2019年11月10日

みんな頑張った1日

今日は明日テストのある袋原中と

水曜日にテストのある中田中のテスト対策。

中3の子は自分のペースで進めてもらうため

社会の記述プリント以外は特にノルマを与

えずに進めてもらいました。

中2の子はバレーで忙しい子ですが、ワーク

もしっかり仕上げてきており、今日のテスト

でもまずまずの仕上がりでした。

国語の文法に若干不安がありましたが、

そこは指摘したので、なんとか仕上げて

くれるでしょう。

というわけで、今日は中3の補習もお休み

だったので、中3メンバー体調不良の子を

除き、全員午前中から頑張っていました。

9時前に来る子もいれば、昼前にのんびり

来る子もいます。

今日はフリーだからのんびりでいいやと

考えるのではなく、どんな時でも教室が

開いているなら、有効に使おうという

気持ちになってほしいですね。

先日お問い合わせいただいた小6の子の

面談をしました。

勉強への意識が前向きですし素直そうな

子で、非常に好感度が高かったです。

私はいつも初めての大人相手にどういう

対応をとるかを見ています。

中には落ち着きのない子や私の質問に

全然答えない子、いちいち親の顔を見て

確認する子などがいます。

最近はいませんが昔はいかにも連れてこられて

めんどくせええ・・・という態度の子も

いました。

あまりにも態度の悪い子に対してはその

時点でお断りしたこともあります。


もう一つ保護者の方に、うちを選んでくだ

さった理由もお聞きします。

今回もブログを読んでいただいてたという

ことで、「情熱がある」という表現を

をされていました・・・。

ありがたいことです。

最近はうちのような泥臭い塾は敬遠

されがちですが、一方でこういう昭和的な

塾を求めていらっしゃるかたがいるのも

事実です。

うまくはまってくれるといいですね。

小6はまだ定員まで余裕がありますが、

中学入学付近で問い合わせが重なり、すぐに

定員になる可能性があります。

予約という形でも構いませんので、お早めに

お問い合わせいただければ幸いです。

今日は高3の卒塾生の子も自習に来てました。

みんな頑張った1日・・・

充実感があります。

明日で中3全員の定期テストが終了です。

明日からは入試に向けた動きをしていきます。

ブログのご感想はこちら↓
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=17d88ec41413e292

