「迷える母羊を救う会」

以前にこのブログでも書きましたしたがお子様の進路を考えるうえで、

生徒たちだけでなく、お母さま方もいろいろわからないことがあり、

迷ってらっしゃる姿を目にします。

そこで、迷える子羊だけでなく、迷える母羊も救いたい・・・そんな

思いで「迷える母羊を救う会」を立ち上げました。

・・・というと大げさですが、お母さま方(もちろんお父様でもOKです)

からの高校別の質問を受け付け、該当の高校に通う、あるいは通って

いた生徒、保護者様にお答えしてもらい、その内容をブログで紹介

するというものです。

お母様→通っているお子様への質問でもお母様→通っているお子様の

お母様への質問でもよいです。

例えば

「髪染めている子はどのくらいいますか」

「雨の日は送迎していますか」

「部活をやると、何時くらいに帰りますか」

など、どんな質問でも構いません。

ただし、内容や学校によっては答えられない場合もあります。

また塾生、卒塾生およびその保護者の方にお願いする都合上、

回答までにお時間をいただく場合があります。

皆様からのご質問お待ちしております。

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=6d388bf6da1d665a
第2弾として9月30日で締め切らせていただきます。

また、このブログをお読みの塾生、卒塾生の保護者の皆さま・・・

そんなわけですのでもしも私から質問がいった際には快くお答え

いただけますようお願い申し上げます。

2019年03月28日

今年度も終わりか・・・

明日の夜行バスで東京に行って、
日曜日まで滞在にするため、今年度の
ブログ更新は本日が最後になりそうです。
今年度も塾生、卒塾生、保護者の皆様の
おかげで無事終えることができます。
改めまして温かいご支援に感謝申し上げます。
今年度受験した16期生も残念ながら全員
合格の夢を果たしてあげることができません
でしたが、みんな気持ちを切り替えて
前を向いて進み始めています。
私も申し訳ない思いだけで立ち止まっている
のではなく、生徒たちを支援すべく、前に
進んでいきたいと思っています。
今年度は新たに駐輪場を開設しましたが、
それ以外では特別なことをやったわけで
はなく、いつもと同じように塾生と卒塾生
のために何ができるかを考え、私の思い付
き一つで企画、行動に移していました。
あくまで周りを意識することなく、名学館
ワールドを作り、実行に移す。それだけ
ですね。
おかげさまで生徒数もご兄弟やご紹介など
で安定し、富中学区以外からも多くの方に
通っていただき、本当に感謝しています。
成人、大学進学、就職、結婚、出産報告と
塾生、卒塾生も頑張っていて、その節目節目
でいろんな思いをもっています。
4月1日で開校16周年を迎え、いよいよ17年目に
突入します。
何の才能もない私がここまで塾を続けてこられる
のも支えてくださる皆さんがいるからこそです。
本当に幸せ者です。
今日も高2の子が1名卒塾しました。
中1の頃から通ってくれていたので感慨もひとしお
でした。
ただ、私は卒塾しても一生応援するといつも
言ってます。
直接何かできるわけではありませんが、可能な
限りの支援をしていきたいと思っています。
新中3は15名(定員)
富沢中7名、みどり台中4名、長町中1名、
郡山中1名、袋原中1名、附属中1名
新中2も15名(1名入塾予定者含む・・・定員)
富沢中12名、中田中1名、郡山中1名、
柳生中1名
新中1以下はまだ定員に達していませんが、
やる気に満ちた生徒たちばかりです。
高校生は中3から継続した3名のみ。
今年は高校生が寂しいですが、その分力を
注げそうです。

