2017年06月07日

募集再開のお知らせ

中1で先月、今月と残念ながら2名の
退塾者が出ました。
うちの塾は生徒に合わせる塾ではないので
自分を変えることができない生徒にとって
は続かないのはやむを得ないことだと思っ
ています。
もう少し、課題の量を減らしても
もう少し、生徒のペースに合わせても・・・
これもよく言われることです。
実際そうやって厳しさをゆるめたこと
がありますが、結果が出ず、明らかに
失敗でした。
そういうことも経験していますし、意識を
変えた子は明らかにその後も塾での経験
がプラスに働いているのがわかりますので
この方針は変えるつもりは今のところ
ありません。
今日も高1の子が「みん英(英語の基本文暗記)
をやってたおかげで、高校の暗記テストは
いつも満点です・・・」と報告してくれました。
「絶対無理」が「できるかも」になり
「これくらい当然」と変わっていくことで、
成績も上がり、精神力もつよくなっていくと
思っています。

そういうわけで中間テストが終わる7月より
スタートの中1生2名の募集を再開します。
6月12日(月)朝10時〜先着順でお電話に
て受け付けます。
条件は週1で水曜か木曜
週2の場合火曜、木曜の組み合わせ。
自分の意思で塾に通い、頑張ろうという気持
ちのあるお子さんに限ります。
ただし、今回のテストのテスト対策は
受講できませんのでご了承ください。

五十肩が痛くて、今日、病院に行ってきました。
若いつもりでいてはいけませんね。(笑)
posted by じゅくちょー at 23:11| 日記

2017年06月06日

塾に通う意味

私は生徒たち、特に真剣みや危機感に欠ける
生徒に対し「なんで、うちの塾に通ってるの?」
と聞くことがあります。
「成績を上げるため」・・・ほとんどの子が
そう答えますが、だったら、なぜやらないのか
不思議です・・・。
うちの塾は
やれと言われたことをやってこなかったり、
覚えろと言ったことを覚えてこなかったり、
締め切りを過ぎたり・・・
そういう子が通っても意味がないと思って
ます。
ここは塾であって、生徒たちが楽しく交流する場
ではありません。
親御さんの中には「通ってくれるだけでいい」
とおっしゃる方もいますが、やる気のない子が
いる状況を考えてください。
真面目にやってる子たちのモチベーションは
明らかに下がります。
もちろん塾の中にはどんな生徒でも受け入れ、
どんな生徒でも見捨てない・・・というすばらし
い方針のところも多数あります。
でも個人塾でそれをやっていたら、本来やるべき
ことに手が回らなくなります。
中総体や高総体の応援に行くことも、生徒と一緒に
楽天の観戦に行くことも、卒塾生と飲みにいく
ことも・・・どれも大切なことなのです。
なぜなら、目の前の定期テストで点数を取らせる
ことだけ、志望校に合格させることだけが目的では
ないからです。生徒一人一人と人間として向き合い、
感謝の思いや礼儀、・言葉づかい・常識等いろんな思いを
伝えたいのです。
私が二華中や青陵中を受検する子の受け入れをしない
のも、高校生は卒塾生しか受け入れないのも、
中学生に定員を設けているのも、すべて下手に広げ
すぎて、肝心なことができなくなるのが嫌だからです。

その流れでいくと、頑張る子、必死になってくる子には
いくらでも対応しますが、手を抜いていながら頑張って
るふりをする子の相手をしている時間はありません。
今日も「やらないんだったら、やめていいよ」と言った
子もいます・・・。脅しではなく本心として・・・。
一方でこの春に入ったばかりの子で、できないなりに
真面目に頑張って向かってくる子もいます。
そういう子は口では怒りながらも、心の中で
「ガンバレ」と応援しています。
やってるつもり、がんばってるつもりではダメ。
自分の限界を越えるくらい本気でやってほしいです。

そう考えると、うちの塾は「超冷たい塾」なのかも
しれません。


posted by じゅくちょー at 23:26| 日記

2017年06月05日

週末の話

週末の話を記事にして投稿していたつもりでしたが
アップされてませんでしたので、改めて・・・。
まず金曜日の話。
この日、4期生のMちゃんが7年ぶりに来訪。
大阪に引っ越しちゃったので、成人式も来れず。
今は25歳の社会人ですが、2月に結婚するそうで、
結婚前に懐かしの仙台に来ようとなったそうです。
そんな大切な時間に私と会う時間を設けてくれた
こと、本当にありがたく思ってます。
利久でランチして、コメダでコーヒー飲んで、
教室でしばらくだべって・・・。
本当に話が尽きませんでした。
夜はほかの4期生とともに夜中の3時まで盛り上
がってました。卒塾して幸せな道を歩んでいる
・・・その姿こそ私の幸せと元気の源です。