posted by じゅくちょー at 22:26| 日記

仲間を応援する気持ち

例年、高校入試当日朝は中3全員と講師、そして

卒塾生が集まり、壮行会をおこなっています。

当日朝に集まるようになったのは4期生

からなので、10年以上続いている伝統です。

基本は私や講師、仲間からの応援メッセージと

受験に臨む生徒たちの誓いの言葉です。

IMG_3217.jpg

ただ、そこに付随する様々な企画が毎年

あります。

これらは前期や私立専願で決まった生徒たち

に考えてもらってます。

この春のダンスもそうですが

強烈だったのは13期生の時。

後期メンバーのためにおにぎりを作ろうと。

というわけで前期メンバーが朝の4時に教室集合。

女子を中心におにぎり作りに精を出しました。

10期生で、後期メンバーのためにおにぎりを

作ってきた男子がいたなあという話がきっかけ

でした。

にしてもここまでやるとはですよね・・・。

DSCN1553.jpg

DSCN1554.jpg

DSCN1583.jpg

そのほかにも

14期生の時に作ったペットボトルキャップアート

IMG_1240.jpg

これは毎年の恒例になり、卒塾生が

一生懸命手伝ってくれます。

IMG_3210.jpg

IMG_5386.jpg

15期生の時は教室の装飾も派手だったなああ。

IMG_3247.jpg

前期メンバーはメッセージボックスや

千羽鶴を作ってくれたり・・・

IMG_3192.jpg

IMG_5338.jpg

みんなで送り出すのも温かい気持ちに

なります。

IMG_3270.jpg

DSCN1615.jpg

こういう仲間を応援したいという気持ち。

やらされてるのではなく、「応援したい」

「頑張ってほしい」という気持ち・・・これって

本当のパワーになるなあと思います。

受験生活はいろんなことを学ぶきっかけに

なると思ってます。

自分中心になりがちなこの時期、相手を思いやり

周囲に感謝する気持ち・・・これが自然に

身についていってるのだと思います。

いろいろ意見もあるでしょうが、私はこの

入試当日朝の壮行会という伝統を守り続け

たいと思います。

今年は富中以外の生徒が多いことと、

前期入試が無くなったことで、どうなるか不安

ですが・・・。

(卒塾生は「協力しまーす」と燃えてますが)

感想はこちら
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=17d88ec41413e292










posted by じゅくちょー at 11:00| 日記

休憩室

以前にブログにも書きましたが、

私たちが高校3年生の時、文化祭で何か

クラス出し物しようかという話し合いで

決まったのが「休憩室」・・・。

喫茶室ではありません。飲み物出さないので。

教室に柔道場からもってきた畳をしいて、

単にくつろいでもらおうと・・・。

考えればやる気があるのかないのか・・・

でもやる気がなければ出し物自体なしにする

はずなので(そういうクラスもあります)、

やる気がないわけではないが考えるのが

面倒という感じでしょうか・・・。

ところが、いろいろ話をしているうちに

クラスのメンバーが何もすることがないという

ことに気づき(笑)休憩している人に何か

サービスしてあげない??という話になりま

した。

休憩室だからテレビとかあったらいいよね

という話から、じゃあ、自分たちでテレビ

番組やらない??

という話になりました。

説明が難しいのですが、要は段ボールで

大きいテレビ画面を作って、反対側でいろいろ

出しものを披露するというものです。

当時の校誌に写真を見つけました。

IMG_6894.JPG


なんとなくイメージできますかね・・・。

ちなみにこれは「サッカー中継」

カーテンが開くとユニフォームを着た

選手がサッカーゲームをしているという。

写真では野球部のやつがやってますが、

その前に「野球中継」(ユニフォーム姿

で野球盤をやる)をしていたので、流れで

サッカーもやっちゃってます。

そのほか「短距離走」ではスタートと

ゴールのシーンを演じたり・・・。

やりだしたらみんなはまりだして、

他のクラスからも大勢見学に来て、相当

盛り上がりました。

私、こういうアナログなばかばかしいの

大好きなんですよね。

楽しかったですよ、本当に・・・。

昨日の話にもつながりますが、受けるか

受けないかわからない

面白いか面白くないかわからない

役に立つか役に立たないかわからない

何でもそうですが、やってみなければ

わかりません。

もちろん失敗はしたくないですし、恥も

かきたくないですから、確実に大丈夫

というのがなければ行動に起こしたがらない

と思うのですが、

命をとられるわけでもないのですし、

若いうちはどんどん失敗して経験を積んだ

ほうがよいのです。

失敗して恥ずかしいとか言いますが

大丈夫です。周りはほとんど他人に関心

ありませんから・・・。(笑)

