「迷える母羊を救う会」

以前にこのブログでも書きましたしたがお子様の進路を考えるうえで、

生徒たちだけでなく、お母さま方もいろいろわからないことがあり、

迷ってらっしゃる姿を目にします。

そこで、迷える子羊だけでなく、迷える母羊も救いたい・・・そんな

思いで「迷える母羊を救う会」を立ち上げました。

・・・というと大げさですが、お母さま方(もちろんお父様でもOKです)

からの高校別の質問を受け付け、該当の高校に通う、あるいは通って

いた生徒、保護者様にお答えしてもらい、その内容をブログで紹介

するというものです。

お母様→通っているお子様への質問でもお母様→通っているお子様の

お母様への質問でもよいです。

例えば

「髪染めている子はどのくらいいますか」

「雨の日は送迎していますか」

「部活をやると、何時くらいに帰りますか」

など、どんな質問でも構いません。

ただし、内容や学校によっては答えられない場合もあります。

また塾生、卒塾生およびその保護者の方にお願いする都合上、

回答までにお時間をいただく場合があります。

皆様からのご質問お待ちしております。

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=6d388bf6da1d665a
第2弾として9月30日で締め切らせていただきます。

また、このブログをお読みの塾生、卒塾生の保護者の皆さま・・・

そんなわけですのでもしも私から質問がいった際には快くお答え

いただけますようお願い申し上げます。

2015年11月23日

中3のめざめ

土日で中3全員と三者面談をおこない、
今日は朝8時半集合での過去模試。
過去模試は今まで南コースの生徒が
対象でしたが、今日から全員対象にして
います。

DSCN0950.JPG

結果は前回に比べ横ばいからダウン。
確かにその結果だけ見れば、ダメじゃん
ということになるのですが、週末の
面談で真剣に面と向かって話したことが
生徒たちにしっかり伝わっているのを
感じたので、なんか前向きな気持ちに
なっています。
今まで中3生に対してはいろいろな場面で
いろいろな話をしてきました。
もちろん個人的に呼び出して話した
ケースもあります。
厳しい話もしましたし、私の本当の思いを
包み隠さず話したこともあります。
その都度、その話をきちんと受け止めて
くれた子はいましたが、それは一部で
あったり、一時的であったりしていました。
でも、今日の中3の表情を見ていると
ようやくみんなが「残り3か月真剣にやろう」
と思っているのがしっかり伝わってきました。
試験中の休み時間のノートやワークで
最終確認している様子や解説会の時の
表情もみんな真剣そのものでした。
解説会が終わってからも、ほとんどの生徒が塾に
残り、各自の課題に真剣に取り組んでいました。

「まじめはつまらない」「塾は楽しい方がいい」
と感じる生徒もいるかもしれません。
でも塾はやはり真剣に勉強に取り組む場だと思って
います。
真剣な中にちょっとの楽しさや笑いがあったり。
やはり真剣にやったものだから分かり合える
ことがあります。
朝8時半に集合して、夜の授業の子はずっと
10時間以上頑張っているわけです。
休みだから遊びに行こう
休みだから家で友達とLINEしよう
休みだからTWITTERでもしよう
名学館以外の中3はそんな感じかもしれませんが
うちの塾生は違います。
立派に受験生としての資質を身に着けたと
思います。
来週からも土日はほぼ全部つぶれます。
「塾で勉強している時間が楽しい」
そう思ってくれる自慢の生徒たちです。

さ、明日も朝塾頑張りましょう。
朝塾来ない子もしっかり早起きせえよ。



posted by じゅくちょー at 22:29| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
RDF Site Summary
RSS 2.0