2019年07月14日

ゲーム好きの野球少年K

今回は9期生の野球少年Kの話。

彼は中学時代から、その野球センスが光っており

仙台三高に入ってからも2年生でエースの座を

とり、東北大会まで導いた実力者だ。

彼は小6の最初に入塾した。

理由は簡単

「家ではゲームばかりで勉強しないから」

いわゆる強制的に勉強できる場を与えるということ。

これは入塾の理由で時々あることだが、

本人が納得していない場合、うまくいかず、

結果退塾につながるケースもある。

しかし、彼は割り切っていた・・・

「塾で勉強しさえすればゲームができる」


・・・確かに。


私も塾でしっかりやって、宿題もやって

理解もできているので、それ以上何も

言えない・・・。

一方で彼は野球少年。

つまり野球も真剣、ゲームも真剣

そして時間は短いかもしれないが勉強も真剣


そんなタイプだった。

中学に入り、予想通りテストでも結果を出して

きた。中1,1学期中間テスト


472点

その後も
449点、448点、444点・・・

と450点はいかないものの、いわゆる怒られる

筋合いのない点数をとってくる。


彼のすごいところは週2回休まず来る。

宿題もやってくる。

ただ、家では勉強しない。

学校や塾の宿題は休み時間など学校で済ませる。

なぜか



野球とゲームをしたいから。

結果を出しているから、親もあまり言えない。

ちなみに彼の模試の結果は

中1・8月偏差値62
中1・1月偏差値67
中1・3月偏差値61
中2・8月偏差値70
中2・1月偏差値65
中2・3月偏差値64

さすがにこれで「もっとやれ」とも言えない。

そんなこんなで彼も中3で部活を引退。

ようやく勉強一本になってくれるかと

思いきや、勉強は学校と塾だけ。

ただ、それだけ集中して聞いていたということ

なのでしょうね。

秋になり、突然彼が私のところに来て

「塾長、俺ゲームやめます」と。


まだゲームやっていたんかいと突っ込みたく

なりましたが、そこはぐっと抑え、

「そうか、よし!!」と彼の誓いを誉めました。

そして彼はおもむろに「これ預かってください」

とコントローラーを私に差し出しました。

今でこそネットゲームが隆盛ですが、当時は

ゲーム機でゲームをするのが主流。

コントローラーがなければゲームはできないわけです。

彼の行動に刺激されたのか、携帯や好きな雑誌、

ゲーム機など「塾長に預けます」が一大ブームに

なりました。(笑)

ちなみに彼の中3での模試の偏差値は

68→68→72→68→72→69→70

最終評定も4.5

そんなわけで無事、推薦で仙台三高に進学しました。

「三高で甲子園に行く」と。


三高でも2年生からエースとして大活躍。

あと一歩で甲子園というところまで健闘。

さすがです。

https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/p-bb-tp3-20130529-1134678.html

勉強面も頑張り、評定もしっかりとっていたよ

うで、指定校でなんとか早稲田大に入りたい

そんな思いが強かったのですが、最後、評定で

ちょっとの差で女子に奪われ指定校はとれません

でした。

結局彼が選んだ道は一般入試。

最終的に明治大に進学しました。

明治大はさすがにつわものぞろいですからだいぶ

苦労したようですが、それでも最後まで頑張り

つづけた姿は立派です。

最後の最後、4年の秋にリリーフで好投。

悔いなく大学生活を終えることができたようです。

https://baseballgate.jp/p/307881/

今は東京の某大手企業で営業マン。

帰省のたびに挨拶に来てくれる律儀な男です。



あれだけの結果を出していた彼でさえ

自らの意志でゲームを卒業しました。

評定でもテストでも結果が出ていないのなら

ゲームについては真剣に考えるべきだと

思ってます。

もちろんスマホも・・・。

今日の中3にはそんな話もしたいと思います。









posted by じゅくちょー at 11:00| 日記
簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
RDF Site Summary
RSS 2.0