「迷える母羊を救う会」

以前にこのブログでも書きましたしたがお子様の進路を考えるうえで、

生徒たちだけでなく、お母さま方もいろいろわからないことがあり、

迷ってらっしゃる姿を目にします。

そこで、迷える子羊だけでなく、迷える母羊も救いたい・・・そんな

思いで「迷える母羊を救う会」を立ち上げました。

・・・というと大げさですが、お母さま方(もちろんお父様でもOKです)

からの高校別の質問を受け付け、該当の高校に通う、あるいは通って

いた生徒、保護者様にお答えしてもらい、その内容をブログで紹介

するというものです。

お母様→通っているお子様への質問でもお母様→通っているお子様の

お母様への質問でもよいです。

例えば

「髪染めている子はどのくらいいますか」

「雨の日は送迎していますか」

「部活をやると、何時くらいに帰りますか」

など、どんな質問でも構いません。

ただし、内容や学校によっては答えられない場合もあります。

また塾生、卒塾生およびその保護者の方にお願いする都合上、

回答までにお時間をいただく場合があります。

皆様からのご質問お待ちしております。

第一弾として8月31日で締め切らせていただきます。

また、このブログをお読みの塾生、卒塾生の保護者の皆さま・・・

そんなわけですのでもしも私から質問がいった際には快くお答え

いただけますようお願い申し上げます。

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=6d388bf6da1d665a

2012年07月29日

夏期講習状況

夏期講習がスタートして8日が経ちました。
今のところまずまず順調に進んでいます。
今回、塾外生も講習受講していますが、
やはり、やっている子とやっていない子の
差がでているなと感じます。
自分で「できる」と思っていても、実際には
本質的なところがわかっていなかったり、
間違った覚え方をしていたり、やり方を
すっかり忘れていたり・・・。
特に中1、中2の段階では親御さんの中にも
さほど危機感を持っていない方がいらっしゃい
ますが、これはまずいだろう・・・と感じる
ケースもあります。
うちの塾では無理やり勧誘・・・はしませんが、
短期の講習だけでは限界もありますので、
そのあたりのことは話していきたいと思っています。
(生徒自身がやる気になってくれるのが
一番なんですけどね)

今日の中1の英語の講習は珍しく私が担当しました。
塾外生である程度できる子だったので、少し趣向を
変えて、中3などに話す英語のルール、品詞の考え方
などを講義形式で説明してみました。
だいぶ難しかったかな・・・と思いますが、真剣に
聞いて、メモを取っていてくれたので、すぐに役に
立たなくても、何かの時に「そういえば・・・」と
いう形で思い出してくれたらいいなと思っています。

塾に通うのはけして、魔法のように楽な解き方を
教えてもらうことではありません。
我々は常に生徒の意識をどうやって変えようか・・・
そんな風に考えています。
塾外生の意識を変えるのは難しいですが、せっかく
名学館に来てくれた生徒ですから、何らかの目に
見える成果と、意識の変化へのきっかけは残したい
と思っています。

中3の自習出席率が少しずつ上がってきています。

一方でほとんど自習に来ていない生徒もいます。
今後こういった生徒たちがどのように変わるのか
楽しみでもあります。
posted by じゅくちょー at 23:18| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
RDF Site Summary
RSS 2.0