2012年09月08日

塾長が替わらないのが個人塾のよさ

生徒が減少する中、塾は年々増え続けています。
そんな中、個人で頑張っている塾も数多くあります。
うちもそのうちの一つ・・・と言いたいところ
ですが、まだまだかろうじて生き延びてるって
感じです。

最近、大手から転塾してくる生徒がいますが、
そういう子、あるいは保護者の方と話していると
個人塾のよさというのも少しずつ見えてきます。
そのうちの一つに塾長が替わらないということ
があります。
大手の場合、塾長(教室長)が替わってもそう
簡単に方針が変わることもないでしょうが、生徒、
保護者から見れば、不安感もでてくるのでは
ないかと思います。
うちの場合は平成15年の開校以来9年半
塾長は私のままです。そしてこれから先も
教室を2つ、3つと広げることなく、この富沢の
地で名学館富沢校を守り続けたいと思っています
ので、ご安心してお問合せ下さい。
塾長が替わらないということは
兄弟で通う場合、兄や姉のこともよく知っていま
すし、企画や補習を生んだ背景や、これまでどんな
生徒がいたかなど、どんなことも即答できます。
そして卒塾生とのつながりを大切にしていますので、
卒塾生が気軽に顔を出してくれます。

まあ、何でこんな話を書いているかといえば、
今日あるところ(塾ではないですが)に問い合わせを
したら、担当者が替わっていて、以前はよかった
ことがダメと言われました。
実際、こういうことはよくあることですし、
調べるのに時間がかかったりします。

塾長や教室長は学校の先生と同じで何年かしたら
替わるのが当たり前・・・そんな風に割り切っている
方もいらっしゃるようですが、うちの塾は私が
塾の顔。この先も替わることがありませんので、
安心して何でもご相談下さい。

今日は中1、中3でお問合せいただいた方の面談を
しました。
中1の生徒は以前通っていたお兄さんの妹さん、
中3の生徒は8月31日の募集最終締切日にお問合せ
いただいた塾生から紹介いただいた子。
どちらも自分の意思で「頑張る」と言っている子なので
楽しみです。
面談の段階で厳しい話もしていますが、2人とも
納得はいただいています。

富中は期末の結果が出て、ポツポツ問い合わせが入って
います。中1、中2とも今月より二学期中間に向けた
定期テスト特訓コースをスタートさせます。
このままで大丈夫か?・・・ちょっとでもそんな風に
思った方はぜひ一度お問合せくださいますよう
お願いします。


posted by じゅくちょー at 21:40| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
RDF Site Summary
RSS 2.0