今年の3月の高校入試当日朝の壮行会で

前期&私立推薦&高専合格メンバーと

講師でやったダンスも見事でした。

IMG_5496.JPG

失敗を恐れずやれば、うまくいくものです。

感想はこちら↓
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=17d88ec41413e292


posted by じゅくちょー at 05:00| 日記

2019年11月09日

珍しく静かな夜

今日は9時半〜16時半で中3の土日補習。

数学の規則性の問題をやりました。

富中サッカー部メンバーが部活の行事で

遅れて参加、1名体調不良で欠席、1名寝坊で

遅刻のため参加拒否。

というわけで、午前中は10人というこじん

まりとした中での補習でした。

ルールさえ覚えれば基本は簡単で、あとは

遠回りをせずに気づくかどうか・・・。

早い子は午前中に最低ノルマを終えることが

できました。

規則性は入試でもよく出てきますが、ある程度

慣れも必要です。慣れてしまえばそんなに

大げさに考える必要もないと思っています。

今日の段階ではほとんどの生徒が大丈夫でした

し、数学が割と苦手という生徒もついてきて

いました。


土日補習は無料で時間をとっているものです。

無断遅刻の場合、参加させないと言って

あるので、今日参加拒否した生徒には

厳しいですが、もっと危機感をもってほし

いと思っています。

時間を守れない人間は社会に出ても

一番に信用を失いますからね。


夕方、急遽、仙台城南の特進科に通う

R君に来てもらって、城南の話をして

もらいました。

城南でトップをとっている子という

こともあって先生にも期待されている

ようです。

お母様からも事前に情報をいただいており、

想像以上に熱心なところだなあという印象

です。

朝8時登校、スマホ禁止、シンガポールへの

修学旅行など、私もへーーーと思うところ

がありました。

来年度から部活のできるアクティブコースと

部活できないスーパーコースに分かれますが

どうなるか・・・ですね。


その後は中1、中2の予定も入れていなかっ

たので、各自自習・・・。

袋原中以外定期テストが終わっていますが

テストのやり直しや課題プリント、24時間

勉強会に向けた勉強など、各自のやるべき

ことをしっかりこなしていました。

黙々と頑張る姿はいいですね・・・。

明日は中2の中田中、中3の袋原中のテスト対策

です。

中3はこれまで通り、本人の自主性に任せますが

中2はしっかりノルマをこなしてもらいます。

もちろんほかの中3も自習頑張ってもらいます。

フリーの日にどれだけ塾でがんばれるか・・・

こういうところで差が出るのだと思ってます。

16日、17日の中3三者面談の予定を決めました。

長い二日間になります・・・。

いつもより夜早く終わりにして、16日は10期生と

17日は6期生と飲みに行く予定です。


今日、先日赤ちゃんが生まれた2期生のMちゃんが

帰省&散歩がてら赤ちゃん連れて遊びに来てくれ

ました。

またまたかわいい・・・。

今回は私も授業中だったので、抱っこもできません

でしたが、かわいい姿を見ることができてよかった

です。

Mちゃんも30歳かああ・・・。早すぎ!!!!

感想はこちら↓
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=17d88ec41413e292




posted by じゅくちょー at 21:57| 日記

成績優秀な子

うちの塾は進学実績では向山高校が一番多く、

続いて仙台三桜、仙台二華、仙台南と続きます。

このことからもわかるように、もともと成績

がトップクラスという子はなかなか入ってき

ません。

ただ、過去においては既に定期テストなどで

トップクラスの順位を引っ提げて入塾してきた

子もいます。

我々からすると、初めから成績のいい子というの

は自分なりの勉強法も確立しているし、ちょっと

いえばわかってくれるもの・・・という先入観

をもってしまいがちで、どちらかといえば

ほっとくことが多くなりがちです。

でも、実は成績優秀な子(もともと優秀な子も

努力して伸びて上位になった子も)ほど

「かまってちゃん」の傾向があるかもしれないな

と感じています。

実際、学年ベスト3に入る子が入塾してきた時

そのお母さまが「成績はいいけれど、ミスも多い。

でも学校の先生方は『お前は大丈夫』と言って

あまり構ってくれない。面談も数分で終わる」

そんな話をしてくださいました。

先生方からすればできる子はほっといてもできる

からできない子に時間をかけたくなる・・・その

気持ちはわかりますし、私も実際そういう行動を

起こしているような気がします。

でも成績のいい子にはその子なりの悩み(周りから

すればぜいたくな悩みだとか、大したことないと

言われがちですが)があり、他の生徒のように

もっと構ってほしい、話を聞いてほしいというこ

とがあるような気がします。


そのお母さまからそんな話を聞いて以来、

私は成績のいい子に対しても厳しいことも言い

ますし、できるだけ目を向けるように、

何かアプローチがあった時にはできるだけ

時間をかけて応えるようにしてきました。


富中で学年1番取ったことのある

13期のRちゃんや14期のYちゃんなども

かまってちゃんだったような気がします。(笑)


慣れてくると、「お前ならできて当然」とされて

褒められることも少なくなってきます。

私もついそうなりがちですが、できているところは

しっか褒め、たとえ少なくてもできていないところ

には厳しく、あるいは誠実に対応していこうと

思っています。

褒めるのは苦手ですが・・・(笑)


みんな大切な塾生ですからね!!


