2019年07月12日

いいこと思いついた

ブログ改革のおかげで、

塾生、卒塾生の保護者の方からメールで

感想やコメントをいただくことが増えた。

本当にありがたいし、私の活力源に

なっています。

そして今は保護者面談の真っただ中。

その中で中学生のお母さまから高校に

ついていろいろ相談を受けることがあります。

いわゆる
「〇〇高校はどうですか」という。

もちろん、私の知りえる情報を話していきますし、

生徒たちには夏以降、先輩塾生、卒塾生から話を

してもらう場も設けます。

今年からようやく二高の生の声も聞けるので

主だった高校はほぼ網羅した感があります。


が、しかし・・・






お母さまたちも生の声を聞きたいのではないだろうか。

以前、お子様を台湾の大学に進学させようかと

悩んでいたお母さまがいたので、実際に台湾の大学に

通っている生徒を引き合わせたことがあった。

お母さま、その生徒にガンガン質問する・・・

その子も現状を答える・・・。

実際に通うのは生徒たちとはいえ、お金を出し、

将来のことを考えると生徒に一任というわけにも

いきません。

もちろんオープンスクールに一緒に行く方も

多いので、そこで情報は得られますが、やはり

知りたいのは表面的なことばかりではなく

「で、実際はどうなの?」というリアルな話。

また、生徒の観点と保護者の観点というのも

違うはず。

例えば高校の部活に親がどの程度関わるのか

とか(中学時代は送迎等、熱心に関わる方が

多いですからね)

その高校で何番くらいに入っていればどこの

大学に行けるのか・・・とか

上にお兄ちゃん、お姉ちゃんのいる方はともかく

初めて子どもの高校受験を迎える方はいろいろ

気になる方も多いでしょうね。

生徒たちには塾でも「わからなかったら質問しろよ」

と言ってますが、大人になると「え、そんなこと

も知らないの」と思われそうで、なかなか聞きづらい

ということもあるかもしれません。

でもご安心ください。

名学館ファミリーは心優しい集団です。

高校生あるいは高校を卒業した塾生、卒塾生やその

保護者の方が迷える母羊を救ってくれるはずです。

というわけでまだ思い付き段階ですが

オープンスクールや合同説明会が終わった9月以降に

「迷える母羊を救う会」(仮称)を立ち上げたいと

思います。

「高校生になったらお小遣いは」

「髪を染めたいと言われたら」

「アルバイトは」

「進学校ってどのくらい勉強させられるの」

・・・などどんな些細なことにもお答えしていきたい

と思います。

どんなふうに進めていくか、決まり次第お知らせします。





posted by じゅくちょー at 08:54| 日記
簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
RDF Site Summary
RSS 2.0