「迷える母羊を救う会」

以前にこのブログでも書きましたしたがお子様の進路を考えるうえで、

生徒たちだけでなく、お母さま方もいろいろわからないことがあり、

迷ってらっしゃる姿を目にします。

そこで、迷える子羊だけでなく、迷える母羊も救いたい・・・そんな

思いで「迷える母羊を救う会」を立ち上げました。

・・・というと大げさですが、お母さま方(もちろんお父様でもOKです)

からの高校別の質問を受け付け、該当の高校に通う、あるいは通って

いた生徒、保護者様にお答えしてもらい、その内容をブログで紹介

するというものです。

お母様→通っているお子様への質問でもお母様→通っているお子様の

お母様への質問でもよいです。

例えば

「髪染めている子はどのくらいいますか」

「雨の日は送迎していますか」

「部活をやると、何時くらいに帰りますか」

など、どんな質問でも構いません。

ただし、内容や学校によっては答えられない場合もあります。

また塾生、卒塾生およびその保護者の方にお願いする都合上、

回答までにお時間をいただく場合があります。

皆様からのご質問お待ちしております。

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=6d388bf6da1d665a
第2弾として9月30日で締め切らせていただきます。

また、このブログをお読みの塾生、卒塾生の保護者の皆さま・・・

そんなわけですのでもしも私から質問がいった際には快くお答え

いただけますようお願い申し上げます。

2014年01月27日

中3フリー勉強会

今日は午前中、前期選抜で面接のある3人に
個人面接の練習、そのあとウルスラの集団面接
のある生徒たちの練習をしました。
といっても、例年になく、面接に関しては
心配のない生徒たちばかりなので、1回で
終了にしました。

昼前からはフリー勉強会。
フリーにするなら、別に家でやってもいいじゃん
という声も聞こえてきそうですが、やはり
環境は大事・・・。どうしても家にいると
誘惑に負けることもありますからね。
そんなわけで、こうしてみんなで集まって勉強する
機会ももう残りわずかですから、私自身も
ちょっと感慨にふけっていました。

先日お話の通り、本日、中3受験生あてに
「合格祈願米」を送りました。
まあ、ありがちな企画ですが、入試の日の朝食、
お弁当に使っていただければと思っています。
(先日、高3の塾生にも渡しました)
KIGANAMAI.jpg

喜んでいただけたようで、うれしいです。
私が常日頃から言っている
「顔の見えない新規生募集にお金をかける
なら、塾生・卒塾生・保護者の皆さんの
笑顔にお金をかけたい・・・」
というのはまさにこういうことです。
チラシを折り込むのに比べれば安いもので、
確実に「笑顔」が見られる・・・これが
一番だと思ってます。
今日の夜、他塾の先生方と会う機会があり
ましたが、大手は1軒1軒の訪問営業だったり、
ホストばりの話術であったり、無料攻勢
であったり・・・らしいです。
結局、そういうのに追随してしまうと個人塾は
今いるファンを減らすことになりかねません。
楽天が9年で日本一になったように、弱小塾は
こつこつとやっていくしかありません。
ほかの塾の先生方から「朝塾」の話に感心
されましたが、これだって儲かる企画では
ないですし、「朝塾があるからうちの塾に入る」
という生徒はいません。
それでも、「ああ、駅前の朝もやってる塾ね」
・・・この一言が出てくるだけでも大きな進歩です。
口八丁手八丁、チラシ八丁でいろいろ見せ方を
変えたとしても中身ではっきりした差別化ができて
いなければ塾の魅力は半減してしまいます。
朝塾をやってるせいで、あるいは課題が多い、
厳しい塾だといううわさのせいで入塾のハードルは
明らかに高くなっています。
そして安易に入った生徒はあっさり退塾ということ
もあります。・・・やらない生徒はどんどん
やめさせます。
でも、粘ってがんばっている生徒は必死に応援します。
今日、改めて中3の子達の入塾当時のことを考えると
「よくがんばってきたなああ」と感じます。
結局のところ、中3でいっしょに受験を戦い、長い時間
すごすと、こ憎らしいと思ってた生徒たちのことも
大好きになっちゃうんでしょうね。

思い出話は入試が終わった壮行会の場でですね。(笑)
途中でやめた子達がうらやむくらい、熱く熱く
サポートしていきます。
posted by じゅくちょー at 00:06| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
RDF Site Summary
RSS 2.0