2006年06月13日

喜びと悲しみと

仙台市の中総体も今日で終了。
富中も野球が決勝まで残っており、今日、3年生だけが
応援に行くとのこと・・・。残念ながら野球部の塾生
はいないですが、ぜひ優勝してほしいですね。
日曜日は朝イチで、川内コートにソフトテニスメンバー
のもとに挨拶に行き(残念ながら1試合しかみられません
でしたが)、そのあと、ソフトボール、そして女子
バスケの試合を見に行ってきました。
天候が悪くかわいそうでしたが、元気な生徒達を見る
ことができ、毎年のことながら嬉しく感じています。
この日は残念な結果が続いてしまい、テンションは
下がってしまいましたが一生懸命最後まで全力を
尽くすことがかっこいいですからね。

昨日はソフトボールの準決勝を見に行ってきました。
おとといの観戦とはうってかわって、見事なコールド
勝ち!塾生も活躍してて、応援にも力が入りました。
残念ながら決勝では負けてしまいましたが、県大会出場。
お見事です。
教室に戻ってきてからも、柔道部の部員が勝利報告に
来てくれました。
時間の関係ですべて回りきれなかったのが残念ですが、
ほんと、みんなかっこよく見えました。

昨夜はワールドカップ緒戦でした。仕事も早めに片付けて、
途中からテレビの前で観戦してました。
結果はご承知の通りで、私がコメントするものでもない
のですが、やはり「油断」しちゃいけないということ
そして常に攻めの姿勢を忘れちゃいけない・・・ってこと
なんでしょうかね。
そしてもう一つ、今の状況を考えればかなり厳しい状況ですが
絶対あきらめちゃいけない・・・ってことでしょうね。
奇跡は起きるものではなく、起こすもの・・・
サッカー見て、いろんな方のコメント聞いて、
塾にも通じることがあるなああと感じた次第です。
posted by じゅくちょー at 11:04| Comment(0) | 未分類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
RDF Site Summary
RSS 2.0