2011年06月01日

頑張ることが偉いのではない

今日、残念ながら中1で1名退塾者が出ました。
・・・というよりまだわずかしか経ってないので
なんとも言えませんが、毎年、中1では入ってすぐ
やめる子がいます。
以前お話を伺った方は「部活で疲れていて課題が
終わらない」「こんなに量をこなせない」と言われて
いました。
保護者の方がお子様の体や精神的なことを
考えて、退塾させたほうがよいと考えるのであれば
我々としてはそれに従うのみです。
小6や中1(初期の頃)だと、妙なプライドや
「そこそこできる」という思い込みを持っている生徒がいます。
そのプライドを崩さない限り、成績の向上は
望めないと思います。
「君はできると思っている、あるいは頑張っていると思って
いるかもしれないけど、全然・・・だよ」といったことを
私も平気で言います。
テストの結果は反復の数、どれだけ覚えようと努めたか
が勝負であり、ただ机の前に座ってる時間が長いとか
頑張ってる・・・などというのは何の意味ももちません。
確かにうちの塾は厳しいとは思いますが、当たり前のことを
当たり前にやらせているだけ・・・それができないということは
努力や反復練習の数が足りない・・・ただそれだけです。
ほかの塾のことはわかりません。
宿題の量、テスト勉強をいつから開始させるのか・・・
ただ、ほかの塾と比較しても何も意味はありません。
名学館富沢校に入ったら、うちのルールに従うだけ。
結果につなげる勉強がどういうものなのかを知って欲しい
ですし、塾は「予想屋」ではないので、少しでも出るかも
しれないことは必ずやらせます。
よく「あんなにやったのに、あんまり出なかった」という
生徒がいますが、それは結果論。
そしてたまたまそのテストに出なかっただけど、やってムダだった
なんてことはありません。

今日の中3の授業は細胞・遺伝の再試験と平方根のまとめテスト
をやりました。
来週〜運動・仕事のところの解説をして、残り4週間、演習を
繰り返すのみです。これだけ演習に時間が取れるのは予想外
ですが、数学は100点本気で目指してもらいます。

体調がなかなか回復しなく、明日の朝塾はお休みさせていただく
ことにしました。
金曜日はおこないます・・・。(既に3名予約有り)

早く体調戻さねば・・・
posted by じゅくちょー at 23:45| Comment(0) | 未分類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
RDF Site Summary
RSS 2.0