2010年05月05日

厳しさはまだ序の口ですが

今日は中3南コースの授業がありましたが、
まだまだついてこれていません。
毎年南コースの生徒には課題もがっちりやらせ、
授業もしっかりついてこさせる、超スパルタで
進めています。
点数取りたいのだったら、志望校に確実に行きたい
のだったら、普通にやっててはだめ・・・。
課題に本気で取り組み、わたしの話も一言も聞き
もらさないように全神経を集中する・・・そのくらいの
勢いをもってほしいのですが、課題が間に合わない
とか、説明をメモしないとか、全然意欲を感じません。
いや、普通の意欲はあるのですが、わたしの求めている
レベルには達していません。
中3にはこのあとも厳しいノルマを与えていきます。
こんなの中3の後半に比べたら厳しさは序の口です。
今日も明日締め切りの課題が終わりそうもない生徒には
「勝手にスケジュールを変更するなよ」と言いました。
自分の都合で「〇曜日には終わらせます」とか・・・。
私が明日までといったら、どんなことをしてでも明日までに
仕上げなければならないのです。
それがルールというものです。
前にも言ったとおり、うちの塾では社会に出てからも
きちんと対応できるよう、時間管理、挨拶、礼儀、
そしてスケジュール管理を重視しています。これらを
守れない人間は社会人として上からの評価は明らかに
低くなります。
ルールを守らない人間が信用をなくします。
とにかく、最低限のルールを守る・・・そういう生徒で
あってほしいと思います。

今日、高校生が自習に来ました。(来させました・・・が
正解かもしれませんが)
本人も自覚がありますが、高校の勉強についていくのが
やっとになっている状況をなんとか改善しないといけません。
言い訳しない、下を見ない、嘆かない・・・とにかく
前向きに上を見て頑張ってほしいと思っています。
今ならまだ挽回がききます。
高1であっても多少無理をする場面も必要です。
高校で差別するつもりはありませんが、進学校に進んだら
それなりの自覚と誇りをもって、結果につなげてほしいと
思っています。
ましてや名学館で学んだ生徒なわけですから、ほかの塾
出身者に負けないでほしい・・・。変なところで私も
対抗意識をもっています。
頑張ってほしい生徒にはこれからも厳しく対応します。

私が厳しくなくなったら、信頼しているか見捨てているかの
どちらか・・・ということで。
posted by じゅくちょー at 00:09| Comment(0) | 未分類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
RDF Site Summary
RSS 2.0