ブログの感想はこちらから↓
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=17d88ec41413e292


posted by じゅくちょー at 11:00| 日記

変化

昨日の午前中、髪を切ってきました。

まあ、そんなことどうでもいい話ではありますが

普通、


普通・・・


「あ、塾長髪切ったんですね」


言うと思うんですよね。教室で私に会った瞬間。


少なくとも今まではそうでした・・・。

例年に比べ、今年の中3に物足りなさを感じています。

チーム力、積極性、朝塾の活用、私への要望、

私の想像を越える行動、本気の頑張り・・・

多分生徒に言わせれば

塾長が髪を切ったなんてどうでもいいこと

でいちいちコメントするほどのことでもない

と思っているのかもしれません。

あるいは言おうかなと思ったけど、触れてほしく

ないことかもしれないなあと判断してあえて

言わないでおこうとなったのかもしれません。

先日もある男子生徒が髪を切ってきた時

恥ずかしそうにしていたので、あまり触れて

ほしくないのかなあと思ったことがありました。

一方で、女子の中に「塾長、髪切ったのわかりますか」

と積極アピールしてくる子もいました。

相手に何か言うというのはすごく勇気のいることで

それを言うことで相手を喜ばせるかもしれないし、

逆に怒らせてしまうこともあるかもしれません。

そうなると、何も言わないでおくのが無難

となってしまうのでしょうね。


でも何か変化があったとき、それを肯定する、

否定するではなく、気づいてあげることは

大事です。

それだけで相手も自分のことを見てもらってる、

気にかけてもらってるという喜びを感じる

ことができますからね。

昔だったら

「塾長、イケメンになりましたね」と歯の浮く

ようなセリフを言える生徒が結構いて、私も

突っ込みがいがあったのですが、なーーーんか

物足りないなあ。

いや、言われるために髪を切ったわけではない

ですけどね。

たかが、髪を切って言われなかったくらいで

朝からブログでこんなに引っ張るかという感じ

ですが、中3、どんどん行動しよう、

どんどん言葉にしよう大作戦を敢行していきます。

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=17d88ec41413e292


posted by じゅくちょー at 05:00| 日記

2019年11月08日

評定

今日、みどり台中3年の実技の評定が出ました。

今年度のみどり台中はかなり変則的で

6月に5教科のテスト→5教科の評定が出る

10月に実技4教科のテスト→4教科の評定が出る

11月に5教科のテスト→学年評定が出る

という感じです。

でも今回見せてもらった通知表で実技4教科も

学年評定の欄は空欄だったので、今日の数字が

確定数字ではないのかなああ・・・と。

今度5教科の学年評定と一緒に最終的な実技教科

の評定も出るということでしょうかね。

いつも言ってますが、実技の「3」は5教科の

「3」よりも重いです。

特に男子にはずっと言ってましたが、結局改善

されなかったかああ・・・という感じです。

今日の夜、高1の子が寄って、少し話をして

いきましたが、「評定は点数とってワークさえ

しっかり出していれば、5はもらえる」と。

私もそう思うんですけどね。

あとは先生へどれだけアピールするか・・・。

塾でワーク3周とか、テスト後のやり直しとか

生徒に厳しいノルマを課していますが、

実はこれもうまく使えば評定につながるもの

なのです。

学校ワークのチェックの時に、「繰り返し

やりたいので、ノートにやってもいいですか」

と言ってみたり、提出の際、ノートも一緒に

提出してみたり、テストが終わって、みんなが

油断してる中で、「テストのやり直しをしたので

見ていただけますか」と言ったり・・・。

こういうことで先生の印象、評価は変わってきます。

そんなの点数稼ぎだと批判を受けそうですが、

自分のやってきたことをきちんと示し、評価して

もらうことは社会に出てからも大切なことです。

どんなに「頑張った」と口先で言ってても

意味がありません。

私が常に「行動」と言ってる意味がわかりますか。

私が常に「相手への気遣い」と言ってる意味が

わかりますか。

