
ただ、定着させる努力も必要です。
そのためには時間を惜しんで
集中することです。
入試直前の30分も、今の30分も
同じなのですから・・・。
また、いつも私がうるさいくらいに
言っている周囲への気遣い。
これは入試直前のこの時期において
こそ重要です。
周囲への気遣いのできる人は問題の
読み落としがありませんし、ひらめき
力もあります。
自分自身、あるいは問題を客観的に
見ること、問題作成者の意図を
くみ取ること・・・これが入試での
差になります。
私が何を言いたかったのか、少しは
感じてくれたようです。

今日も高校生が自習頑張っていました。
高1の子で模試で校内1番になったと
報告してくれた子がいました。
勉強は高校入試で終わりではない
常に高い意識で取り組んでくれてること
が嬉しいですね。
塾は成績を上げて、志望校に合格させる
ことが仕事です。
ただ、私自身は塾を通して、高校受験
生活を通してもっと大事なことを学ばせたい
と思っています。

昨日は12期生(高3)で大学が決まった
3人とランチしました。
3人とも中学時代と変わらない真面目さと
先のことをしっかり考える大人っぽさと
があり、話しててとても楽しかったです。

個人塾をやっていると考え方が凝り固まったり、
古い考えからなかなか抜け出せないことが
あります。
もちろん譲れない部分、ぐらついては
いけない部分もありますが、個人塾だから
こその柔軟性をもって対応していきたいとも
思っています。
そこで頼りになるのが卒塾生の存在です。
高校生から20代後半の社会人まで
いろいろヒントをもらうことがしょっちゅう
あります。
卒塾生の数もだいぶ増えてきました。
この時期は多くの卒塾生と会う機会があります。
いっぱい話聞けるのが楽しみです。

今日も小6(新中1)の方と面談しました。
どこでどうつながっているか、うわさが
たっているかわかりませんが、ありがたいことです。
卒塾生の保護者の方からも弟さんを
入塾させたいという連絡をいただきました。
来週中には春期講習の予定をたてなければ・・・。
(完全に出遅れ・・・)


posted by じゅくちょー at 23:59| 日記

2018年02月15日

この時期はストレスをため込まない

この時期は1年間の中でも一番やることが
多い時です。
中3の受験対策がほとんどですが、
それと並行して
確定申告の準備(まだやってない)
中3後期選抜壮行会の準備(前期合格メンバーに委託)
中3終楽旅行などイベントの準備(まずまず順調)
高3・12期生の卒業お祝い企画(あまり手つかず)
就職お祝い会の準備(まだまだ・・・)
春期講習の告知と準備(来週には・・・)
新年度のシフトと講師採用(来週から本格始動)
その他、中1準備講座準備や中3の受験が
終わった後の3月授業、新中3、新中2の保護者向け
高校入試説明会企画・・・
・・・この程度かと言われればこの程度ですが
一つ一つに思いを込めて取り組むので
(確定申告以外)、去年と同じでいいやにならず、
プレゼントの選定やメッセージカードをどうし
ようかとか・・・。
全ての企画において、卒塾生をだいぶ頼って
しまいます。ほんと、力になってくれる卒塾生は
心強いです。
私一人では絶対に無理だろうなと思って
います。
まあ、そんなわけで疲れとストレスが出てきそう
ですが、そうならないためにも、多少の逃避は
必要かなと。
私の場合、ここ最近は映画・・・。
1月から既に7本の映画を見にいってます。
今週もおとといに「犬猿」そして今日は
「今夜ロマンス劇場で」と1週間に2本も見て
しまいました。
最近は涙腺がゆるゆるなので、どっちの映画でも
泣いちゃいましたわ。
来月は入試が終わった後(3月18日)に好きな
バンド(たんこぶちん)のライブもあり、
楽しみ楽しみ。
もちろん、中3との旅行や楽天観戦ツアーも
めちゃ楽しみです。
とはいえ、中3の後期メンバーへの支援が
一番大事です。
昨日、ベラハ浸水事件もあったりして
迷惑をかけていますが、どんな状況でも
頑張れるのが名学館生。
桜が咲くのはもうすぐです。

中学生の定期テストも明日の袋原中で
ラスト。中2の方はなかなか思うような
結果が出てませんが、来週末に中1、
中2とも集会をして新年度への気合を
いれていきます。
posted by じゅくちょー at 23:43| 日記

