「迷える母羊を救う会」

以前にこのブログでも書きましたしたがお子様の進路を考えるうえで、

生徒たちだけでなく、お母さま方もいろいろわからないことがあり、

迷ってらっしゃる姿を目にします。

そこで、迷える子羊だけでなく、迷える母羊も救いたい・・・そんな

思いで「迷える母羊を救う会」を立ち上げました。

・・・というと大げさですが、お母さま方(もちろんお父様でもOKです)

からの高校別の質問を受け付け、該当の高校に通う、あるいは通って

いた生徒、保護者様にお答えしてもらい、その内容をブログで紹介

するというものです。

お母様→通っているお子様への質問でもお母様→通っているお子様の

お母様への質問でもよいです。

例えば

「髪染めている子はどのくらいいますか」

「雨の日は送迎していますか」

「部活をやると、何時くらいに帰りますか」

など、どんな質問でも構いません。

ただし、内容や学校によっては答えられない場合もあります。

また塾生、卒塾生およびその保護者の方にお願いする都合上、

回答までにお時間をいただく場合があります。

皆様からのご質問お待ちしております。

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=6d388bf6da1d665a
第2弾として9月30日で締め切らせていただきます。

また、このブログをお読みの塾生、卒塾生の保護者の皆さま・・・

そんなわけですのでもしも私から質問がいった際には快くお答え

いただけますようお願い申し上げます。

2015年11月24日

いいなあ若いって!(笑)

最近、塾生や卒塾生と話してて感じること。
ちょっとしたことに喜び、ちょっとしたことに
落ち込み、ちょっとしたことに感動し、
ちょっとしたことに一生懸命になり。
青春だなああと感じてしまいます。
振り返れば私にもそんな時代はあったはず
なんだけど・・・。

先日中3に書いてもらった作文の中で
ある生徒が書いた1文にハッとさせられました。
大人は最近の若者は挑戦する心が足りない
というけれど、大人は既に経験しているから
言えること・・・
そんな内容でした。
確かにそうなのかもしれないですよね。
挑戦して、たとえ失敗しても命が
とられるとか、はいあがれないほど
奈落の底に落とされるとか、そんなこと
ないということをわかっているのです。
高校受験にしても、そこがゴールじゃない
ということをわかってるから、いろんな
ことを言えるのです。
でも中高生にとっては、経験のないことへ
の挑戦はやはり不安。
だからマイナス思考にもなるし、
ちょっとしたことで悩んだり、落ち込んだり。
大人が「大丈夫だよ」と言っても
未知のものへの不安は相当なもの
なのでしょうね。
でも、だからこそ、ちょっとしたことへの
感動や喜びも大きいのかもしれませんね。

そんなことを考えると、もっともっと
生徒の気持ちになって、共に気持ちを
分かち合い、その一方で経験のある
大人としていろんなことを伝えていかな
いと・・・という気持ちになります。

中3保護者の皆様には先日の三者面談の
際に冬期講習のご案内を先行してお渡し
しました。
今季初めて、中3の冬期講習の授業も
すべて私が持つことにしました。
今までは日程の関係で、冬は講師と手分け
してやっていたのですが、先日
「命がけで向き合う」と宣言したので
そうすることにしました。
演習が中心になりますが、今まで知識として
与えたことを再度確認しながら進めて
いきます。
夏は全員5教科受講していただきました。
相当な団結力が芽生え、力もつけ、今に
つながっていると思います。
冬はどうしても「力はついているので
そんなに受講しなくてもよい」と考える
方もいらっしゃるので、全員5教科受講と
はならないかもしれませんが、この冬も
チーム力を高めながら限界に挑戦する
冬にしたいと思います。
中3は塾外生の受講はできませんので
あしからずご了承ください。
中2以下の講習のご案内は今週末には仕上げる
予定です。

posted by じゅくちょー at 23:43| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
RDF Site Summary
RSS 2.0