先生も人間です。行動で示す生徒のことは

評価します。

先生に指示されたこと以外をやるときに、

先生に確認したり、提出する意味や目的を

提示したりすれば、当然評価します。

「塾長にやり直し提出しなくちゃいけないの

めんどくさいな」と思うかもしれませんが

それを利用することで評定が上がるかも

しれない・・・そう考えればやる気にも

なりますよね・・・たぶん(笑)。


明日は9時半から16時半まで中3の数学の補習です。

ブログのご感想はこちら↓
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=17d88ec41413e292

posted by じゅくちょー at 23:18| 日記

10期生Aちゃん&Mちゃん

昨夜、10時過ぎに、「今から塾行っていい

ですか〜」とメールが入り、10期生の

AちゃんとMちゃんが顔見せに来てくれました。

2人とも大学4年生。

無事就職も決まり、就活、そして就職先の

報告でした。

実は二人とは来週末に飲む約束をしてたので

すが、その前に直接報告したかったということ

のようで・・・。嬉しい限りです。

就活時はあまりこちらから聞けないので、報告

を待ってるのみでしたが、実は二人とも5月、

6月頃には決まっていたみたいです。

やはり最近の売り手市場を反映してか

就活はさほど苦労せずに決まったようです。



2人とも中学時代ソフト部で頑張っていて、

揃って三桜高校の前期選抜で決まり、

Aちゃんはハンド、Mちゃんは弓道で頑張って

いました。二人とも高校総体を見に行きまし

たが、かっこよかったです。

中学時代は本当に頑張り屋さんで、

中1〜通ってたAちゃんは中3時代は偏差値60

くらいで安定してましたし、中3の夏から

通ってくれたMちゃんは最初の模試で偏差値

52でヤバイヤバイ言ってましたが、1月の模試

では64まで伸ばすほど力をつけました。

昨日の話でも「当時は必死だった」と言って

ました。

部活のこと、性格的なこと含め、彼女たちの

三桜希望には納得いってました。

もちろん、もっと上の高校も狙える力が

ありましたが、高校でも本当にキラキラ

して(いろいろ悩みはあったようですが)

頑張ってたなあという印象でしたので、

彼女たちが選んだ三桜は間違いなかった

のだと思ってます。

2人、大学は違うのですが、いまだに仲良し

で、先日も一緒に韓国に行ってきたそうです。

「もう7年経つのかああ」としみじみ言って

ましたが、私にとっても彼女たちの受験

時代がつい昨日のことのように思い出されます。

初めての前期・後期入試・・・私も試行錯誤

でした。でも彼女たち含め4人が前期で合格。

なつかしいなあ。

Aちゃんは食品関係の営業職

Mちゃんも食品関係の総合職

どんな社会人になるんだろう・・・。

社会人になってから飲みに行けるのも

楽しみです。

2人とも優しい、親孝行な子です。

この先もずっと応援し続けたいですね。

感想はこちら↓
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=17d88ec41413e292



posted by じゅくちょー at 10:00| 日記

PTA

昨日、保護者の方からのメールでふと

思い出したことがありました。

下の娘が小学校4年生の時に小学校の

PTAの副会長を仰せつかったことがあります。

日中時間がありましたし、教育現場を

知る機会にもなるかなあと、割と軽い

気持ちで受けてしまいました。

「副」ってあまり仕事ないだろうと思って

ましたが、「副」こそ大変・・・。

運営会議の司会をやったり、いろんな書類の

チェックをしたり、多少PCができるので

資料を作ったり・・・。

今まで、まるで他人事でしたが、PTAの

役員をやられている方を尊敬するように

なりました。

大変は大変でしたが、同じ役員のお母さま

方が協力的で、私も頑張らなきゃという気

持ちにさせられました。

まあ、時々、ねちねち言われることもありまし

たが(笑)嘘偽りなく楽しかったです。

学年のお仕事、地区のお仕事・・・本部以外の

お母様たちも本当によく頑張っていますね。

ほんと、お給料出してあげてほしいくらいです。

学区民運動会では、できるだけお母さま方の

ご負担を減らすよう頑張りました。

(先生方の負担は増えたかもしれませんが)

