2018年11月12日

中3もここから・・・

明日は、中3最後の定期テストとなる人来田
中のテスト。
いつも熱心に頑張ってるSちゃんだから、
さほど心配はしていません。
とにかく評定を維持してくれれば!!

さて、そんな中3メンバーに対し、今後の
勉強や過ごし方について授業時に話をしました。
周囲への気遣いもしながら、ペースを上げて
積極的に動いていく・・・。
今まで頑張ってきたことを無駄にしないために
繰り返し、繰り返し、しっかり定着させる
ことが大事です。中間のやり直しも模試の
やり直しもいつもより早いペースで提出されて
います。やるべきことはやったうえで、自分の
課題にしっかり取り組んでほしいと思います。
いつも提出の遅いNちゃんも笑顔で提出。
やはり早め早めの動きは大切ですね。

IMG_4583.JPG

今日から数学リーグのスタート。1か月間
計算の基礎力を固めてもらいます。
12月にやる曜日対抗の団体戦の告知もしました。
ここからは個人での頑張りもさることながら、
チームとして仲間として頑張らせることも大事だと
思っています。
そして受験が終われば恒例の「終楽旅行」も
控えています。その告知もしました。
受験勉強はともすると「つらいもの」になりがち
ですが、楽しく頑張ることも必要だと思って
います。笑顔のある受験生活・・・
それが名学館らしいかなと思っています。
(やらせていることはハードですが)

今日も高2の子が自習に来ていました。
修学旅行があるので、ちょい早めの
テストですね。
なかなか自習用に席を確保できなくて、きつい
思いをさせてしまっていますが、
積極的に動いてくる子には可能な限りこたえ
たいと思います。
posted by じゅくちょー at 23:01| 日記

2018年11月11日

ポッキーの日だから

今日はポッキー&プリッツの日なので・・・

IMG_4582.JPG

IMG_4580.JPG

今日は英検の2次試験もあったのと
人来田中のテストが火曜日にあるため
今日は終日自習日。
明日テストの袋原中の子と中田中の子も
自習に来ていました。
午後からは高校生の子も来てました。

来週末は中3全員との三者面談。
私立高校を含め、過去のデータも踏まえつつ
最終的な受験校を決めていきます。
とはいえ、生徒たちが行きたい高校は
ほぼ見えているので、あとはどれだけ
頑張らなければいけないかという話が
中心になると思います。
土曜日は長町中(2年)と柳生中(1・2年)
のテスト対策もおこないます。

中3のすべての学校のテストが終わった後、
これからの勉強について話をしていきたいと
思います。

posted by じゅくちょー at 20:04| 日記

2018年11月10日

今日の様子

今日は人来田中(中3)、袋原中(中2)、
中田中(中1)の3人のテスト対策。
・・・といっても中3の子は先日の富中
同様、自分でやるべきことがわかっていま
すから、希望する課題を与えて、あとは
お任せしていました。いつも通り黙々と
頑張っていました。
中2の子と中1の子には確認テストを
行っていきましたが、ワークをしっかり仕上げて
きているだけあって、中2の子はノルマを
早々に完了し、直しまで終わりました。
明日の自習は本当の意味での最後の仕上げに
なります。
「数学は大丈夫です」「天気は好きな単元です」
といった言葉を聞くと、こちらも安心しますね。
中1の子は途中用事があって帰りましたが
そこまでは課題を順調にこなしていって
ました・・・。ただ、ワークをやっていたという割
には覚えるべきことが定着しておらず、明日も
頑張らせなければと感じました。

今日、中2の生徒と口頭試問を行いましたが、
今回範囲が広かったにも関わらず、前回のテストが
よかったことで油断があったようです。次のテストは
どこの中学校も2月ですので、いろいろと作戦を
考え中です。

