2014年12月01日

伝えたいこといろいろ・・・

今日は朝9時半〜夕方4時半まで、中3の
土日補習で、国語の文法、古文をやり
ました。
「文法は苦手」「古文は苦手」という
生徒が多々見られますがなかなかまとまった
時間をとってできませんでしたので
少しは慣れてくれたかなと思っています。
入試で全体の配点を考えれば大したこと
がないかもしれませんが、だからこそ
確実にとってほしいところです。

中3の補習をおこなっている間、高1の子
に再来週の24時間耐久勉強会の資料と
私立対策の資料作りのお手伝いをして
もらっていました。
去年は今の高2の子たちに頼んでいたので
こうやって、後輩代々、受け継がれていく
のっていいなあと思いました。
後輩のために差し入れもいただきました。
本当にありがたいです。

夜までに何人かの口頭試問をおこない
ました。適当にやり直しをしている生徒
には厳しい指摘もしました。
入塾したばかりで、今回初めての
やり直しだった生徒は、厳しく感じたかも
しれませんが、やはり「作業」としては
やってほしくないので・・・。
でも、個別に口頭試問をしていると、
面談のようにいろんな話もできるので
大切な時間です。

夜には中1の集会でした。
今回の中間で400点いかなかった生徒に
は30分早く来てもらって、勉強へ取り組む
姿勢についてちょっと説教しました。(笑)
そのあとも評定のこと、定期テストのこと、
塾の活用のこと、課題への取り組みなどなど
いろんな話をしました。
みんな本当に真剣に聞いてくれました。
昨日の中2もそうでしたが、こんなふうに
きちんと話を聞けるのは生徒の質がいい
証拠だなと思います。
多少難しい話もしましたが、メモをとって
聞いてる子もいましたね。
少しでも感じてくれ、行動に変化があると
よいのですけどね。

そんな感じで、今日もだいぶしゃべった
1日だったなああと振り返っていたら、
中学生たちがみんな帰った後、自習してた
高3の生徒から「塾長、面談してもらって
いいですか」と自ら面談志願。
確かに、最近受験が近づいてきたせいか、
中3、高3の子から相談を受けることが
多くなりました。
みんな不安なんですよね。
三者面談の時もそうでしたが、偉そうな
話をするつもりもなく、その子の話を
素直に聞いて、素直に感じたことを
話しています。
高3の子であれば、中3の時のことも
思い出しながら話しています。
今日、相談してくれた子の話を聞いて
いたら、「ああ、もう少し早くから
腹を割って話してればよかったなああ」
と感じました。
入試が近づいているので「とりあえず」
という話しかできなかったのが申し訳
ないですが、少しでも頑張る糧になって
くれたのなら嬉しいです。

今日、修学旅行のおみやげをもってきて
くれた高2の卒塾生がいました。
ありがたいです・・・。

テストが終わったばかりの日曜日・・・
たくさんの塾生、卒塾生に接することが
できて、本当に幸せな1日でした。
やっぱり、塾生、卒塾生が本気で好き
だなああと思いました。
いつも結論はこんな感じですが・・・。(笑)
posted by じゅくちょー at 01:40| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
RDF Site Summary
RSS 2.0