2011年01月11日

現実の厳しさ

冬休みがあけて、今日から学校もスタートです。
昨日は中3の直前補習で「古文」の読み取りを
行いました。古文はとにかく読みなれることが
大切です。古文独特の言い回しや古語に
慣れてくること、そしてその時代背景などを
しることで、だいぶ理解が深まっていくと思われます。
現代で考えれば「そんなのありえないよ」という
話もある一方で、「わかるわかる」というのも
あるはずです。
古文はなかなか時間をとって進めることができ
なかっただけに、少しは古文そのものへの
抵抗感もなくなっていったのではないかと思っています。

というわけで、昨日から通常授業も再開しました。
中3は新グループでのスタート。
気持ちも新たにガンガン問題を解いていってほしい
と思っています。

今年出した年賀状の中に1枚あて先不明で
戻ってきたのがありました。
8年前に私と同じタイミングで開校した校舎が
ひっそりと閉校していたようです。
私と同じ時に加盟して、研修を受けた塾長
さんは私を含め4名だったのですが、これで
私以外の3名の塾長さんの校舎が閉じて
しまったことになります。
大手塾と戦いの中で、生き残っていくことは
並大抵のことではありません。
もちろん、私自身も厳しい状況は続いています。
ただ、無理してでも踏ん張らなければいないと
思っています。
昨日成人式で3期生の卒塾生が4人顔を
出してくれました。
いろいろあるようですが、立派に成長して
います。
1期生がまもなく大学卒業を
迎えます。
4期生は大学受験です。
今高校生の卒塾生の中には
「大学に入ったら、うちの塾で講師をする」と
約束してくれた生徒もいます。
もちろん、今いる塾生みんな大好きです。

この春から小学校の教科書が変わり、
来年には中学校の教科書も変わります。
各塾とも「ここがチャンス」とばかり攻勢
をしかけてくると思われます。

それでも周りに流されることなく、朝塾を
定番化し、厳しいスタイルを貫きながら
個別でも集団でもない、独自のスタイル
を進化させていきたいと思ってます。
受験体制と並行して
教材選定、朝塾の活用法、新年度の
体制・・・そして宣伝活動・・・
もちろん、確定申告(これが一番難敵)
と休めない日々は続きます・・・。

あ、ちなみに今日から朝塾は6時スタート。
公立高校入試まで土日もすべて開けています。

posted by じゅくちょー at 07:12| Comment(0) | 未分類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
RDF Site Summary
RSS 2.0