2018年02月14日

塾選びの参考に・・・

この時期、塾を探される方も多いと思います。
うちの塾も多くの方に選んでいただきたいと
思いますが、こればっかりは相性のような
ものもありますから、それぞれの塾の特徴
をしっかり見て、選択していただきたいと
思います。
まず、うちの塾ですが
募集は新小5〜新中3で高校生は卒塾生
のみの受け入れになります。
また二華中、青陵中受検希望の方の
受け入れはおこなっていません。
新中3と新中2はお問い合わせの方を
含め、定員15名になっているため、退塾者
が出ない限り、現時点での次年度の募集はありません。
(募集再開の際には、このブログにてお知らせ
します。キャンセル待ちはしていません)
新中1はお問い合わせが続いていますが、あと
5〜6名は大丈夫です。
新小6、新小5はグループ、曜日の都合が
ございますので、いったんお問い合わせください。
このように定員を設けたり、学年を限定したり、
人気の中高一貫校の受検対策を行わなかったり
するのは、単に私のパワー、教室のキャパの
問題です。
いろんな層の子どもたちを受け入れれば売上
も上がるのでしょうが、中途半端な対応になって
ご迷惑をお掛けするわけにはいきません。
また私がすべての生徒の動向を把握したいと
いうことを考えても教室の拡大はあまり考えて
いません。
以前、1学年の定員を20名にしていましたが
今の中3から15名にしています。
私にとっては信頼関係を作り、コミュニケー
ションを取り、ひとりひとりの状況を把握し、
対応するにはマックスな人数だと思っています。

うちの塾は厳しいという噂も出ているようですが、
ごくごく当たり前のことをやらせているだけ
です。
塾の基準は評定平均4.0以上、
定期テスト400点以上
模試では塾平均を南高校A判定を超え、
全員の偏差値が50以上
です。
もちろん、今現在も塾生全員が400点
超えているわけではありませんから、まだまだ
やるべきことをやらせなければなりませんし、
やり方も考えていかなければなりません。
ただ、本気で400点を取ろうとしているのか、
とれたらいいなくらいにしか考えていないのか
その違いは大きいですし、後者の場合、うちの
塾では合わないと思っています。
よく「勉強のやり方がわからない」というご相談
もお受けしますが、乱暴な言い方ですが、
勉強のやり方が・・・と言っている人に限って
当たり前のことができていな人が多いです。
テスト前にワークを1周やるのが精いっぱい、
問題を答えを見ながら解いて、「やった」と
豪語する、覚えるための練習をせず、
「私は暗記が苦手」などという・・・。
私にとっては勉強のやり方も何も、まずは
学校のワーク最低でも3周はやって、英単語も
漢字も理社の用語も数学の公式も覚えて
からの話だと思ってます。
それをやらずして、勉強のやり方もあり
ません。
うちの塾はけして楽な勉強法や効率の良い
勉強法を教える塾ではありません。
(もちろん、作業しかやっていない生徒には改善
を促しますが・・・)
やらなければいけないことはわかっている
けれど、自分に甘くなる・・・そういう生徒に
対し、親ではない我々外部の人間が強制的に
やらせる・・・そんなイメージだとお考えください。
ですから、もともと楽に勉強したいとか
自分のペースでやりたい、強制されるのはいやだと
いう生徒には向いていません。
まずはそのあたりをご理解いただきたいと思って
います。
また、うちの塾は小さな塾ですから個々の要望に
対応していると回らなくなってしまいます。
そういうこともあって、修学旅行など学校全体の
泊まり行事や塾都合によるお休みをのぞいて
振替はおこないません。
これもあとでクレームにならないように事前に
はっきり申し上げています。
もちろん、事前に分かっている習い事などに関して
は考慮したうえで曜日を設定させていただきます。

自習は推奨していますが、テスト前など、混雑する
時期は時間や日にちを調整させていただく場合があ
ります。
うちの塾は中3が主役の塾だと考えていますので
中3を最優先に他学年の補習等も調整しています。
そのため、中3以外の学年の生徒にはいささか
窮屈な思いをさせる場合もあります。

塾長が古い人間なので、いくら勉強ができていて
も積極性、挨拶、周囲への気遣い、約束など
1人の人間として当たり前の行動ができていない
場合、厳しく注意します。

塾内においては模試の順位、点数を貼り出したり、
自分の受験する高校を宣言させたり・・・
塾内での競い合い、そして団結力をはぐくみます。

個人塾ですので、やれることにも限界があります。
ですから「なんとかしてくれるだろう」という
受け身の生徒には向いていません。
むしろ、塾を利用するくらいの積極性をもった
生徒を歓迎します。
もちろん、入塾したことで変わった生徒は
多数いますが・・・。
といろいろ書きましたが、私という人間を理解
していただければ、この塾でやっていくのは
そんなに大変なことではありません。
中3くらいになってくると、私が何を
考えて発言しているのかがわかってきますし、
私に言われる前に行動できる子も増えてきます。
私自身、一般的な「塾」というものにこだわり
がありませんので、「塾だから普通こうする」と
いう考えはありません。
やったほうがいいなと思ったことをどんどん
やり、生徒にもやらせていきます。

退塾者が多いのは、やはり私の説明不足も
あると思っています。
オールラウンドな塾が多いですが、うちの塾は
そうではありませんから、入塾の時点で
慎重にお考えいただきたいと思います。
なお、一度退塾した生徒の再入塾は受け付けて
いません。(卒塾生の子が高校生で再入塾
するのはOKです)
退塾というのはどんな理由であれ、うちの塾に
不満をもったことです。
私が変わらない以上、再入塾しても何らかの
わだかまりをもってしまいます。
その点もご了解ください。
なお、高校受験前に途中退塾した生徒とは
いっさい縁を断ちますのでご安心ください。