現在、富沢中以外の中学生は
みどり台中が4人(中2が4人)
長町中が3人(中3が2人、中2が1人)
柳生中が3人(中1、中2、中3各1人)
郡山中が2人(中1、中2が各1人)
人来田中、中田中、袋原中が1人ずつとなって
います。
これまでも山田中、西多賀中、八木山中、
茂庭台中、附属中などの生徒が通ってくれ
ていました。
塾がひしめき合うこの地域で富沢中学区以外
から通って下さるというのは私にとっては
奇跡に近いことです。
先日面談した富中以外のお子様のお母さまが
「名学館なら送り迎えするけど、それ以外なら
自分で通ってね」と言っているのを聞き、
なんだか申し訳ない気持ちにもなりました。
富沢中学区のど真ん中に位置しているので
富沢中以外の生徒が通ってくることは開校当時
まったく想像していませんでしたが、
今では各学年に数名、富中以外の生徒がいるのが
当たり前になってきました。
中3になると授業だけでなく、毎日自習に来ること
になりますが、保護者の皆さんは送り迎えに
協力してくださり、本当に頭が下がります。
そして今年は富中以外の子も固定席を作り、
まるでその辺から来てます・・・くらいの感覚で
存在感を示しています。
多分、富中以外では「どこの塾に通っているの?」
と聞かれて「名学館」と答えても、周囲の
生徒は「は?どこそれ?」って感じなんでしょうね。
だからこそ、どこの中学の生徒であってもここの
塾に通っていることを誇りに思えるようにして
いきたいと思います。

富中では公民の授業で裁判所を取り上げた際、
誰が言ったのかわかりませんが、「名学館では
裁判の傍聴に行った」という情報が先生の耳に
も入っていたようです。
こういうちょっとしたことでも経験している子と
していない子の差は大きいような気がします。
書道パフォーマンスのことを学級新聞に書いて
くれていた子もいました。
塾ですから成績を上げるのは当たり前。
そこにもう一歩、付加価値をつけていきたいと
考えています。もちろん、それをセールスポイント
にするつもりはないですが・・・。
そして「知る人ぞ知る塾」と言われるようになれば
嬉しいですね。


posted by じゅくちょー at 23:04| 日記

2018年11月09日

中3はいつも通り、中1は苦戦

富中の中間テストの結果が判明しています。
中3はいつも通り8割、9割の答案が続いて
ますが、ぽつぽつと8割を切る答案も
あります。
特に英語で問題を読んでいない、細かい
抜け、モレなどで点数を落としている
生徒がいます。
前期選抜や推薦基準がぎりぎりの生徒に
とっては評定が出るまでドキドキです。
実質、中学生活最後のテストですから、
だいぶ頑張っていたと思います。
一方で受験対策もしていかなければならないため、
いつもよりワークの回数は少なかったよう
にも感じています。
なんとかみんなの評定が下がらず、少しでも
上がることを祈ります。
一方、中1は伸び悩み。
まだまだ意識が低いままです。
数字は嘘つきませんから、結果が出ていない
ということはまだまだ足りないということ。
面談、口頭試問、やり直し等を通して
再度問題点を確認していきます。

明日は人来田、袋原、中田のテスト対策。
高校生もそろそろテストが近づいてきて
自習に来る生徒がいるようです。
テストが終わった生徒たちもやり直し
を時間のある時にしっかりやってほしいと
思います。
posted by じゅくちょー at 23:51| 日記

2018年11月08日

そういう季節かあ

今日は2週間に1回のクリクラさんの配達日。
そして今日は消臭、除菌をしてくれる
噴霧器も持ってきてもらいました。
IMG_4533.JPG

去年から使い始めて、はっきり目には見えません
が効果はあると思い、今日から使用開始です。
これから冬場になり、生徒たちの健康管理も
大事になってきます。
特に中3は塾にいる時間も長くなりますから
生徒たちが快適、かつ健康に頑張れる配慮を
していきます。