IMG_1628.JPG

土曜日は朝から高校総体の応援。午前中に
泉まで行って、テニスの団体戦。
昼からは県工でバレーの応援をしてきました。
本人や親御さんとも会話できました。
昨日も書きましたが、頑張る姿は本当にかっこ
いいですわ。

IMG_1629.JPG

IMG_1632.JPG

中学生も高校生もテストが近づいてきました。
朝も熱気でむんむんです。




posted by じゅくちょー at 23:36| 日記

2017年06月04日

何を大事にするか

今日も昨日に続き、高3卒塾生の高総体の
応援に行ってきました。
いろんな部活があるので、一人当たり1試合
しか見られませんが、それでも頑張ってる
姿を見ると、すごく元気をもらいます。
今日は東松島にソフトの試合を見にいって
きました。
ソフトは会場がいつも東松島で遠いの
ですが、いつもながら来てよかった
と感じます。今日は白熱した試合で
私もつい声を出して応援してました。

IMG_1634.JPG

「もう塾生じゃないのに、よく応援に
行きますね」などといわれましたが
私にとって、卒塾生は宝!!
一生応援するし、一生付き合うと
約束してますからね。
むしろ、こうして成長を見守ることが
できるのが嬉しいことですから。
私は「縁」というのはほっといても続くもの
とは思ってません。
意識して続けていくことが大切なんだと思
います。そういうのが面倒だと思う人も
いるでしょうが、考えてみてください。
こんな名もないちっちゃな塾に1〜3年
へたしたらそれ以上通ってくれて、高校受験
が終わったら、バイバイ・・・ではあまりに
も失礼すぎます。
感謝というのはその場で終わるものではなく、
継続して続けていくものだと思っています。
私は卒塾生と保護者の皆様には、この先も
ずーーーーっと感謝の思いをもって
接していくつもりです。
生徒たちに「縁」や「感謝」を大切に・・・
と言っている以上私が行動で示さなければ
いけないという気持ちです。

私が高総体の応援に行ってる最中も、
応援や部活のない高校生たちが自習に来て
いました。
テストも近いですし、日曜も教室を開けて
いるメリットを大いに活用してくれています。
中学生が中心の塾なので、なかなか高校生
に十分な対応ができませんが、高校生に対して
も可能な限り対応していきます。
うちの塾は高校生は卒塾生しか受け入れて
いないので、いざというときは中学生を
優先してくれたり、自主的にお手伝いを
してくれるので非常に助かります。

夜は中1の定期テスト特訓コース。
英単語テストは3人しか満点取れず。
完璧を目指す・・・この意味をしっかり
理解してほしいですね。
そのあと正負の数の計算練習。
まだまだ細かいところで問題あり。
テスト対策の時も続けていきます。

明日は高総体の振替の高校生と
中総体の振替のみど中生が来る予定。
時間を有効に使ってくださいね。

posted by じゅくちょー at 23:30| 日記

2017年06月01日

今日も追試多いな

今日の通常授業でも追試続出・・・。
何というか注意力が足りないですし、
本気で課題に取り組む姿勢が感じられない
生徒が多いです。
うちの塾はよく「課題が多い」とか
「厳しい」とか言われますが、楽に成績
が上がるはずもなく、量をこなさないで
定着させようなんてムシが良すぎます。
全体的に当たり前の基準が低すぎますね。
生徒の中には「私は頑張ってます」オーラを
出す子がいますが、結果がすべて。
結果が出せないなら、明らかに量は足りてません。
定期テストの結果が出てから「もっとやっておけ
ばよかった」とか「実は覚えてませんでした」
などという生徒がいますが、だったらまずは
手を抜こうとせずに、完璧になるまでやれよと
いう感じです。
「暗記が苦手」「何回やっても覚えられない」
そんなことを言う生徒もいますが、私にして
みれば、「だから何?」・・・。
まさか「じゃあ、やらなくてもいいよ」とか
「だよね、じゃあ、ここは覚えなくてもいいよ」
とでも言われたいのでしょうか。
親御さんの中にも、一生懸命やってる子どもに
同情する方もいますが、なんでもっと突き放さい
のだろう?と思います。
打たれ弱くして、自分で考える力を奪い、
ゲームや携帯も子どもがほしがってるからと
与え・・・結果的に「子どものため」と思った
行為が子どもをダメにしている例はずっと何年も
見てきています。
現在真面目な生徒が多いですが、悔しさを前面に
出したり、根性を見せたり、私が驚くほど変わったり
・・・そういう生徒はほとんどいません。
中途半端にごまかそうとしても私はごまかせません。
嫌な思い、辛い思いをしたくないのであれば、
本気でやるしかありません・・・。
明日朝も追試生徒だらけだなああ・・・。