来月の中3終楽旅行の準備も着々と進めて
います。今回で3回目ですが、去年も
おととしも生徒たちの嬉しそうな顔を見れた
ので、今年も楽しみです。



posted by じゅくちょー at 01:28| 日記

2018年02月12日

中3入試対策

昨日今日と中3後期メンバーは
後期と同じ時間で入試予想問題に
取り組ませました。

IMG_3161.JPG

ここで一気に点数が上がる・・・と
はなりませんが、答案用紙の端々から
いろんなことを感じ取ることができ、
どういう点に注意しなければならないか
を話しました。
一方で、成長している部分もあり、
残り3週間、どれだけ1点にこだわる
意識を持てるかかなと思ってます。
もうひと踏ん張りです・・・。

昨日はテストが近い高1、高2生が
自習で頑張っていました。
中3がこの予想問題に挑戦している
間、ベランダハウスを高校生に使わせ
ました・・・。
「快適」と好評でした。
「寒くないんかい?」と聞きましたが
「これくらいが眠くならなくてちょうどよい」
という返事・・・。そんなもんかなあ。

昨日は11期生メンバーが3人、授業後に
顔見せに来てくれました。
昨年3月の高3卒業旅行の時にも感じ
ましたが、みんなしっかり大人になっている
なあと。
私と話していても言葉遣いや気遣いなど
ができます。
彼らが来年成人式を迎え、また一緒に
飲みに行けるのを楽しみにしています。

高3も学校が自由登校になったようなので
既に進路が決まった生徒をランチに誘って
行こうと思ってます。今週の金曜日、第一弾です。

最近、毎日のようにお問い合わせをいただいて
おります。
まだ春期講習も中学準備講座もスケジュールが
決まっていないというのに・・・。
いつも対応が遅くて申し訳ありません。
他塾のチラシを見て、焦る日々です。

現在新中3が1名空きで1名問合せ中、
新中2も1名空きで明日、1名体験・・・
ということで、どちらも募集は停止中。
新中1は現在5名で。今日1名体験授業、
来週1名体験授業予定、そして土曜日に1名
面談・・・と新中1も徐々に集まり始めて
います。
新小6、新小5についても少しずつ動きが
あります。
ブログを更新するくらいしか宣伝活動して
いないので、本当にありがたいです。
中3から新高1への継続も公立に受かったら
という条件付きの子も含めれば約半分の
子が継続を希望してくれています。
うちの場合、中学生がメインの塾ですので
高校生に対しては十分な対応ができない
と思いますが、それでも高校生活に慣れる
まで、自分なりの勉強の仕方が見えるまで
慣れ親しんだ塾を活用するというのもあり
だろうなと思っています。
こちらもありがたいことです。


今週、袋原中のテストで中学校のテストは
ラストになります。

posted by じゅくちょー at 23:14| 日記

2018年02月10日

前期プチお祝い会

本日は朝一で前期合格の3人に
来てもらい、色々と話をしました。
前期で合格すると、ねたまれたり、
ちょっとしたことで「調子にのっている」
などと言われたりすることがあります。

前期で合格した人は、1年の時から
しっかり勉強に取り組み、評定を
とってきたわけです。そういった見えない
努力を無視して、結果だけで「ずるい」
などというのはおかしな話です。
うちの塾生はともに喜び、ともに応援し合える
仲間ですからそのような思いはありません。
(と信じています)
ただ、これからは私も後期メンバーに向けて
全力を注ぎますから、前期メンバーへの
配慮が欠ける部分があります。そのことを
あらかじめお断りし、みんなの頑張りは
ちゃんとわかっていると伝えました。

そのうえで、後期メンバーへのサポート、
応援をお願いしました。
カウントダウン表の作成をしてもらい、
後期メンバーへの応援メッセージも
書いてもらいました。
さすがいいこと言うわ。

IMG_3156.JPG

IMG_3158.JPG

IMG_3159.JPG

IMG_3160.JPG

そのあと後期メンバー含め中3全員で
プチお祝い会・・・。
一言ずつコメントをもらって、私からは
花束と私の好きな本をプレゼントしました。

IMG_3154.JPG

今日は後期メンバー10人は平成29年度の
後期の入試問題に挑戦してもらいました。
そんなに悪くない結果でしたが、やはり
まだまだ甘いなと感じる部分があります。
明日、あさっては予想問題。
この3連休はテスト漬けにします。

明日は袋原中と前回参加できなかった富沢中の
中1メンバーのテスト対策です。
高校生もテストが近いので自習組もいます。

頑張れ、頑張れ。

最近、また問い合わせが増えてきました。
空きができた新中3、新中2とも現在
お問い合わせが入ったため、いったん募集を
停止します。
新中1もぽつぽつ入ってきています。
どうやら大手塾がいくつかの教室を閉鎖する
ようです。
こういうご時世ですから、教室数を増やす
のも難しいですよね。
明日は我が身です・・・。
posted by じゅくちょー at 22:52| 日記