2007年11月29日

卒塾生の進路

塾を開いて2年目に中3だった生徒たちも今、高3。徐々に進路が決まって
来る頃です。今日、塾生から「姉ちゃん、進路決まったよ」とうれしい報告を
受けました。その生徒のお姉ちゃんも塾生だったので、進路のことは
気になっていました。
将来に向けてしっかり目標をもった選択なので、なおさらうれしいです。
さっそく夜に電話して、お母様と本人にお祝いのメッセージを告げました。
「そのうち、友達(同じ高校の卒塾生)と遊びに行こうと思っていた」って
ことだったので「ぜひおいでよ」と言いました。

塾を離れても、やはり一緒に受験を戦った生徒のことはずっと気になります。
時々1人で塾にいると、あの生徒はいつもここに座ってたなあとか考えて
しまいます。
日々忙殺されて、生徒一人一人のことを考える時間がなくなってしまうときが
ありますが、塾生も卒塾生も大切な生徒。みんながんばってほしいです。

週末の三者面談に向けて、模試の結果の打ち込みをしながら、どんな話を
しようかと考えています。
学校の三者面談は15分程度とのこと。現時点では私立の確認が主という
ことですが、公立に向けての展望をしっかり話し、生徒の口からこのあと
どうするのかという言葉を引き出したいと思います。
塾での三者面談は塾長と生徒と保護者が、受験に向けて、思いや目標を
共通にする場です。残りわずかですが、生徒の宣言にしっかり応えられるように
していきたいと思います。
posted by じゅくちょー at 23:25| Comment(0) | 未分類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
RDF Site Summary
RSS 2.0