朝塾高校生また増えそうです・・・。
早く追試生のいない朝塾にしたいものです。
posted by じゅくちょー at 23:53| 日記

2017年05月31日

朝塾が大変なことに・・・

今年度の朝塾をスタートさせてまだ1か月
経っていませんが、今日も20人以上の生徒が
集まり、席が足りなくなりそうでした。
いやあ、みんな熱心だあ・・・と言いたいと
ころですが、その大部分が追試で来ていると
いう・・・。
テストが近づいているにも関わらず、相変らず
追試が多いです。全然できてないわけではない
のですが、なかなか減りません。
とにかく練習不足、注意力が足りない・・・。
最近は中1の中にも量をこなさなければなら
ないにもかかわらず、課題で手を抜く子がいます。
何人かの生徒には、厳しく言いましたが、
まだまだ危機感がありません。
中1であれば最初のテストですから不安になるはず
ですし、やりすぎるくらいやるのが普通です。
何のために早い段階から塾に通わせてもらって
いるのかをきちんと認識してほしいですね。

今日は午前中、映画観賞・・・。
最近は月に2〜3本ペースで見ています。
夕方、高1の子が理系文系の選択で相談に
きました。私なりの意見は言いましたが
「数学が嫌いだから文系」とか言うのは
辞めろ…とは伝えました。
進学や就職についてはいろいろ思うところが
あります、また高校生たちにもおいおい
話していこうと思います。
posted by じゅくちょー at 23:47| 日記

追試多すぎ

今日の授業・・・中3で3人、中2で3人、中1で3人
と9人も追試になってました。
中1、中2には今週は「追試撲滅週間だから」
と言ってたにもかかわらず、このありさま。
テストまで1か月を切っているとは思えない状況です。
全体的に意識の低い生徒、作業で終わらせている生徒、
危機感のない生徒が多いと感じます。
「わからない」のではなく「やらない」「覚えない」
だけ・・・。
問題を解くのが勉強ではありませんし
答えを赤で書くのが「やった」ではありません。
中3でいまだに乗法公式を覚えていないとか
中2で連立方程式の答えに「分数はないと思って
ました」とか中1で裸子植物すら覚えていないとか。
ちょっとレベルが低すぎます。
柳生中は早くもテスト範囲が出ています。
「中総体終わったら・・・」なんて遅すぎます。

頑張っている生徒がいる一方で、相変らず宿題を
忘れてくるとか朝塾に来ると言ったのに寝坊する
とか、まったくもってありえません。

このような状態が続く生徒に対しては中間テスト後
残念ですが退塾を勧告します。
やらないのであれば、うちの塾に通う意味はありま
せん。何度も言って、何度も望みをつないできま
したが、それでもできないのであれば、この先も
できないと判断せざるをえません。
posted by じゅくちょー at 00:01| 日記

2017年05月29日

テストに向けて

来月ある中間テストに向けて、教室の整備も
進めています。具体的には席の確保。
高校生とも時期がかぶるため、自習用の席を
増設・・・。これで通常授業用の20席+13席。

IMG_1624.JPG

ベランダもありますが、ベランダは現在、
鳥が巣作りをして、ふん害の可能性があ
るため、一時中断。
早く雛が巣立ってくれればいいのですが。
現在、高校生も自習頑張っています。
席がどのくらいあればよいのかはなかなか
難しいですが・・・。
昔は「自習に来いよ」とせかしていたくらい
ですが、今は下手にあおると(笑)教室に入
り切らなくなりますので、こちらからは
積極的に推奨していません。
それでも頑張る生徒が多いのは、本気の生徒が
増えてきたということでしょうね。

本部から夏期講習のチラシの案内が来ていましたが、
今回ももちろんチラシは入れません。
今回の場合は中学生が募集を停止しており、
季節講習会だけの募集も行わないため・・・
が理由ですが、やはりチラシの効果は感じられ
ないというのが本音です。
たぶんこの先もチラシは入れないと思いますし、
生徒を集めたい時はきっと「えっ!」と思われ
るような方法でいくと思います。
中1で1名退塾者が出たため、1名のみ募集を再開
しますが、中途半端になるため、中間テストが
終わった後に募集をかける予定です。
決まりましたらブログまたはホームページで
お知らせします。

今週は追試になるなといってるのに、中2でも中3でも
(小6でも)追試者が発生・・・。
いつも同じようなメンバーですが、今回も厳しい言葉を
投げつけました。
甘いです・・・。
posted by じゅくちょー at 23:41| 日記