お菓子だけでなく、コーンスープや紅茶、
はたまたみかんなども・・・
IMG_4534.JPG

IMG_4535.JPG

卒塾生や保護者の方の温かい配慮に
感謝です。

今週末は土曜日に中田中(中1)、
袋原中(中2)、人来田中(中3)の
テスト対策をおこないます。
日曜日も完全フリーにするので、テスト
が終わった学校の生徒はやり直しを
ガンガン進めてほしいですね。

posted by じゅくちょー at 23:52| 日記

2018年11月07日

変化が見えてきた

今日は富沢中の二学期中間テスト。
中3はもちろん、朝から自分たちの
ペースで頑張り、中1、中2はテスト
対策時の課題に取り組むため、朝早く
から頑張っていました。
ここまでの様子を見ていて、ワークや
課題が終わっていない子は論外ですが、
テスト対策時の確認テストで出来の悪
かった生徒や部活があってノルマを
終わらせられなかった生徒の中に、
数名必死に取り組んでいる姿が見ら
れました。
テスト前だから・・・とか
塾長に怒られるから・・・とか
理由はあるでしょうが、一つでも終わ
らせようとする姿や疑問点を解決しよ
うとする姿、単語や用語を必死に覚え
ようとする姿・・・その一つ一つが意
識の高さを物語っていました。
ちょっと前までは今の中1、中2は半分
くらいがダメダメだと感じていましたが、
全体的によくなってきました。
もちろん、ワークや課題の取り組みが悪
かったり相変わらず追試ばかりだったり
という生徒もいます。
そういう生徒に対してはテストが終わった
あとでも何らかのペナルティは考えて
います。
何度も書いていますが、点数がよければ
なんでも許されるということはありません。
いくらいい点数をとっていても真面目に
頑張る気持ちのない生徒、うちの塾の
ルールを守れない生徒には厳しい対応を
とっていきます。

少しずつ来年度のことを考えていきます。
現在のところ中2(新中3)、中1(新中2)
とも定員いっぱいのため、新規の募集は
行わないつもりです。
(欠員が出た時点で募集します)
小6(新中1)は1月より中学の内容に
入っていこうと思います。
例年より早い展開になります。
今月中に冬期講習の募集案内もしていきますが、
冬期講習は小6(新中1)のみ外部募集を
する予定です。
中1〜入塾を検討されている方は、早めに
お問い合わせいただきたいと思います。
なお、塾生、卒塾生の弟さん、妹さんは
あらかじめ枠を確保し、中2の春までに
入塾いただければOKという形にしたいと
思っています。
(できれば早い段階で入塾していただきたい
ですが)
現在、小6は5名。残り10名ということ
になりますが、今年度も3,4月で
一気に埋まってしまいましたので、定員に
なった際にはご了承ください。
(定員を増やす予定はありません)
posted by じゅくちょー at 23:37| 日記

2018年11月06日

子離れ

最近の生徒、保護者の方のお話をお伺いして
いると、親が子どもに対して、相当熱心に
かかわっているなあと感じます。
これはすごくよい傾向で、まだまだ考え方が
未熟な中学生に対し、親としていろいろな
話をしてあげて、少しでも視野を広く持って
ほしいと思っています。

しかしながら、こと勉強面に関しては
塾に通わせている以上、子離れしていって
ほしいと思っています。
もちろん聞かれたことには答えてあげること
は必要だと思いますが、テスト前のスケジュール
を立ててあげたり、つきっきりでテスト勉強
をしたりまでは必要ないと思っています。
親として、こたえられることであっても
あえて突き放すことも大事です。
生徒たちの中にはあとで親に聞けばよいという
考えで授業中わからないことを放置したり、
質問をしてこなかったりする子もいます。
本来、塾に通わせるということは、親の負担
(勉強面)を軽くするということなのに、
かえって、親の負担が大きくなっているような
ケースも見受けられます。
親が勉強面に関わればかかわるほど、子ども
たちは自分で考えることをしなくなり、塾を
活用するという行動を阻んでしまいます。
「うちの子はほっといたら何もしない」
「うちの子は自分では何もできない」
という声もありますが、もう中学生。
多少自分で考えさせ、行動させなければ
変わるはずがありません。
親がつきっきりじゃないと動けない生徒は
うちの塾に通うことは難しいと思います。

