2019年11月09日

成績優秀な子

うちの塾は進学実績では向山高校が一番多く、

続いて仙台三桜、仙台二華、仙台南と続きます。

このことからもわかるように、もともと成績

がトップクラスという子はなかなか入ってき

ません。

ただ、過去においては既に定期テストなどで

トップクラスの順位を引っ提げて入塾してきた

子もいます。

我々からすると、初めから成績のいい子というの

は自分なりの勉強法も確立しているし、ちょっと

いえばわかってくれるもの・・・という先入観

をもってしまいがちで、どちらかといえば

ほっとくことが多くなりがちです。

でも、実は成績優秀な子(もともと優秀な子も

努力して伸びて上位になった子も)ほど

「かまってちゃん」の傾向があるかもしれないな

と感じています。

実際、学年ベスト3に入る子が入塾してきた時

そのお母さまが「成績はいいけれど、ミスも多い。

でも学校の先生方は『お前は大丈夫』と言って

あまり構ってくれない。面談も数分で終わる」

そんな話をしてくださいました。

先生方からすればできる子はほっといてもできる

からできない子に時間をかけたくなる・・・その

気持ちはわかりますし、私も実際そういう行動を

起こしているような気がします。

でも成績のいい子にはその子なりの悩み(周りから

すればぜいたくな悩みだとか、大したことないと

言われがちですが)があり、他の生徒のように

もっと構ってほしい、話を聞いてほしいというこ

とがあるような気がします。


そのお母さまからそんな話を聞いて以来、

私は成績のいい子に対しても厳しいことも言い

ますし、できるだけ目を向けるように、

何かアプローチがあった時にはできるだけ

時間をかけて応えるようにしてきました。


富中で学年1番取ったことのある

13期のRちゃんや14期のYちゃんなども

かまってちゃんだったような気がします。(笑)


慣れてくると、「お前ならできて当然」とされて

褒められることも少なくなってきます。

私もついそうなりがちですが、できているところは

しっか褒め、たとえ少なくてもできていないところ

には厳しく、あるいは誠実に対応していこうと

思っています。

褒めるのは苦手ですが・・・(笑)


みんな大切な塾生ですからね!!


ブログの感想はこちらから↓
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=17d88ec41413e292


posted by じゅくちょー at 11:00| 日記
簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
RDF Site Summary
RSS 2.0