2021年04月13日

自分から動くことの意味

私は生徒たちに「何かあれば自分から動きなさい」

と言ってます。

「私は人見知りだから」「私は自分からは

言えない性格だから」・・・そんなの一切

関係ありません。

自習をあえて「予約」と言ってるのも自分から

行動させるためです。

欠席した後の連絡、追試の報告、質問・・・

誰かがやってくれる、黙って突っ立っていれば

誰かが声をかけてくれる・・・そんな風に

思ってはいけません。

以前も何も言わずに2時間以上、ぼーーっと

している生徒がいました。

「塾長が忙しそうだから」「言っていいのか

どうかわからなかったから」・・・いろいろ

言い訳をしますが、そんなの一言聞けば

いいだけの話。

最近は保護者が必要以上に手をかけて

しまい、上げ膳据え膳・・・黙ってれば

保護者がやってくれる・・・そんな話も

耳にします。

問い合わせ後の面談の際にも「うちの子は

自分から質問できない性格なので」と

言ってくる保護者の方がいます。

私からしたら「で?」という感じ。

そういう子にはこちらから

「大丈夫?」「わかる?」「どこが

わかんない?」と子供をあやすように

接してほしいと望んでいるのかもしれま

せんが、そんなことをしていてもプラスには

なりませんから、何もしません。

受け身になっていては結局自分が損をする

だけの話です。

言って来なければほっとくのみです。

この春に入塾した生徒でも、積極的に動けて

いる子と、なかなか動けていない子と

明らかに差がついてきました。

この差は成績にもはっきり差になってきます。

先日設置した自動検温&アルコール噴霧器。

使い方を紙に書いているのですが、それを

無視して素通りする子もいれば、しっかり

読んで、ちゃんとやっている子、読まずに

チャレンジして失敗している子・・・いろいろ

ですが、こんなところにも差が出ているな

と感じます。わからなければ聞けばいいのに。

冬馬がよく「海外に行け」と言っているのが

わかります。

自分を変えるには自分が行動しなければ

いけない環境に身を置くことが大事です。

うちの塾は自分から動かなければ、何も

プラスにならない塾かもしれません。

ブログの感想はこちら↓
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=17d88ec41413e292




posted by じゅくちょー at 23:41| 日記
簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
RDF Site Summary
RSS 2.0