2018年08月23日

やることは多い

夏休みが明けて、どの学年の生徒も
気持ちを新たに勉強にむきあっている
感じがします。
休みが明けると、仙台市はすぐに期末
テスト・・・。
と思ってましたが、今出ている郡山中、
長町中のテスト範囲表を見ると、
あれ、それっぽっち?と感じるくらい
範囲の短さです。
来週からはじっくり復習が出来そうです。
今日夕方の授業の後、8期生の子と
おじ呼ばに行ってきました。
彼女らが中3として頑張っていたのは
8年前。私が血気盛んな時でしたから、
毎日怒鳴り散らしてましたね・・・。
「よく辞めなかったよな」というと
「負けず嫌いでしたから」・・・と。
まあこの代の親御さんはほとんどが私と
同世代だったので、親に「やめたい」と
言っても軽く一蹴されていたのでしょうね。
でも「塾長には相当メンタル鍛えられましたよ」
と言われるとよかったんだか悪かったんだか。
でも立派に成長して頑張ってる卒塾生を
見ると、昔ながらの指導で成長する子も
いるのだろうなと感じています。
どういうやり方がベストなのかはいまだに
悩みます。
ただ、一方で「ぶれない」というのも大事な
ことなのかもしれません。
個人塾はトップが変わりません。
だからこそ、方針や考え方がぶれてはいけない
のだろうなと思っています。
もちろんその時代に合ったやり方があります。
でも、周りがこうしているからうちも・・・
ではほかの塾との差別化ができなくなります。
課題が多いのが名学館
塾長が怖いのが名学館
朝も開いているのが名学館
テストが終わってもやり直しを強制させられるのが
名学館・・・
生徒が外でも勉強しているのが名学館
(いや、これは生徒の主体性・・・)
ごまかしがきかないのが名学館・・・。

15年の歴史で築き上げられてきたイメージは
簡単に変えられません・・・。
ですから今後もこのイメージ通りの塾で
ありたいと思っています。

「やさしい」「楽しい」「わかりやすい」
そんな甘い言葉で釣っても意味がありません。
事実をありのままに伝え、それでも
塾長を信頼する・・・という方に通って
もらいたいと思っています。
うちの塾はほかの塾に比べ、進学実績も
ありませんし、楽に点数が伸びるテクニックを
教えるところでもありません。
やる気のない子にはガンガン退塾勧告も出します。
でも、生徒たちの成長と幸せを考えています。
定期テストがゴールではありません。
高校入試がゴールではありません。
生徒が大人になった時に「中学時代、名学館
に通っていてよかった」そう言ってもらえることを
目指したいです。

参考までにうちの塾の15年の高校進学実績
(国公立)
1位 仙台向山 24名
2位 仙台二華 17名
2位 仙台南  17名
4位 仙台三桜 16名
5位 仙台西  15名
6位 宮城野  12名
7位 仙台東   8名
8位 宮城第一  6名
8位 仙台第三  6名
8位 宮城工業  6名
11位 仙台高専 5名
12位 仙台第一 4名
12位 名取北  4名

こうやってみると、母校、向山が
群を抜いているなあ・・・。
そんなに推しているわけでも
ないのですが・・・。
(でも多少は推している)
私は志望校決めに関しては、
多少のアドバイスはしますが、基本は
本人の意思に任せています。
その中でよく言っているのが、オープン
スクールや文化祭に行ってみた時、
理由ははっきりしないけど、なんとなく
いいなあと思ったり、自分が通っている姿を
想像できたりする学校がいい学校だよと。
自分がいいと思った学校に行けば、おのずと
がんばれる・・・そんな風に思います。
私自身が向山を選んだ時がまさにそう。
そしていまだに向山を誇りに思っています。

posted by じゅくちょー at 23:59| 日記
簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
RDF Site Summary
RSS 2.0