役員のお母さまたちが当日も仕事に追われ、自分の

子どもの活躍している姿をゆっくり見れないの

ではかわいそうですから・・・。

アンケートでも感謝の言葉が上がってて、

頑張った甲斐があったなあと思いました。

そんなこんなで翌年もやってほしいという依頼が

来てましたが、やりませんでした。

実はとあるお母さまから「塾をやってる人が

PTA役員なんて宣伝行為でしょ」と言ってる人

がいる・・・と聞いたからです。

その時初めて、あーーそんな風にみられる

のかあと思い、急に冷めてしまったのです。

そんな意見気にするなとも言われましたが

冷静に考えれば、そうみられるのも当たり前

のことですし、つい調子にのってしまいま

したが、自分の立場をわきまえてなかった

なあと感じました。


たった1年で偉そうに語れることではありま

せんが、PTAの仕事は大変で、よくしよう

と思えば、いくらでも仕事は増えていきます。

そんな中でお仕事もある中、頑張ってらっ

しゃるお母さま方は本当に偉いと思います。

なかなか評価されませんが、子どもたちの

ことを真剣に考えて頑張るお母さま方。

その現場にかかわれたことは良い経験でした。

今、役員をやっているお母さま方!!

私は応援してますよ。

ご感想はこちら↓

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=17d88ec41413e292




posted by じゅくちょー at 05:00| 日記

2019年11月07日

答案続々・・・

昨日テストのあった富沢中、みどり台中の

答案が続々と返却されてきました。

まだ出そろってない状況ですので、あまり

希望的観測はできないですが、中3でも

自己ベストを出しそうな勢いの子もいます。

既に100点答案も出てますし、90点答案

も続々・・・。8割が最低ラインという意識は

はっきりもっているようです。

ただ、頑張っている子がいる一方で、厳しい

点数の答案を持ってくる子もいます。

ただ、そういう子はワークを十分やって

なかったり、課題や追試の約束を守れない子

がほとんどです。

まずは最低限のことをやる・・・それから

どう積み上げていくか・・・なのですが、

まずスタートラインに立ててない子も

数名います。

いつまで逃げていても成績は伸びません。

既に400点行かないことが確定している子も

います。もちろん、私との面談をしていき

ますが、まだまだ強制力は必要そうです。


今日の夕方、中3の子が「少し話がしたい」

と言って、話に来てくれました。

彼女が今考えていることを素直にぶつけて

きてくれました。

私はこういうのってすごくうれしいです。




いろんな話をすることができましたし、

私自身もいろいろと考えさせられました。

中学生って何も考えてないようですが、

1人1人いろんなことを考えています。


もちろん、それを口に出す子もいれば、

心の中にしまっている子もいます。

すべて出せ!!とは言いませんが、人に

話すことで自分自身整理ができたり、

何かヒントになることがあるかも

しれません。

17期生のチーム力をあげていくにあたり

コミュニケーションは大事だなと感じて

います。

いろいろ思うところもあるので、実行に

移していきたいと思います。


みど中の実力テストの結果が返ってきて

ましたが、2名がベスト10以内。

どうせなら1位を狙わせたいなと思ってます。

ブログのご感想続々といただいています。

ありがとうございます。

引き続き、お待ちしています。

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=17d88ec41413e292



posted by じゅくちょー at 23:47| 日記
簡単アクセスカウンター
アクセスカウンター
RDF Site Summary
RSS 2.0