新中3は毎日誰かしらは自習に来ています。
有言実行。面談での言葉通り頑張ってほしいです。

30日、31日は教室をお休みにします。
ご了承ください。
posted by じゅくちょー at 23:23| 日記

2019年03月27日

評定の大切さ

今日、仙台三高に残念ながら不合格だった
子が得点開示の結果を知らせてくれました。
不合格だった子にとっては得点開示に行く
という行動そのものがつらいはずなのに
本当にありがたいことです。
今回は倍率も高く、同じくらいの得点に
集中しているのかなとも思っていましたが、
予想以上に良い点数で、正直「これで
不合格かあああ」という感じでした。
今回はナンバースクールに合格した子の
ほとんどが評定の高さを誇っていました。
たとえ評定と学力検査点が3:7で
学力検査重視だとしても評定を見ないわけでは
ないですし、やはり評定の高さは武器になり、
評定の低さは想像以上に不利になるという
ことを思い知らされました。
そういう話をすると、「評定の高い生徒は
ずるい」という子がいますが、私はどういう
形にせよ、評定を取りにいっている子は
本人なりの努力をしている子だと思って
います。
人に嫌われるような行動は簡単ですが
人から評価され、目をかけてもらうというのは
やはり一朝一夕でできることではなく、
たとえ、嫌いな先生であっても積極的に
質問をしたり、働きかける努力は尊敬に
値します。
現在、新中3、新中2と学年評定を見せて
くれています。
やはり定期テストの点数のわりに評定の
低い生徒、5教科はオール5なのに実技教科
が3ばかりの生徒がいます。
以前は男子だから女子だからとくくること
もありましたが、最近はそうとも言えません。
改めて評定の大切さを話していきたいと
思います。
新しい入試制度になっても評定は今までと
同じように見られますからね。
posted by じゅくちょー at 22:33| 日記

2019年03月26日

新中3三者面談

現在、新中3の三者面談をおこなっています。
そこで一番気を遣うのはご家庭と塾が
同じ方向を向き、生徒をサポートすると
いうこと。
当然のことながら目標を達成させるためには
厳しくも言いますし、スピードや正確性など
も要求します。
15人という少ない人数ですから生徒のことは
性格やどれだけ頑張れそうかなども把握して
いるつもりです。
この時期の面談では様々な葛藤があります。
本人がまだまだ受験モードになっていなかったり、
親の気持ちだけが先走っていたり、逆に
子どもの芽をつぶしていたり・・・。
現状ではなく、この先どんな風に変化していくか
も考えながら話をしています。
中3の受験期は間違いなく生徒は変わります。
しかし中にはその変化を拒否する子もいます。
私の中で、うちの塾はチームとしての頑張りも
相当に意識していますし、共に戦うからこそ
発揮できる力があると思っています。
朝型にする、塾で自習する、補習やイベントには
必ず参加する、感謝や気遣いを言葉や態度で
表せる、自分から動ける・・・。
私はこういった姿勢を求めています。
各個人には各個人の時間があり、やり方が
あるという方もいらっしゃると思いますが、それで
あればうちの塾である必然性もありません。
今日も何人か厳しい話をしてしまいましたが
何度も申しあげていますとおり、塾が生徒に
合わせるのではなく、生徒が塾に合わせる・・・
形でやっています。

結果としてここでの頑張りが高校、大学そして
社会人になってからも生きてきていると思って
います。
そうでなければ卒塾して何年たっても気軽に集ま
れるということもないと思っています。
この1年変わろうとしているのか、このままの
自分でいいのか、しっかり考えてほしいと思って
います。

posted by じゅくちょー at 22:48| 日記

2019年03月25日

オープンな空間

うちの塾は扉の仕切りもない、オープンな
教室です。したがって、各ブースの講師
や生徒たちの声も普通に聞こえてきます。
もちろん、授業中騒いでいるわけではない
のですが、しーーーんとした環境でない
と集中できないという生徒には合わない
環境かもしれません。
しかしながら、生徒や保護者の方の声を
伺うと、このオープンなスペースならではの
良さも見えてきます。
まずは下の学年の生徒たちが上の学年
特に中3や高校生の頑張りを間近に見て
感じることができることです。
中1、中2の子たちが自分たちが将来中3に
なったらあんなふうに塾にこもって勉強する
んだ・・・と。
ベランダにしても14期生一代限りかと
思いきや、15期生でも16期生でもベランダ
を固定席にしたいという生徒が出ましたから、
憧れみたいなものが芽生えるのでしょうね。
そして頑張って成績を伸ばす姿や高校の話、
模試の話など、いやでも見え、聞こえてきます。
また今回春期講習を受けた生徒の中には
中3の先輩が数学で苦しんでいる姿を見て、
やはり数学をしっかりやってないといけない
と思った・・・と言ってた子がいました。
見てないようでいろいろ見ているのですね。

