2019年11月09日

変化

昨日の午前中、髪を切ってきました。

まあ、そんなことどうでもいい話ではありますが

普通、


普通・・・


「あ、塾長髪切ったんですね」


言うと思うんですよね。教室で私に会った瞬間。


少なくとも今まではそうでした・・・。

例年に比べ、今年の中3に物足りなさを感じています。

チーム力、積極性、朝塾の活用、私への要望、

私の想像を越える行動、本気の頑張り・・・

多分生徒に言わせれば

塾長が髪を切ったなんてどうでもいいこと

でいちいちコメントするほどのことでもない

と思っているのかもしれません。

あるいは言おうかなと思ったけど、触れてほしく

ないことかもしれないなあと判断してあえて

言わないでおこうとなったのかもしれません。

先日もある男子生徒が髪を切ってきた時

恥ずかしそうにしていたので、あまり触れて

ほしくないのかなあと思ったことがありました。

一方で、女子の中に「塾長、髪切ったのわかりますか」

と積極アピールしてくる子もいました。

相手に何か言うというのはすごく勇気のいることで

それを言うことで相手を喜ばせるかもしれないし、

逆に怒らせてしまうこともあるかもしれません。

そうなると、何も言わないでおくのが無難

となってしまうのでしょうね。


でも何か変化があったとき、それを肯定する、

否定するではなく、気づいてあげることは

大事です。

それだけで相手も自分のことを見てもらってる、

気にかけてもらってるという喜びを感じる

ことができますからね。

昔だったら

「塾長、イケメンになりましたね」と歯の浮く

ようなセリフを言える生徒が結構いて、私も

突っ込みがいがあったのですが、なーーーんか

物足りないなあ。

いや、言われるために髪を切ったわけではない

ですけどね。

たかが、髪を切って言われなかったくらいで

朝からブログでこんなに引っ張るかという感じ

ですが、中3、どんどん行動しよう、

どんどん言葉にしよう大作戦を敢行していきます。

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=17d88ec41413e292


posted by じゅくちょー at 05:00| 日記
簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
RDF Site Summary
RSS 2.0