2019年08月27日

テスト範囲が出た

今日、富沢中のテスト範囲が全学年一斉に

出ましたので、あとは袋原中を残すのみ。

ほぼすべての中学校のテスト範囲が出そろい

ました。

富中3年の英語がガンガン進んでいる以外は

ほぼ塾では終了しています。

英語も今週中には終わる予定ですので、

テストまでは繰り返しの演習ができそうです。




今週は小学生の模試の週。

まだテスト慣れしていない生徒も多く、

あれ?もう少しできるんじゃないのかなと

いう問題でできていなかったり・・・。

来週、時間を取って模試の復習をして

いきたいと思ってます。



今週あたり、文化祭の準備で文化部の子や

生徒会の子、有志で参加する子などが忙し

そうです。

これが終われば、みんな部活引退。

9月で習いごとを休むという子もいますし、

いよいよみんな、受験に向かって邁進する

のみになってきました。

あと少し頑張ってほしいですね。


中3のMちゃんが、「最近、トイレの電気を

つけっぱなしにしている人がいるので

注意を促すポスター張ってもいいですか」

と聞いてきました。

勉強以外でもこういう積極的な動き好きです。

IMG_6490.JPG

みんな、ちゃんと消すんだよ・・・。


今日の中3の授業後にYちゃんが

「夏休み、せっかく早起きして7時から

勉強する習慣ができたので、休みが

開けてからも朝早くに学校に行って

勉強してるんです」と話してくれました。

Yちゃんは富中ではないので、朝塾は

来られないですが、富中の子たちに

負けないよう、自分も早起きして頑張る

こういう努力が大切ですよね。

そしてそれをきちんと私に伝える・・・

人に話すということは、それだけ自分への

プレッシャーにもなります。

「ちゃんと続いてる?」などとチェックが

入る可能性があるわけですからね。

夏フェスで身に着けたことを休み明け以降

も継続してやってほしいですね。


まずは早起き。


そして早めに塾に自習に来る。



ブログの感想メールを送る






posted by じゅくちょー at 23:07| 日記

生徒たちに伝えている言葉その5

このシリーズ、意外に好評で、

保護者の方や塾と関係のない方からも

感想をいただくことがあります。

感想いただけると、かなりテンション

が上がりますので、よろしくお願いします。


さて、今日の話は「運」と「縁」と「恩」

を大切にする・・・ということです。

本当はこの言葉を考えたとき、韻を踏みた

かったので「あん」「いん」も考えたので

すが、いい言葉が見つからず、結局この

3つに落ち着きました。(笑)


人との出会いは「運」・・・

でもその「運」を引き寄せるのはそこまでの

自分の生き方に関わってくると思ってます。

ですから、「運」=「偶然」に思えますが

ある意味「必然」なのだと。

だから、この誰かと出会った「運」を大切に

感じてほしいということ。




次にその出会った人との「縁」を大切に

してほしいということ。

私は「縁」は流れに任せるものではなく、

意識的につなぐものだと思っています。

特に素敵だな、いい人だなと思った人と

は意識的に縁をつなぐようにしています。

中学時代の同級生、高校時代の同級生、

大学時代の友、前の会社の同僚、先輩、

後輩、「のど自慢」で知り合った友達、

ほかにも進研ゼミの編集やってた時に

熱心にファンレターを送ってくれた子や

Hound Dogのファンだったときの仲間、

横浜ベイスターズを応援してた頃の仲間

などなど・・・。

長い付き合いの人が多いです。


一番自慢できるのは、私が大学時代に

家庭教師をしていた生徒。

ずっと年賀状を続けていて、その子の

お子さんをうちの塾に入塾させてく

れました。

そして無事親子二代志望校に合格。

今後は親子で縁が続きます。

この仕事を始めてからは卒塾生

や保護者との縁は絶対的に大切にしてい

ます。

もちろん、相手が拒否すればしつこくは

しませんが、連絡が取れる限り、

進学、就職、結婚、出産・・・様々な

場面でお祝いしたり、近況を聞いたり、

飲みに行ったりしています。

保護者の方と飲みに行ったりするこ

ともあります。(誘われれば断り

ません・・・笑)



縁を切るのは簡単・・・でも縁を

意図的に長く続けるのは結構大変な

ことです。でも、意識的に縁を大切に

すれば間違いなくいいことがあります。



そして最後に「恩」。

これはもちろん感謝の気持ちです。

出会ったこと、縁をつないでくれている

こと、すべてに感謝の気持ちを持つこと

です。

うちの塾のキーワード、「感謝」と

「気遣い」・・・これがきちんとできる

人は何をやってもうまくいきますし、

幸せな人生を送れます。

もちろん塾にいる間は「勉強」のことで

頭がいっぱいでしょうが、卒塾したのち

私の言ってた言葉を思い出し、私が

どういう行動をしているかを考えて

くれたら、きっと人生の行動の指針が

見えてくると思っています。

「運」と「縁」と「恩」・・・

この3つを大切にしてほしいですし、

私もこれからも大切にしていきます。



ブログの感想メールを送る







posted by じゅくちょー at 11:00| 生徒たちに伝えている言葉

結婚式

私が目立つことが好きなのはこの

ブログでも何回も言ってきましたが、

それを出す場として結婚式もあります。

ちなみに私は自分の結婚式で

HOUND DOGの「Believe」という

バラードを歌いました。(笑)

披露宴の打ち合わせでホテルの人と話して

いる時に「あのーー、私、歌いたい

ですけど」と言ったら、担当者に驚かれ

ました・・・。

今の時代結婚式も披露宴もなんでもありに

なっていますが、当時はまだ仲人もいま

したし、形式を破るというのはなかなか

なかったですからね。

その数年後、後輩の披露宴で司会を

頼まれました。これも今の時代、プロに

お願いすることが多いのでしょうが。

結構アドリブも交えながら、進行しまし

たが、時間もピッタリで、終わった後、

新郎の親戚の方や、ホテルの方にまで

「素晴らしい司会でした。初めてでここま

で完璧にする人は初めてです」とお世辞に

しても嬉しい言葉をいただきました。

結構笑いもとりましたしね。

その後、友人の結婚式でのスピーチも

2,3度経験しました。

さすがにもう出番はないかなと思っていた

のですが、3年前に卒塾生同志の結婚式

があり、新婦の主賓として招かれました。

友人ではなく主賓・・・ですからかなり

緊張もしました。

何せ新郎の主賓は勤務先の社長さんですから。

彼女との思い出、二人の出会いのいきさつなど

を話しました。

長すぎてもいけないし、笑いもとらなきゃ

いけない・・・とネットで調べれば調べるほど

難しいことがわかりました。

でも、本番に強いというか、詰まることなく、

笑いも取りつつで無事成功しました。

出席していたほかの卒塾生からは「塾長

歌うんじゃないかと心配してました」と言われ

ましたが、さすがにそこまではしません。

おととし出席した卒塾生の結婚式では乾杯の

発声を頼まれました。

これで笑いをとるのはさらに難しかったですが、

前の晩に思いついた一言が割と受けて

盛り上がってくれました。



幸せな場って本当にいいですね。




でもよくよく考えたら娘二人もそろそろか。

何か出し物考えないと・・・(そっち??)



ブログの感想メールを送る
posted by じゅくちょー at 05:00| 日記
簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
RDF Site Summary
RSS 2.0