また、追試になった時、中3生の授業をして
いる私のところに報告に来るわけですから
余計に「追試になりたくない」と思うはずです。

私が中3の授業を担当していてもほかの学年の
授業の様子は何となくわかります。
それが生徒たちにとってプレッシャーにも
なっているはずです。
昔はこのオープンなスペースであることに
クレームがついたり、それが原因で退塾に
つながったことがあり、私もマイナスな点
だと思っていましたが、年を重ねるごとに
プラスに考え、むしろうちの塾のセールス
ポイントにもなると感じるようになりました。

スペースの関係、私の力量のために
各学年定員15人に設定していますが、
結果、この15人という人数がいろんなことを
するうえで動きやすく、全員とコミュニ
ケーションが取れる最適な人数だと感じるように
なりました。
もちろん、定員のため、お断りすることも
多く、申し訳ないと思いますが、入るのも
入れないのも辞めるのも、全部「縁」のような
気がしています。
この春卒業した16期生の15人を見ていても
何人も辞めた生徒がいるけれど、残るべくして
残ったメンバーだなと思いました。

まあ、何が言いたいかと言えば、今ある現状を
無理に変えることなく、この状況でできうる
最大限のことをやっていくことが大事なんだと
思います。
おかげさまで、新中1も入塾予定者を含め
10人になりました。あと5人・・・。焦らず
問い合わせを待ちたいと思います。
新小5、新小6も少しずつお問い合わせいただ
いております。仙台に引っ越して来られる方や
富中学区以外からもお問い合わせいただき、
本当に感謝しております。

明日は講習(1コマ3時間)が2コマ。新中3の
三者面談が4件入ってます。
気合い入れていきます。

今週の土日は申し訳ありませんが塾を
お休みにしています。(高校生の通常授業を除く)
自習不可になりますのでご了承願います。



posted by じゅくちょー at 23:41| 日記

2019年03月24日

春期講習スタート

本日から春期講習をスタートさせました。
今日は新中3の理科と数学。
当初の想定よりも進めることができました。
大事なところなのでとにかく反復練習
していきます。
予習で多少なりともリードしていきたい
ですね。
そして同時に新中3の三者面談もスタート。
今日は2件。二人とも真面目に頑張って
いますので、あとはさらに深めていくこと。
勉強に妥協もゴールもありませんから、
とにかくやらせていきます。

今回新中3では二人オール5が出ました。
今回の入試結果からも評定の大事さを
私も改めて痛感しました。
16期生に比べ、平均4.0を切っている
生徒が多いので、中3で少しでも挽回
させたいと思います。

昨日は大阪から一人卒塾生が来るという
ことで、就職決定した子の就職祝い
を兼ねて、7期生の同期会。
この代は本当に集まりが良いです。
中3の時は12名とまさに少数精鋭でしたが、
男女仲が良く、楽しく頑張っていましたね。
12人中7人来たのですからすごい!!

54520002_2355567758020294_6623868034710765568_n.jpg

もう24歳かああ。しみじみ。
ちなみに今月上旬には9期生との飲み会が
ありました。こちらも楽しかったなあ。

1552061727973.jpg

改めて卒塾生は宝だと思っています。


posted by じゅくちょー at 23:21| 日記

2019年03月23日

春期講習

24日〜春期講習をスタートさせますが
今日ようやく部活の予定が出そろい、
ひとまず今日の段階で新中3の講習および
三者面談の予定、そして高校生の講習
のみ決めました。
今回の春期講習も外部告知をしていない
ため、在籍生徒と新規でお問い合わせいただい
た方へのみの告知となっています。
それでも中2、中3のほとんどの生徒が申し込み
をしてくれています。
だいぶプレッシャーをかけていますからね。
明日には中2以下の予定も組みたいと
思います。

高校入試が終わり、新中3にも少しずつ
受験生としての自覚が芽生えてきてます。
今日も自習で頑張っている生徒がいました。
明日は10時から開室予定です。

posted by じゅくちょー at 00:00| 日記

2019年03月21日

新中3保護者説明会&新高1保護者感謝会

本日は午前中に新中3の保護者向けの
高校入試説明会をおこないました。
今年度の総括および新しい入試制度について、
そして4月以降塾でどんな風にやっていくか
を2時間にわたって(長すぎてすみません)
話させていただきました。
私の中では新しい入試制度・・・特に
特色選抜についてはさほど意識する必要もなく、
これまでどおり評定を上げて、テストの
点数を取っていくことだけ・・・そんな
風に考えています。
そういう話をしておかないと、保護者の皆様
は必要以上にナーバスになってしまいますからね。
新中3、15人の定員ですが、6つの中学から
生徒が集まってきています。
正直、どんな風に成長していくのか楽しみ
でもあり、不安でもあり・・・。
17回目の受験物語がスタートです。

