2022年02月06日

中2テスト対策勉強会

今日は昨日の中1に引き続き、中2の

テスト対策勉強会をおこないました。

ワークチェックをすると、やはり中1との

違いを感じます。

当たり前のようにワーク3周こなし、

自分がどこが弱いかも把握している子が

多かったです。

それでも最低ルールであるワーク3周

が終わってない子がいました。

そこまでワーク3周にこだわる必要が

あるのかと言われそうですが、今の時代

「個性重視」「個別化」など個を大事する

という言葉を都合のいいようにとって

一律のルールを否定することに使われ

ますが、私の中では最低限のことを

やってから各自、好きなように動けば

いいと思っています。

最低限のことすらできないのであれば

「自由」や「個性」など単なる「逃げ」

でしかありません。

冬馬がいい例ですが、やつは本当に自由に

生きているようですが、最低限の礼儀、

マナー、ルールをしっかり守っています。

ちょっと話が大きくなりましたが、

私は塾で生徒たちにやらせていることは

受験勉強や今後の高校生活、あるいは

社会に出てからも通じる「最低限の

こと」なのです。

場合によっては「作業」のように3周やって

いる子もいるかもしれません。

でも「やってない」子に比べれば意味があります。

どんなに「頑張った」と言っても言われた期限

までに決められたことをできなければ、誰からも

評価されず、信用を失うのです。

中学生だから、しょうがない・・・はうちの塾

では通じません。

まあ、こんな話ばかりしているので、敬遠する

方も多いのでしょうけどね。



とはいえ、そんな中でも今日も1件お問い合わせ

がありました。

昨日締め切った新中1だったので、泣く泣くお断り

しました。

「限定○人」などというと、インパクトが

あり、実は○人以上でも大丈夫なんでしょ・・・

と思われますが、うちの場合、15人と決めたら

どんな理由があってもお断りしています。

例外を作っているときりがないですからね。

定員を増やせば?と言われたことがありますが、

定員20人だった頃、「自習に来い」と

おしりたたいても来なかった時代と違い

自習に制限をかけるほど意欲の高い生徒が

集まっている状況で20人の面倒を見るのはさすがに

厳しいのです。

そして15期生から15人という定員にしてから

すごくしっくりくるのを感じます。

私にもうちょい若さとパワーがあれば、20人でも25人

でも頑張れたのでしょうが・・・。

というわけで、新中1、新中2は欠員が出るまで

募集はありませんのでご了承ください。


明日は私立の発表が重なりますね。

あくまで通過点。落ち込むことも大喜びすることも

なく、淡々と過ごしましょう。(無理か・・・)

ブログの感想はコチラ↓
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=17d88ec41413e292

posted by じゅくちょー at 22:52| 日記
簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
RDF Site Summary
RSS 2.0