2019年11月15日

富沢中、郡山中も評定出る。

今日、富沢中と郡山中の3年生の評定が

出ました。

1教科ではあっても上げてきた子は

上げてきましたね。特に実技教科で

1上がる意味は大きいです。

しかし、男子の評定が軒並み悪い。

平均で4を越えているのは2名のみ。

かといって実技教科が良いわけでも

ないので、195点満点にしたときでも

140に届かない生徒が複数います。

これに関しては毎年言い続けるしか

できないのですが、やはり入試では差に

なります。

評定が出てしまった以上、あとは本番の

試験に向けて点数を上げていくしか

ありません。

真剣に、集中して、全力で頑張ってもらいます。

土日で中3と三者面談をおこないます。

スムーズに行きそうな子もいれば、相当

時間のかかりそうな子もいます。

時間内に終わらなかった場合は日を改めて

やります。

まだ高校がふらふらしている子もいます。

合格レベルに達していない子もいます。

進路のことはもちろん、この後どうやって

いくのかを真剣に話し合います。

今日授業が終わった後、高2の子が来訪。

「塾長、相談があります」と言ってきたので

何何?と思って聞いていると、海外の大学に

行きたいと・・・。

しかもヨーロッパ・・・。

これまで台湾の大学は2名いますが、ヨーロッパ

は初。でも、よいと思います。

親御さんの中には海外はおろか県外に進学すること

すら反対する方もしますし、逆に親は県外でも

いいよと言っているのに、県内にとどまる子もいます。

もちろん私も県内の大学に進学したので、偉そうな

ことは言えませんが、冬馬の話を聞いても

台湾の大学に行った子の話を聞いても、経験と

行動は大切だなと感じています。

やってみたい、行ってみたいと思ったら行動して

みればいいのです。

(もちろん親としっかり話してね)

絶対何かが変わります。

自分がこういう人間ですから、生徒たちの

好奇心や積極的な、行動は全面的に応援します。

結局今日も1時間以上ずっと話しっぱなしで

相談というよりも「宣言」でした。(笑)

私も気持ちが中途半端だったり、何しに行くの?

と感じたなら突っ込んだと思いますが、思いも

しっかりしてましたし、黙って聞いていて

「頑張れ」という感じでした。

今日の話を聞いていても

高校、受験、就活、留学・・・いろんなテーマで

卒塾生の話をフィードバックしたいなと

感じています。

もちろん名学館ファミリーに・・・。

ファミリー内で情報を共有しあったり、質問に

答えたり、情報を発信したり・・・

そんな名学館ファミリーのコミュニティがあった

らなああと最近感じるようになりました。

というわけで、ちょっと今その企画を進めて

います。

4月開設・・・できれば1月に開設したいなと

思ってます。

また進捗は案内します。

(それより冬期講習の準備を急がねば)

感想はこちら↓
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=17d88ec41413e292
posted by じゅくちょー at 23:27| 日記
簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
RDF Site Summary
RSS 2.0