午後からは新高1の保護者の皆様への
感謝会をおこないました。
13期生以来3年ぶりの開催です。
お菓子を食べながら、後期選抜の壮行会や
終楽旅行のビデオを見ていただいたり、
保護者の皆様から一言ずつ、受験生活や
名学館生活についてお話してもらいました。
いろんな経緯で入塾にいたり、保護者の皆様
も感心するほど生徒たちは頑張り、団結力
も強く、その姿を羨ましがっている
保護者の方もいらっしゃいました。
1学年定員15人の小さな塾ですが、
ほかの塾に通う生徒や保護者の方が
うらやましがるような・・・そんな塾で
ありたいと思っています。
新中3、新中2とも定員15人でのスタート予定。
新中1も順調に集まっており、中1の早い段階で
なんとか定員になってくれると思ってます。
新小6、新小5も徐々に集まってきています。
縁やつながりの中で名学館を知り、入塾に
いたった・・・これも運命なのでしょうね。

明日は新中1の模試です。
英語を含め、よい結果を出してくれることを
願います。


posted by じゅくちょー at 23:48| 日記

新高1高校進学壮行会

昨日、10時〜15時で新高1、16期生の高校進学
壮行会をおこないました。
終楽旅行と一緒におこなうこともあるので
すが、今回は彼らが中2まででお世話になった
講師の先生の送別会も兼ねたので、旅行時は
受験お疲れ様の意味合いで、そして今日は
後ろを振り返らずにこれから始まる高校生活
に向けて頑張ろうの気持ちを込めた会にしました。
向山が登校日になっていたため、向山の二人は
午前中のみの参加になりましたが、15人全員
参加してくれました。
残念ながら第一志望の高校に合格させてあげられ
なかった子たちには申し訳ない思いが残って
いますが、彼ら自身、前を向こうとしていますの
で、しっかりサポートしてあげたいと思って
います。
午前中は生徒たちから夢や決意を一人ずつ語って
もらい、そのあとゲーム大会。
先日の13期生との旅行の際にも活躍した
ゲームで大盛り上がり。
今回は男子vs女子でしたから、なおさら熱も
入ったかもしれませんね。

IMG_6007.JPG

IMG_6022.JPG

IMG_6027.JPG

お昼をはさんで午後から講師の先生二人の
送別会。ほぼ4年の長きにわたってうちの塾を
支えてくれた二人に感謝感謝です。
生徒たちからのメッセージ、プレゼントも
ありました。
IMG_6035.JPG
そのあとスペシャルゲストで講師の
N先生に来てもらい、ご自身の体験を含め、
話をしてもらいました。

IMG_6037.JPG
地方のなんでもない公立高校から京大に
進み、今は司法試験の勉強をされています。
自然に出てくる関西弁や強烈なエピソード、
そして何より信じられないくらいの勉強
特にこれから進学校に進む生徒たちには
いい刺激になったのではないかと思って
います。
最後に私からメッセージとプレゼント。
旅行の時にもプレゼントは渡しましたが
第二弾として恒例の本。
今年は喜多川泰さんの「賢者の書」に
しました。
読みやすい本で、私も共感することが
多数ありますので、生徒にもすっと
入ってくるのではないかと思ってます。

IMG_5665.JPG

それと、4月3日の楽天観戦に備え
楽天edyカード。旅行時に優勝したチーム、個人には
チャージした状態でプレゼントしました。
今回は生徒たちの似顔絵デザイン。
なかなかかわいくて気に入ってます。
IMG_6038.JPG

高校行ってからも感謝や気遣いの
思いは忘れないでほしいということや
高校の勉強は大変だけど、自分を
しっかり持って頑張ってほしいと
いうことやSNSには注意が必要だ
というちょっとお説教じみた話が
多かったですが、ほぼ言いたいことは
伝えた感じです。
ここからはみんなで集まる機会は
ほとんどなくなりますが、今後は
1:1で向き合い、応援していき
たいと思っています。
ありがたいことに生徒たちからも
メッセージをいただきました。
厳しいことばかり言ってきました
が、本当にいいメンバーでした。
私にとってもかけがえのない1年
でした。
ガンバレ16期生。

