2015年10月15日

うちの塾に向いている子

先日、中2のお問い合わせがあった際、
親御さんから言われたのが「こちらは
富中の上位層が集まってるとか」・・・。
私もどこでそんな噂が出ているのか
と驚きましたが、けしてそんなことは
ありません。
確かに定期テストや模試で結果は出して
きていますが、もともと優秀な子を
集めたわけでもないですし、入塾当初の
成績はまさにピンからキリまで、様々です。

ただ、12年間やってみて、うちの塾に
合う生徒のタイプってあるのかなと感じる
ようになりました。

○真面目な子
⇒真面目?って言ってしまうと、おおげさ
ですが、要は当たり前のことを当たり前にやる
子です。
宿題をはじめ、言われたことをきちんとやる
子であればOKです。
宿題をやらない、反抗的な態度をとる、
投げやりになる・・・といった生徒は難しいです。

○意欲の高い子
⇒そもそも親に連れられて無理やり来た生徒は
まずお断りするケースが多いです。
そういう子はだいたい、後になって「もともと
塾なんてくるつもりなかったし」とか言い出し
ますからね。
どんなに現状の成績が悪くとも、「なんとかしよう」
という前向きな意欲は必要です。
「やればできる」と自分に言い訳をしている生徒
はなかなか変わることはできません。

○礼儀正しい子
⇒常識があり、礼儀正しい子は間違いなく伸び
ます。私自身がマナーや礼儀にうるさいので
どんなに勉強ができても、礼儀知らず、マナー
知らずの生徒はうちの塾には向いてません。
もちろん、小中学生ですから、まだまだ未熟な
ところもありますので、言ったことを素直に
実践してくれる子であれば問題ありません。

○塾長色に染まれる子
⇒これは結構大事。個人塾ですから、塾長の
カラーが塾のカラーです。私のやり方、考え方
が合わない子はうちの塾では辛い思いを
するだけですが、私のカラーに染まってくれる
子、馴染んでくれる子は相当居心地がいいはず
です。
どうしても「名学館の塾長は怖い」というイメ
ージが先行しているようですが、年柄年中怒って
いるわけではありません。ただ、楽天観戦など
私の趣味にもしっかり付き合えることが大事です。
塾長の思いつき企画に対応できる子は、きっと
長い付き合いが出来る子です。

結果的に成績が伸びて、ナンバースクールを受験する
ケースはありますが、うちの塾は一高、二高を
崇拝する塾ではありません。
私自身が向山出身ですから、高校選択に関しては
生徒の思いや適性を考えながら、一緒に考えて
いきます。むしろ、端から一高、二高を狙うので
あれば、大手塾を選ぶのが賢明だと思います。

うちの塾のスローガンでもある「今までの自分を
変える塾」という言葉のとおり、私は塾をきっか
けに、どれだけ自分を変えられるかが大事だと
思っています。
私は51年生きてきて、やはり人は人で変わる
と思っていますし、勉強だけでなく、将来
生き抜く力や人への接し方、考え方などを
学ばせたいと思っています。
なかなか口で言っても、文章にしても伝わらない
ことが多いですが、うちの塾で今まで頑張って
きた生徒たちは、きっと何か「におい」を
感じているのだと思ってます。
料金、実績、通いやすさ、指導法・・・
塾選びの要素はいろいろあると思いますが、
やはり最終的には「人」。
塾長がいるから、名学館がいい・・・
と言われるように頑張りたいと思ってます。

明日はみど中の合唱コンクールですね。
応援にはいけないですが、中3らしく
悔いのないように頑張って欲しいですね。




posted by じゅくちょー at 23:21| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
RDF Site Summary
RSS 2.0