2019年07月17日

保護者面談ラスト

今月2日からおこなっていた全保護者との

面談も明日でラストとなります。

長い人は1時間くらいお話させていただいて

います。

もちろんこちらから生徒の塾での様子、状況も

お話しますが、私としては保護者の皆様が

日ごろどのように生徒と接し、どのような言葉

をかけているのか、また塾に望んでいることは

何なのか・・・などを確認する場ととらえて

います。


今年度、中3の保護者の方の話で特徴的だった

のが、私立高校への抵抗がなくなっているな

ということです。

昔で言えば「私立は公立のすべり止め」という

印象が強く、公立が上、私立が下という

認識でいらっしゃる方が多かったような気が

します。

でも今回お話を伺っていると、自分のお子様

が私立のほうが向いているのではないかという

話や、私立の少人数体制や、大学の指定校枠

の多さなど、メリットを考えてらっしゃるよ

うです。

私も私立高校は説明会などを通して先生方

からもいろいろ情報を得ています。

まずはどこの高校に行くにせよ、成績を

上げていくこと一番ですが、これから

募集要項が確定していく中で、私立高校の

情報も積極的に集めていきたいと思います。

同時に私立高校に進学している卒塾生も

頼りにしていきます。


それから、この保護者面談で感じたのは

子どもの頑張りをしっかり認めているなと

いうことです。

親は子どもを怒って当たり前、

他人様の前で自分の子どもをほめるなんて

恥ずかしい・・・という考えもありますが、

やはり子どものやる気を引き出すためには

親がほめてあげることも必要だろうと

思っています。

実際、うちの塾生は頑張っている子が多い

ので、そのあたりを伺うと

「よく頑張ってると思います」

「追試がなかったときは嬉しそうです」

「親が何も言わなくてもやるようになりました」

など、お子さんを温かく見守ってくれてるな

というのを感じます。

理想を言えばきりがありませんが、まずは

がんばっていること、成長していることは

ほめてあげてほしいですね。


ほめて伸ばす・・・はむやみやたらにほめる

ことではありません。努力もしていないのに

ほめることでもありません。ちゃんとやって

いる、あるいは明らかに変化が見られたとき

そういう、ここぞというときに

しっかりほめてあげることです。


私も塾では怒ってばかりと見られがちですが

がんばってる生徒のことはしっかりほめて

います。

伝わってるかどうかはわかりませんが・・・(笑)







posted by じゅくちょー at 22:35| 日記
簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
RDF Site Summary
RSS 2.0