IMG_6039.JPG


posted by じゅくちょー at 09:29| 日記

2019年03月19日

13期生高校卒業旅行

月曜、火曜で13期生の高校卒業お祝い
旅行に行ってきました。
私にとって、卒塾生は宝です。
うちのような小さな塾に入塾して
高校受験まで頑張ってくれた・・・。
中学生ですから様々な思いのある中、
名学館カラー・・・というより塾長
カラーに染められながら必死に
勉強頑張ってきた生徒たち・・・
私はいつも壮行会の場で「君たちの
ことは一生大切にする」と言ってます。
今、人間関係もドライになりつつあり
ます。むしろその方が心地よいという
人もいます。
ただ、一方で「縁」を大切にすること
で自分にとっても相手にとってもプラス
になることが多いです。
ですから、自分で実践しながら、
生徒たちにも他者への感謝や気遣い、
そして「縁」の大切さを伝えて
いけたらいいなと思っています。
というわけで、3年前に初めて
高校受験後の旅行をおこなった13期生。
その際に「3年後にまた・・・」と言っ
ていたその言葉通りに企画を実行
しました。
中3で会津に行ったので、今回は
栃木まで足をのばし、那須に行ってきました。
月曜はつつじ吊橋やとりっくあーとぴあ
を訪ねました。
IMG_5850.JPG

IMG_5932.JPG

夜はコテージに泊まり、ゲームで楽しんだり、
私から「meigakukan13」のネームが入っ
たパスケースにお手紙を添えてプレゼント
したり、焼き肉したり、3月21日誕生日の
Nちゃんのお祝いケーキ食べたり、みんなが
この3年間どう頑張ってきたかを一人ずつ
話してもらったり・・・。

IMG_5987.JPG

IMG_5956.JPG

IMG_5952.JPG

高専の二人を含め、みんな頑張って
いるなああと感じました。

そして今日は朝から那須ハイランドパーク。
平日で混んでいないので、ガンガン
乗りまくり。みんなの歓声が飛び交って
いました。
IMG_5986.JPG

3年前と違い、みんな自分たちで動き、
責任のある行動をとれます。
そういう意味では私も気を遣わずに
楽しむことができました。
毎年増えていく卒塾生。
でも私は一生大切にします。

明日は中3(新高1)の高校進学壮行会です。
とにかく前を向いて頑張れるよう、
いろいろ企画を考えています。
posted by じゅくちょー at 23:46| 日記

2019年03月16日

来週も予定が目白押し

18日(月)、19日(火)で13期の高3メンバーと
卒業旅行に行ってきます。
今回は那須方面へ1泊旅行。
2名欠席ですが、高専メンバー含め12名で
楽しんできたいと思います。
20日(水)は10時から現中3の高校進学壮行会。
全員の進路も決定しましたから、とにかく
前を向いて頑張ってほしいという気持ちを
こめます。
この春社会人になる講師の先生の送別会も
おこないます。
21日(木)は10時から新中3の保護者向け
高校入試説明会です。今期の受験状況の結果
報告と来年から始まる新入試制度のお話をさせて
いただく予定です。
午後からは現中3の保護者様感謝会です。
この受験期を戦えたのは保護者の皆様の
ご理解とご協力のおかげです・・・。
そういうわけでお菓子を食べながら感謝の
思いを伝えたいと思います。
22日(金)は新中1の模試。
どういう結果が出るか楽しみです。
まあ、そんなわけで、旅行の準備、壮行会の
準備、説明会の準備、感謝会の準備と
準備物だらけ・・・。それでも心を込めた
会にしたいので、全力で頑張ります。

今日の夜は新中3の数学テスト。
IMG_5831.JPG

まあまあのできでしたが、図形が弱い子が
多かった印象です。
90点以上合格、80点代は直しが完了すれば合格
としました。やはり数名追試がいます。
できていないところがある程度認識できた
ようです。
明日は新高1の授業が8時間あります。
気合い入れていきます。
posted by じゅくちょー at 22:16| 日記
簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
RDF Site Summary
RSS 2.0