明日は富沢中の中間テストです。
一つの大きなヤマです。
posted by じゅくちょー at 23:21| 日記

2018年11月05日

学校ワークが基本

定期テストに向けて学校ワーク3周が最低限の
ノルマ・・・。うちの塾では当たり前のこと
ですが、まずはそれができていない生徒が今回は
複数います。
特に最近入塾したばかりの子はそこまでやる習慣
がなかったようで、全然仕上がっていません。
ただ、中1の中には春から入塾しているにも関わらず
できていない子もいます。
わかるわからない、できるできない以前に
最低限の知識が頭に入っていなければ何も進み
ません。
そしてワークが仕上がっていないことや、テスト対策での
確認テストでできないことに対しても危機感を
持ってない生徒もいます。
1学期の評定が出て、本来であれば今回の中間は
結果を出さねばと意識を高めてほしいところなの
ですが、全然意識が変わっていません。

何度も言っている通り、やらないのであればうちの
塾に通う意味はありませんし、作業をやっているだけ
なら、点数にはつながりません。
富中はあさってが中間テストですが、すでに
結果は見えています。
定期テストで奇跡は起きません。やっていない、
知識が定着していなければ、それ相応の結果になり
ます。
何度も話していますが、自分がやらないことが周囲に
迷惑をかけているという認識ももってほしいと思い
ます。

今日は午前中、卒塾生の子(といっても25歳)と
ランチがてら裁判の傍聴をしてきました。
初めての人に裁判を見せると、みんな感動し、
興味をもってくれます。
今回もそうでした・・・。
今日は「営業」についていろいろ話をしました。
たかが営業・・・でも奥が深いなあと改めて
感じさせられました。私は外回りの営業経験
がないので、営業で頑張っている人は無条件で
尊敬しています。
私にも営業マインドは必要だなと痛感しています。
posted by じゅくちょー at 23:04| 日記

2018年11月04日

無理をしない

15年塾をやってきて、私の中での
塾運営の考え方がだんだん決まって
きました。
それは私自身が無理をしないこと。
そして私自身がストレスを感じないように
することです。
塾を始めた当初や経営が苦しい時期は
どうしても無理をします。
たとえば授業料を何か月か無料にする
どんな生徒も受け入れる
生徒や保護者の要望にすべて合わせる
などなど。
ただ、無理をするとどこかにしわ寄せが
きて、結果的によかったものまで
うまくいかなくなるということがあり
ました。
そこで特別な対応が必要な二華中、
青陵中受検には対応しないことや
小学生低学年の受け入れをやめたこと
や高校生の外部募集をやめたことや
定員を設けたことや、テスト対策は
塾生のみに限定することなど、
営業戦略からすると窓口を狭くすること
ばかりやってきました。
ただ、結果的に、生徒へ向き合う時間が増え、
うまくいくようになってきました。

また、生徒に合わせるのではなく、生徒に
合わせてもらう・・・こちらの考え方を
理解してもらい、こちらのやり方、ルール
でやってもらうようにすることで、今は
私自身がストレスを感じることはありません。
サービス業の考えに反しているようでも
ありますが、最終的に生徒や保護者の方が
満足し、喜んでくれるようにすることが
大事だと思っています。それは必ずしも
生徒や保護者の要望に100%合わせる
ことではなく、新しい見方や新しい考え方を
示すことも大事だと思っています。
つまり入塾段階では想像できなかったサービス
や結果により満足、納得してもらうこと。
塾はこういうものだという概念を覆す
ようなことを提示して最終的に成績が
上がり、人間的にも成長する・・・これが
私の考えです。
もちろん、こういうやり方をしている以上、
入塾につながらないケースや退塾につながる
ケースもあります。
ただ、それはうちの塾あるいは私と相性が
合わなかったというだけのことです。