2017年05月28日

週末のご報告

昨夜は6期生のEちゃんとの飲み会。
成人式の時もゆっくり話せなかったので
本当に久しぶり〜って感じでした。
6月の楽天のチケットが当選したので
それを渡しがてら飲みに行こうと・・・。
昔の話、今の話、そして将来の話・・・
ほんと、楽しい時間でした。
卒塾生とサシで飲みに行くといろんなことを
話せるので、本当に楽しいですし、
私もためになることが多いです。
今週の金曜日にも大阪から4期生の子が
遊びに来るので、授業後飲みに行きます。
こちらも約7年ぶり・・・。
いろんな話ができそうです。
今日は午前中、利府に陸上の高校総体を
見に行ってきました。
残念ながら予選通過ならずでしたが、懸命に
走る姿は本当にかっこいいです。
これで部活引退かな・・・お疲れ様でした。

昨日の夜は中2の定期テスト特訓コース
今日の夜は中1の定期テスト特訓コース
両学年とも学校ワークの進捗をチェックして
いましたが、この時点でも順調にやっている
子と、遅れを取っている子といます。
学校ワークをやりこなすのはテスト勉強では
最低限のノルマ。もちろん1回、2回やったく
らいではやったうちに入りません。
テストまで1か月を切っています。
いかに危機感を持ち、覚え、定着をはかって
いくか・・・。
特に中1やこの春に入塾した子には徹底させて
いきたいと思います。

今日、まじめに取り組まない生徒を何人か
しかり飛ばしました。
そこまで言う必要あったのかとも考えました
が、やはりうちの塾は「やらせる塾」であり
「雰囲気を大切にする塾」でありたいと思って
います。
やっているふりや集中していない生徒、
本気で覚えようとしない生徒のことは
やはり厳しく対応していきます。
中2、中1には今週は絶対に追試禁止!!
と伝えました。
中3も全員修学旅行が終わりましたから、
もう地に足をつけて取り組んでもらいます。
やることがたまっている生徒がいます。
でもそれは自業自得・・・。
スケジュール管理や処理能力が低いということ。
中学生には厳しい言い方かもしれませんが、
ただむやみやたらに問題を解いていても
仕方ありません。この時期は多少無理を
することも必要です。
私も本気になってぶつかっていきます。

それにしても今年の楽天は強いなあ。
今日のチケットが当たった9期生からも
「楽しかったです」という報告が来てました。
私も中間テスト終わったら1日くらい日曜
休みにして行こうかなとひそかな計画を
たてています。
8月6日の夏休み観戦ツアーも楽しみです。

posted by じゅくちょー at 23:54| 日記

2017年05月26日

やらない生徒、考えない生徒

今日、高校総体のテニスを見に行ってきました。
時間の関係で高3の子の1試合と、たまたまやっ
ていた高1の子の1試合とを見ました。
やはり勉強だけでなく、何かに夢中になって
いる姿ってかっこいいですね。
見てる方が力入ってしまいました。

IMG_1614.JPG

次は日曜日に
陸上を見に行こうと思ってます。

さて、新年度が始まって2か月。
学校生活にも慣れ、ちょっと油断が出てきた生徒、
部活を理由に手を抜いている生徒・・・などが
目につくようになりました。
昔であれば「宿題をやってこない」「授業中さわぐ」
など誰の目にも明らかな行動で怒られる生徒が
多かったのですが、最近は、表面上まじめなふりを
している子が増えてきました。
真面目な子ではありません、真面目な振りをしている
子です。
私や講師が「こうしたほうがいい」ということを
聞かない(途中式を書かない、余裕をもってノートを
使わない、やり直しをしない・・・)
宿題でわからないところがあっても、考えようとせず、
答えを写してやった気になっている
毎回毎回テストで追試になる・・・
ただこういう子は周りがどうこう言って、変わることは
ありません。自分自身の気づきでしか変われないと
思ってます。
そうなってくると、そういう子は何でうちの塾に通うん
だろうと思ってしまいます。
うちの塾は自分自身を変えようという気持ちのある子は
たとえ、現状の成績が良くなくとも、必ず伸びます。
でも、そもそも楽しよう、手を抜こう、ごまかそうと
思っている生徒は通う意味がありません・・・。
この地域もたくさんの塾があります。
一高、二高を目指すのに適した塾、手取り足取り
面倒見てくれる塾、データに基づいた指導を
おこなう塾・・・。
うちは万人受けする塾ではありません。
誰でも成績を伸ばす塾でもありません。
私自身にも限界があります。
そこを理解していただかないと、お互いに残念な
結果になってしまいます。
現在各学年に、考えない、やらない、自分を
変えようとしない生徒がいます。ある程度は
粘ってみますが、やはり、一向に変わろうとし
ないのであれば、うちの塾にはあってないと
思いますので、退塾を勧めます。
お金をいただいているのが申し訳ないですから。


posted by じゅくちょー at 23:33| 日記