富沢かいわいにも大手塾が多く、厳しい戦い
ですが、一方で棲み分けもできていると
思っています。
選択肢が多いと保護者にとっては塾選びが
大変になりますが、一方でうちの塾には
来るべき人が来ているのだと思っています。
私は出会いに運命的なものを感じています。

今の中3生たちに対してもしっかり結果に
つなげて、卒業した時だけではなく
大人になってから「名学館でよかった」と
言ってもらえるようにこれからもサポートし
続けていきます。

今日は富沢中・柳生中の3年生のテスト対策。
あえて他学年の生徒の自習をシャットアウト
して中3だけの空間を作りました。
朝9時半から夜9時半まで他中の生徒も含め、
よく頑張っていました。

IMG_4521.JPG

追伸
9月に書道パフォーマンスでお越しいただきました
今泉岐葉さんが魂込めて書いた文字
「平成最後の日本一 2018」が
ソフトバンクが日本一になったことで、日の目を
見ることになりました。
彼女がソフトバンクのグッズに文字を書き始めて
2年連続の日本一。
彼女の文字には熱い魂が込められています。
文字を書いてもらった今年の中3はきっと
全員合格できると信じています。

FB_IMG_1541322415030.jpg

IMG_4314.JPG

posted by じゅくちょー at 22:58| 日記

2018年11月03日

本気で点数を取る気があるか

今日は来週の水曜日にテストを控えた
富沢中の中1、中2のテスト対策でした。
IMG_4515.JPG

テストまで4日あるということで、部活の
ある子がいましたので、途中参加
や途中抜けの子も複数いました。
一方でテスト前なので・・・と部活がある
のに部活を休んできた子もいました。
そもそも部活とは関係なく遅刻してきた
子がいました。あまりにも意識が低いです。

ワークのチェックをしましたが3周仕上げて
来ている子がいる一方、1周も終わっていない
という子もいました。
ワークが終わってない生徒に対しては今日の
確認テストをしても意味がないのでひたすら
学校ワークをやらせていました。
中1メンバーについては前回のテスト後の集会
で一人一人次に向けての宣言をさせましたが、
まったく活きていません。
さすがに中1も3回目の定期テストですから
どういう段取りで進めないといけないか・・・
くらいはわかるはずです。
以前もワークが終わらないことがあった生徒
で今回もワークが終わっていなかった生徒
に対しては、厳しいですが、「ルールを
守れないのなら、うちの塾で続ける意味はない」
と話しました。

点数を取れない、成績が伸びないと言ってる
子がいますが、多くの場合
@やるべきことをやらない
A人の話を聞かない
B自分から動くことができない
のどれかだと思っています。
今日チェックした中1の中にも、いまだに
お母さんにチェックしてもらってとか
お母さんと一緒にやりましたとか
言っている子がいました。
結局、自分から動けない子は親がどんどん
手を出してしまうケースが多いです。
親に言われたくないから自分でやる・・・
という子が以前は多かったのですが、
すっかり親を依存している子が増えてきた
気がします。
せっかく塾に通わせているのに、親の負担が
増えたのでは何の意味もありません。
中1に対してはまだまだ話していかないと
いけないようです。
結局今日のノルマを終わらせたのは中1、
中2とも数名のみ。月曜からの朝塾で
仕上げてもらいます。


posted by じゅくちょー at 23:30| 日記
簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
妊婦さん向け商品おっきくなぁれ。パジャマ量販店犬用健康管理子供服飾人気下着アプリケーションソフト販売人気ジュニア服PCショップ便利犬用品
RDF Site Summary
RSS 2.0